1. Home
  2. 読書
  3. 片想い探偵
  4. 『片想い探偵 追掛日菜子』可愛いすぎる装...

片想い探偵

2018.05.31 更新 ツイート

制作現場レポート

『片想い探偵 追掛日菜子』
可愛いすぎる装丁が出来るまで 辻堂ゆめ

ありがたいことに、皆様に「可愛い!」と言ってもらえる『片想い探偵 追掛日菜子』の装丁。
この装丁はどのように出来たのか⁉️
イラストレーターの稗田やゑさんとデザイナーの児玉明子さん、そして作者・辻堂ゆめさんとのやりとりは数え切れず。
熱量あふれる舞台裏レポをお届けします!

某月某日
とにかく可愛い装丁にしたい! ということで、
小川糸さんのエッセイや『すもうガールズ』などの可愛い装丁を数多く手がける児玉明子さんに、『片想い探偵 追掛日菜子』の装丁をご依頼。 イメージをつかんでいただくために、原稿をお送りする。 「面白いですね!」というお言葉に、ホッと一安心。

某月某日
今回の主人公、日菜子が「見た目は清楚だけど中身は合法?ストーカー」というコンセプトだったので、可愛いだけではなく、怪しい女の子を切望。そんな折、イラストレーターの稗田やゑさんの作品を発見、まさにどんぴしゃ! 辻堂さんに稗田さんの作品をお見せしたところ「素敵です!」と大絶賛

某月某日
稗田さんにご依頼。
「クセの強い女の子は大好きです」という頼もしいお言葉をいただく。
ここで、作品を読んでくださった稗田さんと、児玉さんと3人で集まることに。
しかし、このときおふたりが想像もしていなかったことが、打ち合わせ日に起こる……!!

某月某日
打ち合わせ当日。
な、なんと作者である辻堂ゆめさんが急遽参加することに。
突然の作家さんご本人の登場に、驚く稗田さんと児玉さん。
「今、婚姻届を出してきました!!」という辻堂さん。
そんな大事な日に来ちゃって大丈夫なんですか⁉️と困惑する一同。

突然の(婚姻届を出してきたばかりの)辻堂さん登場にちょっと緊張しつつも、打ち合わせスタート。 辻堂さんが、作品を書かれたきっかけ、どのような作品なのか、登場人物たちの性格、を説明。 編集者が説明するより、深く深く、作品についてお二人に伝わっている。よかった!

「日菜子を目立たせたい」「兄がワトソン役?なので入れたい」など希望をお伝え。辻堂さんの「日菜子はあがり症だから何かの裏に隠れて覗いてるイメージというか…」という発言に、イラストレーター稗田さんの目がキラリと光った(ように見えた)。 辻堂さんを祝福しつつ解散。


某月某日
稗田さんからラフが到着。編集イトウは思わずガッツポーズ!まさに日菜子! 物陰からこちらを伺うverとハートを抱えるverの2パターン。 ハートのほうは、作中に日菜子が片想いの相手が出来る度に、部屋に写真をびっしり貼る様子(ヤバイ)が描かれていて、それが再現されている。
 


某月某日
2案ですごく迷って、辻堂さんのイメージにもあった、物陰からこちらを伺っている日菜子verに。 辻堂さんと児玉さんとも話し、「髪の毛はもっと長いです」「追っかけ感を出すためにビデオカメラを持ってもらうのはどうでしょう」など、さらなるご提案を稗田さんにお伝えする。


某月某日
ラフ第2弾到着。日菜子がより妖艶な感じに。 こんなお姉さんになら、追っかけられてもいい…♡ ただ、作中の日菜子は150センチの無邪気な少女★という感じなので、もう少し時間を巻き戻すことに。 続編が出たときは、是非この日菜子ちゃんで! お兄ちゃんも初登場ですね。

某月某日
ラフ第3弾到着。
可愛い!ステキ!
ビデオカメラで撮影しているのに、全然悪気がない感じ(笑)、まさに日菜子だ!
ビデオカメラも「日菜子なら最新型で小型のものを持つだろう」と、小さく。
 

某月某日
ワトソン役を担うお兄ちゃん登場。日菜子に呆れている様子、小説のまんまです。

あと一点だけ…
「お兄ちゃんをもっともっさりにしたいです!」と稗田さんに懇願。
実は、大学生のお兄ちゃんはあまり大学に行かず、部屋でゲームばかりしているキャラクターなのです。

某月某日
そしてラフ第5弾。
お兄ちゃんが容赦なく灰色ジャージに…!お兄ちゃん、ごめんなさい…‼️
 

ここで日菜子の瞳について悩みが。実は稗田さん、5回のラフ全部、瞳を若干変えて描いてくださっているのです(遡って見てみてください)。どれが、どれが「日菜子の」瞳だ?!

某月某日
そして、最終的にこのイラストとなりました。

迷いに迷った日菜子の瞳も、いい感じ!
稗田さん、何度もラフを描き直してくださって、本当に感謝しかありません。
「日菜子の絵、私も相当に愛着がわいているので」というお言葉、一生忘れません。

某月某日
完成イラストを、児玉さんが装丁に。
編集者イトウは「背景はピンクかな、片想いだし」と予想。
送られてきたのは、それを上回る情熱の赤!
たしかに、日菜子は赤だ、赤しかない…!
ハートのアクセントもいい感じ♡
こちらで入稿します!!


●作品情報●
追掛日菜子は、舞台俳優・力士・総理大臣などを好きになっては、相手の情報を調べ上げ追っかけるストーキング体質。しかしなぜか好きになった相手は、殺人容疑をかけられたり、脅迫されたりと毎回事件に巻き込まれてしまう。今こそ、日菜子の本領発揮! 次々と事件の糸口を見つけ出すがーー。前代未聞、法律ギリギリアウト(?)の女子高生探偵、降臨。
→『片想い探偵 追掛日菜子』をAmazonで購入する

{ この記事をシェアする }

片想い探偵

バックナンバー

辻堂ゆめ 作家

1992年神奈川県生まれ。東京大学卒。第13回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞し『いなくなった私へ』でデビュー。他の著作に『コーイチは、高く飛んだ』『あなたのいない記憶』(宝島社)、『悪女の品格』(東京創元社)、『僕と彼女の左手』(中央公論新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP