1. Home
  2. 読書
  3. 人形怪談
  4. お雛様が話している

人形怪談

2018.08.14 更新 ツイート

第八夜

お雛様が話している 田辺青蛙

 この連載を開始してから手元に色んな体験談が集まるようになった。

 今回はインターネットを通じて知り合った方から提供していただいた話を1つ公開したいと思う。

*   *   *

  わたしの小さい頃の話なんですけど、古い家だったからか、貧乏暮らしだったのに、凄い立派な雛(ひな)人形があったんです。

 トタン板の屋根で床板が腐っていて畳が浮いていてね、そこを踏んで遊んだものです。雨漏りもしたし、家族みんな冬になると手足もあかぎれだらけで、継ぎの入った服を着ていてねえ、今の人なんて想像も出来ないような生活じゃないかしら?

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

人形怪談

バックナンバー

田辺青蛙

1982年大阪府生まれ。オークランド工科大学卒業。
2006年、第4回ビーケーワン怪談大賞で佳作となり、『てのひら怪談』に短編が収録される。2008年、『生き屏風』で、第15回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。
現在大阪に作家の夫と在住。そんな夫とのアメリカ旅行記&エッセイ集の『モルテンおいしいです^q^』(廣済堂出版)『読書で離婚を考えた。』(幻冬舎)発売中。
怪談と妖怪ネタを常時募集中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP