1. Home
  2. 読書
  3. マンガ停留所
  4. 〈人間よりロボットのほうがよっぽど「心」...

マンガ停留所

2015.03.06 更新 ツイート

第2回

〈人間よりロボットのほうがよっぽど「心」があるんじゃないのか?〉という人間讃歌
業田良家『機械仕掛けの愛』と『男の操』
中条省平

 一昨年「手塚治虫文化賞」短編賞を受賞した業田良家『機械仕掛けの愛』の第3巻が出ました。毎回ロボットを主人公にしてちゃんとオチをつけるショートショート的な趣向ですが、マンネリの兆しがありません。それだけでも大したものですが、単にSF的アイデアの引出しが豊かだというのでもありません。この連作の根底には、ロボットを題材にしながら、つねに人間の心とは何かという哲学的なテーマが置かれているからです。

 業田良家が描く未来世界では、ロボット工学が極限的に発達し、人型ロボットは人間のあらゆる労働を人間そっくり(いや、人間以上)にこなすだけでなく、人間の意識や記憶の機能をも電子データ化して人工ニューロンチップとして内部に取りこみ、人間の心があるかのごとく言葉をしゃべり、行動することができるようになっています。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

{ この記事をシェアする }

マンガ停留所

バックナンバー

中条省平

1954年神奈川県生まれ。学習院大学フランス語圏文化学科教授。東大大学院博士課程修了。パリ大学文学博士。著書『中条省平は二度死ぬ!』『文章読本』など。翻訳書最新刊はロブ=グリエ『消しゴム』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP