1. Home
  2. 生き方
  3. キョーレツがいっぱい
  4. 女子力とはなんぞや

キョーレツがいっぱい

2015.03.31 更新 ツイート

第7回

女子力とはなんぞや 小野美由紀

女子力、女子力女子力。
だめだ、何回言っても書いても私にはこれが分からない。

私が人生において、「こ…これこそが女子力!」という女子力に出会った瞬間というのがある。
大学4年生の秋ごろ。当時私は、相性が絶望的に悪い相手と悪いなりに好き合い、それでも互いの理解度は最悪で、キスをするより喧嘩の数が多く、しまいには互いに回し蹴りの応酬をするようなラブ&デストロイな交際を繰り広げていた。しかし回し蹴りというガス抜きを入れて尚二人の関係は行き詰まりにっちもさっちもいかず、いよいよ毎日泣く喚く罵る逃げるのルーティーンが最高速で頂点に達していた、ある日の事。

私は普段、交際相手の携帯電話を見たりしない。しかし、なぜかその日はケータイをちらっと覗く相手の目の色にざわめくものを感じて、彼が風呂に入っているあいだに、相手のケータイを見てしまったのである。

そのとたん、私はギャピーと叫んで卒倒しそうになった。
なぜなら彼のケータイにはこんなメールが入っていたからである。…

 

<本記事は公開を終了しました。続きは電子書籍でお楽しみください。>

小野美由紀『キョーレツがいっぱい』
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

いつから世の中はこんなにカオスになったのか?!
共同体からはみ出した問題児たちの渦に巻き込まれていく、痛快エッセイ。
個性的な面子を笑っていたつもりが、
いつの間にか背中にナイフが刺さっている――?!
ブスとは何か、セックスとはなにか、女の友情とは何か。
日常で覚える違和感を克明に炙り出す。

 

関連書籍

{ この記事をシェアする }

キョーレツがいっぱい

バックナンバー

小野美由紀 ライター・コラムニスト

1985年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学専攻卒業。2011年、震災を描いた絵本「ひかりのりゅう」の発売のためクラウドファンディングを立ち上げ、2014年に出版。著書に『傷口から人生。』(幻冬舎文庫)、『人生に疲れたらスペイン巡礼』(光文社新書)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP