1. Home
  2. 生き方
  3. キョーレツがいっぱい
  4. 嫉妬狂(ジェラシスト)に捧ぐ

キョーレツがいっぱい

2015.04.07 更新 ツイート

第8回

嫉妬狂(ジェラシスト)に捧ぐ 小野美由紀

「嫉妬がやめられないんです」
と、喫茶店でいきなり目の前に座った女は言った。
私はパソコンで仕事をしていた手を止めて、じっと相手を見た。
額の生え際の薄い、白い顔の女だった。両手を机の上に置き、握りしめながらこちらを見ている。額縁の細い絵のように、印象の薄い顔だ、と思った。

「これまでいろいろな職場を転々としてきたんです。その度に、そこにいる誰かに嫉妬してうまくいかなくなりました」

女は一息、息を吸い込むといきなりまくしたてた。
「最初の職場では、上司のお気に入りの同僚の女性Aさんに。次の職場では、仕事が早くて出世も見込まれているBさんに。最後の職場はパン工場でした。そこでも私は、ソーセージをパンに挟むのがうまいCさんに嫉妬しました。私の持ち場は揚げパンに砂糖をまぶすパートにもかかわらず、なぜかソーセージをうまく挟むCさんが褒められているだけで羨ましくてたまらない。気がついたら私は、嫉妬する醜い自分が嫌で仕事を辞めていました」
見た目からは想像できない激しさだった。女の目がどんどんつり上がる。話しながら興奮したのか、女の唾が飛び散って、テーブルの上のメニューに沁みを作る。…

 

<本記事は公開を終了しました。続きは電子書籍でお楽しみください。>

小野美由紀『キョーレツがいっぱい』
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

いつから世の中はこんなにカオスになったのか?!
共同体からはみ出した問題児たちの渦に巻き込まれていく、痛快エッセイ。
個性的な面子を笑っていたつもりが、
いつの間にか背中にナイフが刺さっている――?!
ブスとは何か、セックスとはなにか、女の友情とは何か。
日常で覚える違和感を克明に炙り出す。

 

関連書籍

{ この記事をシェアする }

キョーレツがいっぱい

バックナンバー

小野美由紀 ライター・コラムニスト

1985年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学専攻卒業。2011年、震災を描いた絵本「ひかりのりゅう」の発売のためクラウドファンディングを立ち上げ、2014年に出版。著書に『傷口から人生。』(幻冬舎文庫)、『人生に疲れたらスペイン巡礼』(光文社新書)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP