1. Home
  2. お知らせ
  3. 編集部日記
  4. 目が離せなかったあいちトリエンナーレ

編集部日記

2019.10.19 更新 ツイート

目が離せなかったあいちトリエンナーレ竹村優子

10月13日
 


台風の影響が心配だったけれど、東海道新幹線は動いていた。予定通り、あいちトリエンナーレに向かう。いちばんのお目当ては、14時から豊田市で開催される浅田彰さんとホー・ツーニェンさんのトークセッション。2回目のあいトリ(大阪・堺の全感覚祭の翌日に寄った)で見た、ホーさんの「旅館アポリア」という作品がすばらしくて、ホーさんの言葉、浅田さんがどう見たかをどうしても聞きたかった。12時半から会場で200枚配布される整理券が手に入るか賭けみたいなものだったけれど、13時半着で150番台。よかった。
トークは京都学派のことから谷崎潤一郎や小津安二郎など「旅館アポリア」内に登場する人物たちについて。そして、表現の不自由展中止に伴う作家としての葛藤。縦横無尽な浅田さんの話がおもしろすぎて、もっとずっと聞いていたかった。
そのあとは高嶺格さんの「反歌:見上げたる 空を悲しも その色に 染まり果てにき 我ならぬまで」を見に行く。前回「旅館アポリア」のあと、「反歌」を見て、とんでもなく感動したのだ。二回目は最初のような衝撃をなかったけれど、やっぱり特別な作品だと思った。
名古屋に戻り、高山明さん「パブリックスピーチ・プロジェクト」のライブパーティへ。司会は、ダースレイダーさん。ダースさんは、11月14日に幻冬舎plusフェスにもご登壇くださるのでうれしい偶然。知り合いにもたくさん会った。

 

10月14日
 


昨日のライブ会場で、小泉明郎さんのVR演劇「縛られたプロメテウス」がすごくよいと聞き、当日追加券を買いたくて芸術劇場に向かう。でもすでにすごい行列。無理だなと思い、諦める。再開した表現の不自由展も同じく諦める。
愛知芸術文化センターの展示再開の作品を見て、一度も行ってなかった名古屋市美術館をまわり、最後、円頓寺商店街へ。キュンチョメの「声枯れるまで」を見たかった。名前を変えたトランスジェンダーの三人が、名付けの運命を越えて、自分で決めた新しい名前を叫ぶ映像作品。あぁ、見てよかった。。
社会問題を扱う現代アートは、論文を書いたり、ドキュメンタリー映画を撮るほうがよいのでは?と思うことがあったのだけど、「旅館アポリア」も「声枯れるまで」も論理では掬いとれない、ノイズや矛盾や空気をはらんでいて、そこに問題を理解するということでは得られない、身体ごともってかれるように心を揺さぶられる。
見終わってふわふわした気持ちで商店街を歩いていたら、目の前で知ってる人たちが飲んでいるので合流。終わりの時間が近づくと、津田大介さん、大村知事にも遭遇し、20時閉会へのカウントダウンを見守る。
現在の日本の姿を浮き彫りにしたあいトリ。嫌な気持ちになることもあったけど、アーティストのタフさを目の当たりにしたし、おもしろい作品にたくさん出会えた。刺激的で楽しかった。

10月15日
ためたメールを返したり、新書のネームを提出したり。
明日開催の『おしゃれ嫌い』刊行記念トークイベントは、懇親会付き。フードとドリンクの手配など。開始ぎりぎりまでチケットは販売するので、参加人数は増えてほしいけど、ドリンクの量をどうするか迷う。

10月16日
懇親会には、ブドウがあるとテーブルは華やかになるはず!と思い、シャインマスカッツを買ってから会社へ。
部数会議のあと、イベント会場の九段ハウスへ。昭和初期に建てられた実業家の贅沢なお屋敷のなかでお酒の配達などを受け取っていると、イベント準備というより、物語の世界に入り込んだような気持ちになる。
イベントは、『おしゃれ嫌い』の著者、米澤泉さんと九段ハウスを運営する東報レオの代表を務める吉川稔さんのトーク。
吉川さんは、かつてはハイブランドのセレクトショップ、リステアの副社長だったけれど、今は、ライフスタイルのビジネスに移られ、『おしゃれ嫌い』を体現されているような方。
いろいろな服を着ることで個性を競う時代から、同じ髪型、同じ服で、丁寧に生活することがおしゃれになった、その変遷について具体的なエピソードがたくさん披露される。
ブドウの存在感はやっぱり大きかった。

10月17日
朝、plusのオープン会議。
そして、ずっと校了作業。

10月18日
午後、阿佐ヶ谷で打ち合わせひとつ。
夕方、上大岡トメさんと会社で打ち合わせをしたあと、トメさんと新宿ゴールデン街へ。一度行ってみたかった、と。
いつも以上に外国の方が多く、ラグビーW杯応援の人たちのよう。アイルランドの緑のユニフォームをたくさん見た。
英語、もっとちゃんと勉強したいと思った。

***

〈お知らせ〉
11月14日19時~、ロフト9渋谷にて、幻冬舎plusフェス「日本の難点2019」を開催します。
政治から性愛まで、2019年の日本の論点、難点を鈴木涼美さん、ダースレイダーさん、宮台真司さんが語り尽くします。
あいちトリエンナーレの話もきっと出てくるでしょう。
詳細・お申し込みはこちらから。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

編集部日記

幻冬舎plus編集部員の仕事に仕事と、それだけじゃヤダな日々。

バックナンバー

竹村優子

幻冬舎plus編集長と単行本、新書、文庫の編集に携わる。手がけた本は、『世界一の美女になるダイエット』(エリカ・アンギャル)、『青天の霹靂』(劇団ひとり)、『職業としてのAV女優』(中村淳彦)、『快楽上等!』(上野千鶴子・湯山玲子)、『大本営発表』(辻田真佐憲)、『弱いつながり』(東浩紀)、『赤い口紅があればいい』、『「自分」を仕事にする生き方』(はあちゅう)、『じっと手を見る』(窪美澄)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP