1. Home
  2. 読書
  3. マンガ停留所
  4. 地獄から生還した奇跡の記録『死んで生き返...

マンガ停留所

2015.04.06 更新 ツイート

第3回

地獄から生還した奇跡の記録『死んで生き返りましたれぽ』(村上竹尾)中条省平

マンガ家マンガに外れなし

 小説に私小説があるように、マンガに「私マンガ」があるのは当然のことです。といっても、私マンガで「私」として語るのはマンガ家ですから、多くの場合、自分をモデルとしてその人生を描く私マンガは、「マンガ家マンガ」になります。

「マンガ家マンガに外れなし」とは南信長氏の名言ですが、この言葉の意味は、マンガ家がマンガ家である自分を作品の対象にするという緊張感こそが、マンガ家マンガをすぐれたものにする、ということでしょう。

 その意味では、プルーストの『失われた時を求めて』も「小説家小説」であり、その根底に「自分はなぜ小説家になったのか」という問いの緊張感があったから、あれほどの小説ができたといえるかもしれません。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

{ この記事をシェアする }

マンガ停留所

バックナンバー

中条省平

1954年神奈川県生まれ。学習院大学フランス語圏文化学科教授。東大大学院博士課程修了。パリ大学文学博士。著書『中条省平は二度死ぬ!』『文章読本』など。翻訳書最新刊はロブ=グリエ『消しゴム』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP