1. Home
  2. 社会・教養
  3. 世にも美しき数学者たちの日常
  4. 知れば知るほど「数学者」がステキすぎる!...

世にも美しき数学者たちの日常

2019.04.25 更新

知れば知るほど「数学者」がステキすぎる!小説家と数学者の対談を聞きに行こう!第2弾☆幻冬舎編集部

前回の千葉逸人先生に続き、数学者と小説家のトークイベントが開催されます。
今回登場するのは、加藤文元先生。

16万部のベストセラーになった『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』という本があります。才能重視の難関試験を突破した“芸術家の卵”たちを描いた、めちゃくちゃ面白いノンフィクション。

その著者である二宮敦人氏が、次に注目した“天才”――それは「数学者」!!
二宮さんが数学者に会いに行き、その生態(!?)を綴ったのが『世にも美しき数学者たちの日常』なのです。

数学者に対して、「天才すぎて理解不能」「変わった人」なんて思い込んでいたりしませんか?
確かに、彼らの頭脳は、凡人には計り知れません。
でも、知れば知るほど、チャーミング。
どれだけチャーミングなのかは――。

話を聞けばわかります!

『世にも美しき数学者たちの日常』刊行記念トークショー

左:二宮敦人さん   右:加藤文元先生

発売前から話題の本書著者・二宮敦人さんと、本書にも登場している数学者・加藤文元先生のトークショーが開催されます!

そのタイトルは「あなたの苦手な数学の、あなたの知らない甘美な世界」!

場所:本屋B&B

日時:5月7日(火)20:00~22:00

詳細は本屋B&Bのイベント情報ページをご覧ください。

“知の迷宮”を巡るノンフィクション『世にも美しき数学者たちの日常』は、好評発売中です!

*   *   *

18万部のベストセラー『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』の著者・二宮敦人氏による、“知の迷宮を巡るノンフィクション”。絶賛発売中!

二宮敦人『世にも美しき数学者たちの日常』

「リーマン予想」「P≠NP予想」……。前世紀から長年解かれていない問題を解くことに、人生を賭ける人たちがいる。そして、何年も解けない問題を”作る”ことに夢中になる人たちがいる。数学者だ。 「紙とペンさえあれば、何時間でも数式を書いて過ごせる」 「楽しみは、“写経”のかわりに『写数式』」 「数学を知ることは人生を知ること」 「数学は芸術に近いかもしれない」 「数学には情緒がある」 など、類まれなる優秀な頭脳を持ちながら、時にへんてこ、時に哲学的、時に甘美な名言を次々に繰り出す数学の探究者たち――。 黒川信重先生、加藤文元先生、千葉逸人先生、津田一郎先生、渕野昌先生、阿原一志先生、高瀬正仁先生など日本を代表する数学者のほか、数学教室の先生、お笑い芸人、天才中学生まで。7人の数学者と、4人の数学マニアを通して、その未知なる世界を、愛に溢れた目線で、描き尽くす!

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

世にも美しき数学者たちの日常

「リーマン予想」「P≠NP予想」……。前世紀から長年解かれていない問題を解くことに、人生を賭ける人たちがいる。そして、何年も解けない問題を”作る”ことに夢中になる人たちがいる。数学者だ。
「紙とペンさえあれば、何時間でも数式を書いて過ごせる」
「楽しみは、“写経”のかわりに『写数式』」
「数学を知ることは人生を知ること」
「数学は芸術に近いかもしれない」
「数学には情緒がある」
など、類まれなる優秀な頭脳を持ちながら、時にへんてこ、時に哲学的、時に甘美な名言を次々に繰り出す数学の探究者たち――。
黒川信重先生、加藤文元先生、千葉逸人先生、津田一郎先生、渕野昌先生、阿原一志先生、高瀬正仁先生など日本を代表する数学者のほか、数学教室の先生、お笑い芸人、天才中学生まで。7人の数学者と、4人の数学マニアを通して、その未知なる世界を、愛に溢れた目線で、描き尽くす!

バックナンバー

幻冬舎編集部

幻冬舎編集部です

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP