1. Home
  2. 暮らし術
  3. 大人バレエの世界
  4. 大人バレエの大荷物をご紹介。備えあれば…...

大人バレエの世界

2019.07.10 更新

#3

大人バレエの大荷物をご紹介。備えあれば…の世界です丸山裕子

備えあれば憂いなしと言います。備えるというのはおそらく良いことです。

財布を忘れたときに備えてバッグのポケットに千円札を忍ばせ、そのバッグを忘れたときに備えて車のダッシュボードの奥に小銭をいくらか入れておく。

こうしてしっかり備えておけば、万一のときも困ることがありません。電車で出かけないかぎりは。

 

 

不測の事態に備えることができるのは、経験があればこそ。財布をバッグごと忘れて出かけて涙目という経験があればこそです。そして、経験は長く生きれば生きるほど増えていくものです。

 

「レオタードがない!」

「タイツ忘れた!」

「足がつりそう。」

「足がつった。」

「気分は花柄なのに。」

「脂肪燃焼!」

「おなかすいた!」

 

これまでの人生(レッスン)における豊かな経験が、何を備えるべきかを教えてくれます。

而(しこう)して、忘れ物、身体の要求、身体の不調、己の気まぐれなど、あらゆることに対応可能な完璧な準備が整います。若者はそもそも忘れないとか、そんなこと知ったこっちゃありません。これなら何が起こっても大丈夫。数日は無事に生き延びられます。

 

はて?

荷物が大きい?

 

そんなの小さなことではないでしょうか?

豊かな経験と大荷物を背負って、大人バレリーナは今日もレッスンに通うのです!

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

大人バレエの世界

いくつになっても憧れる華やかなバレエの世界。アラフォーからバレエを始めた著者による、楽しく、たくましく、哀しくもおかしい“大人バレリーナ”の日常。

バックナンバー

丸山裕子 イラストレーター

京都市出身。踊るイラストレーター。健康のために始めたバレエにはまり、寝る間を惜しんでレッスンに通う。『バレエ語辞典』の全イラストを担当。書籍や雑誌、広告にイラストを描いている。女性、育児、健康、犬と花に関するものが多い。イラストエッセイは『しあわせな犬生活を』(ドッグワールド)、『極楽いぬ生活』(ペピイ)。布花作家でもあり、『まんまるさん®︎』という古布を使ったオリジナルのアクセサリーを作っている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP