1. Home
  2. 生き方
  3. おとなの手習い
  4. もうすぐ60。まだ人生変えられるんじゃな...

おとなの手習い

2019.08.10 更新 ツイート

もうすぐ60。まだ人生変えられるんじゃない?香山リカ

(写真:iStock.com/Hakase_

精神科医・大学教員、そしてメディアでの発信と、走り続けてきた香山リカさんも、もうすぐ60歳。「これからの人生、どうしよう?」 香山さんの楽しい試行錯誤・悪戦苦闘の日々を綴る新連載です。

*   *   *

香山リカ。1960年7月1日札幌市生まれ。東京医科大学在学中より執筆活動を始め、卒業後、精神科医となり現在も都内クリニックで臨床を行う。また立教大学教授も務めている……。

これまで何百回、いやもしかすると千回単位で話し、書いてきたプロフィールだ。自分にとってはある種の定型句の羅列でしかなく、たいした感慨もわいてこない。

しかし、この数年、このプロフィールを話したとき、それを聞く人の反応が変わってきた。

「えっ、1960年生まれ。ということはえーと……いやいや失礼」

明らかに私の年齢を計算している。そのあとで改めてこちらの顔を見て、「うんうん」とうなずいている人もいた。こちらの勘ぐりすぎかもしれないが、「いま2017年だから57歳か。まあ、そんなところだろう」などと納得していたのだろうか。そこまでいかなくとも、たいていの人は気の毒そうな表情になったり、「聞いてはいけないことを聞いてしまった」と気まずそうに目をそらしたりするのである。

「そうか、50代後半、60歳間近ってそんなにたいへんなことなのか」と世間の常識に疎い私もさすがに気づかないわけにはいかなくなり、「さて、このたいへんな時期をどう乗り越えよう」と考えるようになったのだ。

 

そんなとき、あれは2016年のことであったが、四国に講演に行く仕事があった。主催者は地元の医師会だったのだが、中心になって企画したのは医大時代の同級生だ。彼は卒業後、大学病院の麻酔科医となって働いていたのだが、10年ほど前、父親の病気をきっかけに地元に戻り、生家の病院を継いだのだという。

久しぶりに会った元同級生は、見た目はなんだか昔とあまり変わらなかった。大学時代からどちらかというと太りぎみ、性格的にも無頓着で実習などにもよく遅刻してくるような人だった。講演はその町の公民館で行われることになっていたのだが、空港まで迎えに来た彼は「ちょっと時間あるからオレの病院の方を回って行く?」と言い、私は「もちろん。見たい見たい」と答えた。

なつかしい大学時代の話などをしながら、車は市街地からどんどん山間に向かって行く。まわりはうっそうとした森で、道も細くなる一方だ。「すごいところだろう? オレ、中学までこんなところで育ったんだぜ。こんなところから高校には通えないから市内に下宿したんだ」

そして、その山道をほとんど登りきったところに、彼がいま院長を務める病院があった。こぢんまりとはしていたが、そのあたりの風景にはミスマッチなほどモダンな建物で、「こっちが外来、そこが病棟。高齢者のデイサービスはそこ」と機能的に作られているようだった。おそらくその一帯の医療、福祉、介護などの拠点となっているのだろう。あの無頓着な医学生だった彼がそのリーダーなのだ。

私は心から驚いて言った。「先生、すごいじゃん。地元になくてはならない病院のお医者さんになってるんだね」。すると彼は照れたような表情をしながら、「まあね。休みもあまりないし、町に行くのもたいへんだけど、これはこれでけっこう楽しいんだよね」と答えたのだ。

講演は無事に終わり私は東京に戻ったが、その四国の森とその奥にある病院、そして昔は決して優等生とは言えなかったのにいまでは“すばらしいお医者さん”そのもの元同級生のことが、長く頭から離れなかった。

それまで私は、正直言って「もう50代だし、あとはこのままの生活をどう続けるかだ」くらいにしか自分の人生を考えてこなかった。65歳の定年まで大学教員を務め、それまでいまのクリニックで精神科医として外来診療をし、あとはときどき本を書いたり新聞でコメントしたり。「キラキラ輝いてる!」とは言いがたいが、まったく不満はない。というより、自分の凡庸な能力を考えればむしろ「とてもラッキー」と言えるだろう。

しかし、あの元同級生のように人生の半ばから生活を大きく、しかもハードな方に変え、イキイキとがんばってる人もいるのだ。

――私だって、やろうと思えばこれから何かできるのではないか。

ふとそんな考えが頭をよぎった。これからだってやろうと思えば、彼のように「地域医療のために力を尽くす」ような生活にだってシフトできるかもしれない。

もちろん、大学で教えたり東京のクリニックで診療をしたりするのは楽しいので、いますぐ「北海道の離島に行きたい」とは思わない。いや、このままやっぱりずっと東京でこんなユルめの生活を続けるかもしれない。

でも、「やっぱり医療従事者としてガッツリ地域のために働きたい!」と思ったときのために、準備くらいはしておきたい。それには何が必要だろう、と私は紙に書き出した。

「精神科だけではなくて、総合的に内科なども診られる医療の知識とスキル」
「へき地で在宅医療などを行うためにはクルマの運転も必須」
「どんなハードな仕事にも耐えられる体力、運動能力」

そのメモを見て、私は「うーん」と唸った。これらはいずれも私にはないものだ。人が「60年生まれ? ……そうですか」と目を伏せるほどの年齢になって、いまさらそれらを習得できるのだろうか。

いやいや、あの無頓着な元同級生(何度も“無頓着”と繰り返して申し訳ないが)だって変われたのだ。私だってできないはずはない。それに、私は50代。いまなら何とかなるかもしれないではないか。

私は早速、いちばん手っ取り早そうな「自動車免許の習得」から始めてみよう、と思ってパソコンで「高齢/運転免許/教習所」などの単語を検索したのであった。それは、2016年秋も深まった頃のことであった。

香山リカ『ノンママという生き方~子のない女はダメですか』

ときどき悔やむ。ときどき寂しい。 でも大丈夫。これが私の選んだ道。私の幸せのかたち。 さまざまな理由で、生涯子どもを持たない・持てない女性が全女性の3割とも言われています。 「女は子どもを産み育てて一人前」「女の本当の幸せは子どもを持つこと」という伝統的価値観はまだまだ強く、さらに最近は、少子化対策が国をあげての課題となり、子育ても仕事も頑張る「ワーキングマザー」が礼賛されます。 そんななか、子どもを持たない人生を選んだ「ノンママ」は、何を思い、どんなふうに生きているのでしょうか? それぞれの事情、悩みと葛藤、後輩ワーキングマザーとの軋轢、介護と自分の老後の不安等々。「ノンママ」のリアルな胸のうちを、自身もノンママである精神科医の香山リカ氏が、ときに切なく、ときに明るく描きます。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

幻冬舎plus  もうすぐ60。まだ人生変えられるんじゃない?|おとなの手習い|香山リカ https://t.co/Set8zR69eV 7日前 replyretweetfavorite

林けいこ  もうすぐ60。まだ人生変えられるんじゃない?|おとなの手習い|香山リカ - 幻冬舎plus https://t.co/JwlF7ZEbuJ 7日前 replyretweetfavorite

マックス倶楽部池袋ショールーム  もうすぐ60。まだ人生変えられるんじゃない?|おとなの手習い|香山リカ - 幻冬舎plus https://t.co/ganL5XcaWI 7日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  香山リカさん、50代で免許とられたのですね!免許なしの私。あきらめるのは早いかも。これから楽しみな新連載。(竹) もうすぐ60。まだ人生変えられるんじゃない?|おとなの手習い|香山リカ - 幻冬舎plus https://t.co/Set8zR69eV 7日前 replyretweetfavorite

KOGITA JUNKO/小木田順子  久しぶりに会った大学の同級生が地域医療の担い手になっていることに感銘を受けた香山さん。私も今春、高校の同級生に会ったとき、同じように思って、つい、我が身を振り返ってしまった……。 もうすぐ60。まだ人生変えられるんじゃない?|お… https://t.co/OOZ08tjovG 7日前 replyretweetfavorite

おとなの手習い

60歳という人生の節目を前に、「これからの人生、どうする?」という問いに直面した香山リカさん。そこで選んだのは、「このまま穏やかな人生を」でなく、「まだまだ、新しいことができる!」という生き方。香山さんの新たなチャレンジ、楽しき悪戦苦闘の日々を綴ります。

バックナンバー

香山リカ

1960年、札幌市生まれ。東京医科大学卒業。精神科医。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。豊富な臨床経験を活かし、現代人の心の問題のほか、政治・社会批評、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍する。『ノンママという生き方』(幻冬舎)、『スピリチュアルにハマる人、ハマらない人』『イヌネコにしか心を開けない人たち』『しがみつかない生き方』『世の中の意見が〈私〉と違うとき読む本』『弱者はもう救われないのか』(いずれも幻冬舎新書)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP