1. Home
  2. 生き方
  3. キョーレツがいっぱい
  4. 「キャロル」を見て感じた、"男が悪者”映...

キョーレツがいっぱい

2016.04.01 更新 ツイート

「キャロル」を見て感じた、"男が悪者”映画へのモヤモヤ 小野美由紀

「キャロル」を見ました。
パトリシア・ハイスミスのベストセラー小説を、「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェットと「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラの共演で映画化。
1950年代のNYを舞台に、富裕層の人妻キャロルとデパートの女性店員テレーズの禁断の恋愛を描いた感動作品……ということで、世界中で絶賛されています。主演の美しい女優2人は、惜しくも受賞は逃したものの、第88回アカデミー賞の主演女優賞と助演女優賞にノミネートされました。

しかし、見た直後の私の感想は「この映画に感動していいのか分からない……」でした。

もちろん、絵画のように幻想的な映像、抑えめながらも効果的な音楽、主演の2人の女優ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの素晴らしい演技に関しては文句のつけようがありません。
特にケイト・ブランシェットの妖艶かつエレガントな「キャロル」像は、他の女優には演じることができなかったであろうと思うほど、完成されたものでした。

しかし、この美しい映像や音楽に乗っかって、うっかり感動してしまえないぐらいに、私の胸には大きなモヤモヤが残りました。
なぜか。

この映画の主題は「女同士の禁断の恋愛」なのですが、それと同じくらいにこれでもかと描かれるのが…

 

<本記事は公開を終了しました。続きは電子書籍でお楽しみください。>

小野美由紀『キョーレツがいっぱい』
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

いつから世の中はこんなにカオスになったのか?!
共同体からはみ出した問題児たちの渦に巻き込まれていく、痛快エッセイ。
個性的な面子を笑っていたつもりが、
いつの間にか背中にナイフが刺さっている――?!
ブスとは何か、セックスとはなにか、女の友情とは何か。
日常で覚える違和感を克明に炙り出す。

 

関連書籍

{ この記事をシェアする }

キョーレツがいっぱい

バックナンバー

小野美由紀 ライター・コラムニスト

1985年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学専攻卒業。2011年、震災を描いた絵本「ひかりのりゅう」の発売のためクラウドファンディングを立ち上げ、2014年に出版。著書に『傷口から人生。』(幻冬舎文庫)、『人生に疲れたらスペイン巡礼』(光文社新書)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP