1. Home
  2. 社会・教養
  3. Xデイ到来 資産はこう守れ!
  4. 「もう税収では借金を返せない」世界最大の...

Xデイ到来 資産はこう守れ!

2023.01.10 更新 ツイート

「もう税収では借金を返せない」世界最大の赤字国となった日本の現状 藤巻健史

収まる気配を見せない、円安と物価上昇。「伝説のトレーダー」の異名を持つ経済評論家で、参議院議員もつとめていた藤巻健史さんは「これからが本番」と警鐘を鳴らします。やがて来るかもしれない「日本経済が大混乱に陥る日」に、私たちはどう備えればよいのか? 近刊『Xデイ到来 資産はこう守れ!』より、一部を抜粋します。

*   *   *

借金が積み上がった結果……

バブル崩壊以降、日本は毎年30兆~40兆円の赤字を重ねてきました。それも発行されている国債の大部分が、財政法第4条で「建設国債は、どうしても必要ならしょうがない。でも赤字国債などとんでもない」と定めて発行を禁止されている赤字国債なのです。

(写真:iStock.com/NatanaelGinting)

一般法の上位にある「特例公債法案」を作って、財政法第4条を骨抜きにしてしまったからです。先人の知恵をないがしろにしてきたのです。

その結果、借金が積み上がってしまいました。途中で、「それはまずい」と気がついた橋本龍太郎首相(当時)は、1997年、第2条に「国及び地方公共団体の財政が危機的状況にあることを踏まえ」とある「財政構造改革の推進に関する特別措置法」を成立させました。

ところが1997年は山一證券が自主廃業し、北海道拓殖銀行、三洋証券が破綻した大変な年。財政再建どころではないと、この法案は骨抜きになり、小渕内閣のときに実質廃案となってしまいました

 

そのときの国の借金は369兆円(1997年12月末)、現在の借金は1218兆円(2021年12月末)ですから、3.3倍になってしまいました。

それでもGDPが3.3倍であれば、危機度は変わらないはずですが、名目GDPのほうは1997年度の542.5兆円から2021年度の541.8兆円と減ってしまっているのです。

その結果、日本はG7どころか世界最大の赤字国家となってしまいました

財政破綻危機で騒がれたイタリアやギリシャよりもはるかに悪い状態ですし、戦後のハイパーインフレ時よりも悪い状態です。ちなみに、このときは預金封鎖と新券発行がありました。旧円紙幣は無効になったのです。

もう税収では借金を返せない

財政の危険度は、借金額をGDP(国内総生産)と比べて判断します。大雑把に言って、GDPが2倍になれば、(もし人口が変わらなければ)国民は2倍豊かになり、国も2倍豊かになります。税収も2倍になるということです。

よく、日本人の給料が上がっていないという話を聞きますが当たり前です。日本はGDPが過去30年でほとんど増えていないのですから、賃金だって上がりようがないのです。

話を元に戻します。借金額が対GDP比で世界断トツに悪いということは、もう税収では借金を返せないということです。上のグラフにある債務残高の国際比較とは「税収で借金を返せる難易度ランキング」と言えます。

世界中にインフレが広まっていくと、今後、どこが借金過剰国かが話題になっていくと思います。

 

今までは、ほとんどの国でゼロ金利、またはごく低金利だったので、借金に対する支払金利の額は話題になりませんでしたが、インフレで金利が上昇すると、借金額が大きい国ほど支払金利の急増によるデフォルトが懸念されるからです。

このあたりが為替マーケットのメインテーマになっていく可能性も否定できません。

今の借金額、GDP比260%とは、戦後より高い数字です。戦後はハイパーインフレになり、その鎮静化のために預金封鎖と新券発行を行いました。旧券は銀行で新券に切り替えたのです。旧券はその後、流通不能になりましたから、タンス預金もあぶりだされたのです。

*   *   *

続きは書籍『Xデイ到来 資産はこう守れ!』をご覧ください。

関連書籍

藤巻健史『Xデイ到来 資産はこう守れ!』

インフレになっても、金利を上げられない日銀。 円安、物価上昇はこれからが本番。 ※Xデイ=日本経済が大混乱に陥る日 今、世界では長く続いていたデフレの時代が終わり、インフレ懸念が生じている。インフレが進むと国民の生活が苦しくなるため、各国の中郷銀行は金利を引き上げて、インフレを抑えようとしている。 ところが、世界一の借金大国である日本は、金利を上げると、保有国債の金利も上がって評価損が出てしまうため、金利を上げることができない。そのため日銀の黒田総裁は、3月下旬から10年国債の0.25%での「指し値オペ」を始める始末。 アメリカは徐々に金利を上げていくから、日米の金利差は開く一方で、ドル高円安も止まらなくなる可能性も。 著者は、以前から警告してきたXデイ(日本経済が大混乱の陥る日)が近いと予測。 この先、日本経済はどのように崩壊しているのか? 個人はXデイから自分の財産をどのように守ればいいのか? 今こそ知っておくべき知識・情報が詰まった、日本国民必読の書。

{ この記事をシェアする }

Xデイ到来 資産はこう守れ!

収まる気配を見せない、円安と物価上昇。「伝説のトレーダー」の異名を持つ経済評論家で、参議院議員もつとめていた藤巻健史さんは「これからが本番」と警鐘を鳴らします。やがて来るかもしれない「日本経済が大混乱に陥る日」に、私たちはどう備えればよいのか? 近刊『Xデイ到来 資産はこう守れ!』より、一部を抜粋します。

バックナンバー

藤巻健史

1950年東京都生まれ。一橋大学商学部を卒業後、三井信託銀行に入行。1980年、社費留学で米国ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にてMBAを取得。帰国後、三井信託銀行ロンドン支店勤務を経て、1985年に米銀のモルガン銀行に転職。同行で資金為替部長、東京支店長兼在日代表などを歴任し、東京市場屈指のディーラーとして世界に名を轟かせ、JPモルガンの会長から「伝説のディーラー」と称された。
2000年にモルガン銀行を退職後、世界的投資家ジョージ・ソロス氏のアドバイザーを務めたほか、一橋大学経済学部で13年間、早稲田大学大学院商学研究科で6年間、半年の講座を受け持つ。2013年から2019年までは参議院議員を務めた。2020年に旭日中綬章を受章。日本金融学会所属。現在、株式会社フジマキ・ジャパン代表取締役。東洋学園大学理事。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP