1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 「ここにある本はわからない。」

本屋の時間

2019.07.01 更新 ツイート

第64回

「ここにある本はわからない。」辻山良雄

(写真:iStock.com/Linh Moran Photography)

店をやっているものとしては失格かもしれないが、実はお客さんの顔がなかなか覚えられないでいる。話に相槌を打ちながら、この人誰だったかなと思っていることはしばしばあるし、話しかけて怪訝な顔をされたと思ったら、思っていた人と違う人だったということも、これまでに何回かあった。

妻にそんな話をすると、店には似た雰囲気の人が多いからねと返ってきた。確かにある店を好ましいと思い来店する人たちのあいだには、似たような趣味嗜好が存在するし、置かれた環境も近いのかもしれない。個人経営の店では、並べている商品にあらかじめフィルターがかかっている場合が多いので、店内にはどうしても同質の空気が醸成されやすい。

だから「違う」人が入ってくると、その人はすぐに目立ってしまう。声のボリュームが違う、着ている服が違う、店内を見る視線が違う……。大抵の場合はその人のほうでもすぐに出て行ってしまうのだが、まれに話しかけられることもある。

 

 

ここにある本はわからない———

以前、店のなかを一回りしたあと、こちらをまっすぐ見て、そう言い残し出ていった女性がいた。突然のことでびっくりして返事はできなかったが、不思議と嫌な気持ちはしなかった。それは多くの人がこの店に対し、言わずとも思っていたことかもしれないし、そこにことばが残されたのは、何もなかったことにするよりもいいことだと思ったのだ。


客は行きたい店を選ぶし、店のほうでも、実は来てほしい客を選んでいる。わたしたちはそのようにお互いを選びあい、すぐ近くにあったはずの人生は、見えない遠いものへと変わっていく……。街に店を出すとは、「違う」人生に否応なしに触れることだが、本屋としてその人生に何ができるのかは、いまだ答えがないままだ。


 

今回のおすすめ本

『待ち遠しい』柴崎友香 毎日新聞出版

偶然近所に住み、関わり合うことになった三人の女性たち。年齢や育ってきた環境を越え、彼女たちは分かり合うことができるのか……。自分の安全圏を離れ、他者とのあいだにある違いへと足を踏み込んでいく、勇気ある小説。

 

〈お知らせ〉

◯2019年12月5日(木)~ 2019年12月23日(月) Title2階ギャラリー

宮脇慎太郎写真展
『霧の子供たち Children of the Mist』(サウダージ・ブックス)刊行記念

日本三大秘境のひとつとされる徳島県祖谷(いや)、圧倒的なローカルの風景とそこに生きる人々を記録した写真集『霧の子供たち Children of the Mist』。四国最深部の天空の集落を撮り続ける宮脇慎太郎の写真展。


◯2019年12月13日(金)19時30分~ Title 1階特設スペース

コトノネ32号リニューアル刊行記念「身障者いがらしみきお」
いがらしみきおトークイベント

(コトノネ新連載から抜粋)
私の仕事は漫画家です。今年でデビュー40年になります。40年やっていると、たいがいのことはもう書いた感さえあります。そこで、まだ書 いていないことは、と考えた時に頭に浮かんだのが、身体障害者としての自分のことです。……

この新連載とコトノネのリニューアルを記念したトークイベント。

 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!!

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP