1. Home
  2. 社会・教養
  3. Xデイ到来 資産はこう守れ!
  4. 円安はどこまで進むのか

2022年3月から進んできた円安、とくに先月の7月14日には二十数年ぶりに1ドル139円代まで値下がりする事態に直面し、不安を感じた人も多いのでは。揺り戻しはあるものの、円は、日本は、今後どこまで弱くなるのか。話題書『Xデイ到来 資産はこう守れ』(藤巻健史著/幻冬舎)から一部を抜粋してお届けします。

*   *   *

為替とは相対論である

「これこれ、しかじかの理由で円は弱くなるだろう」との話をしますと、「米国も同じじゃないか、財政ファイナンスだって同じようにやっている」と反論される方がいらっしゃいます。確かに世界中で大なり小なり財政ファイナンスを行い、紙幣をばらまいている以上、全世界の法定通貨は弱くなると思います。

ですから後で述べますが、多少なりとも、ビットコインのような発行枚数の上限が決まっている暗号資産の所有をお勧めしているのです。

しかし忘れてならないのは、為替とは相対論だということ。どちらの通貨がより強く、より弱いかで決まるのです。ドル/円において、ドルと円ともに弱くなることはありません。すなわちコイントスで表と裏が同時に出ることがないのと同じなのです。

ドルより円のほうが数万倍も弱くなるのなら、ドル/円は天文学的な数字に跳ね上がるということです。

円安はどこまで進むのか

2022年4月29日朝日新聞経済欄に私の為替見通しを載せていただきました。「日銀の債務超過危惧 1ドル500円、国債投げ売りも 藤巻健史さんが語る『悲観論』」というタイトルでした。

(写真:iStock.com/blinow61)

現状とかけ離れた予想をするたびに、私のSNSに「あまり非現実的なことは言わないほうがいい。1ドル=500円なんて5年以内に実現する可能性はゼロ」というような投稿が舞い込んできます。私は次のような返信をしています。「皆さんが、そう思いたい気持ちはよくわかります。しかし残念ながら希望と現実はきちんと区別して考えねばなりません。黒田日銀総裁が、昔の日銀総裁が聞いたら腰を抜かすような過激なことをやってきてしまったのですから、私の結論が過激になるのは致し方がないのです。こうなっては自身で自分を防衛するしかありません」

2013年に黒田日銀は異次元緩和(=財政ファイナンス)を開始することによって、財政破綻を先送りすることにしました。日本は不足する歳入の代わりに、紙幣を刷って賄うことにしたのです。

MMT論者の主張のように、円は日本の自国通貨ですから、確かにいくらでも刷れます。しかし、信用ある紙幣をいつまでも刷れるとは限らないのです。「いくらでも紙幣を刷れること」は「いつまでも信用ある紙幣を刷れること」とは違うのです。日銀は世界の中央銀行の中でも、断トツの数の紙幣を刷りまくりました。円の価値が世界で一番、下落してもおかしくないのです。

1ドルが天文学的な数字になることはあるのか

私のツイッターに、次のような質問が来たことがあります。

「1ドル=500円で定着する時代もありうるのでしょうか? 円が暴落したとき、平均の為替水準はどのくらいをお考えでしょうか?」

私の回答は次の通りです。

「日銀がなんとか存続していたら、1ドル=500円くらいで止まる可能性はあります。しかし日銀が債務超過になり、それが一時的でないとわかると、日銀の信用は失墜し、その発行する円の価値はほぼゼロになります。その場合はドル/円は天文学的なレベルになるでしょう」

円が暴落すれば、必ずハイパーインフレになる

ドル/円が天文学的なレベルになる(=円の大暴落)ということは、円の価値がほぼゼロになるということです。まさにハイパーインフレです。

よく、「今デフレなのに、ハイパーインフレなど来るはずがない」とか、「戦争で供給網が壊されない限り、ハイパーインフレなど起こるわけがない」と主張される方がいます。

しかし、インフレ/デフレとハイパーインフレでは、発生原因が違うのです。お金の量が一定なら、インフレ/デフレはモノやサービスの需給で決まります。需要のほうが供給よりも多ければ、モノやサービスの値段は上がっていき(=インフレ)、需要のほうが供給よりも少なければ、値段は下がって(=デフレ)いきます。

モノやサービスの量が一定なら、市中に出回っているお金の量が増えるにしたがってお金の価値は下落し、モノやサービスの値段は上昇(=インフレ)していきますし、お金の量が減っていけばお金の価値は上昇し、少しのお金でモノやサービスが買えるようになります。したがって値段が下がっていくのです(=デフレ)。

しかし、円が石ころ化(=価値がゼロ)したら、いくらモノがあふれていようと、誰もモノを売ってはくれません。ハイパーインフレはお金の信用が失墜したときに起こるのです。

元米財務長官のサマーズ氏が「インフレにするのは簡単だ。中央銀行が信用を失えばいい」と発言したことがあります。中央銀行が信用を失墜する最たるものは債務超過、民間で言えば倒産状態です。債務超過になれば、中央銀行の信用は失墜し、その負債である通貨の信用も失墜するのです。石ころ化した通貨では、誰も商品を売ってくれないのです。

その意味で、もし日銀が債務超過になり、世界が日銀を見捨てるならば(日本人は最後まで信用しようとしがみつく可能性が高いですが)、円は石ころ化しドル/円は天文学的な数字になるのです。

ドイツの戦後のハイパーインフレのことを書いた『ハイパーインフレの悪夢』(アダム・ファーガソン著、新潮社)には「ほとんどのドイツ国民は慣れ親しみ信頼している通貨であるマルクを手放そうとしなかった。もうこれでマルクは終わりだという暴落は何度も起こっても、それは変わらなかった。マルクにしがみつく以外に選択肢がなかった者も多い」(31ページ)とあります。

絶えず、円の石ころ化のリスク、すなわち日銀の財務状態に注意を払っておくことは、現時点で大切なことだと思います。

関連書籍

藤巻健史『Xデイ到来 資産はこう守れ!』

インフレになっても、金利を上げられない日銀。 円安、物価上昇はこれからが本番。 ※Xデイ=日本経済が大混乱に陥る日 今、世界では長く続いていたデフレの時代が終わり、インフレ懸念が生じている。インフレが進むと国民の生活が苦しくなるため、各国の中郷銀行は金利を引き上げて、インフレを抑えようとしている。 ところが、世界一の借金大国である日本は、金利を上げると、保有国債の金利も上がって評価損が出てしまうため、金利を上げることができない。そのため日銀の黒田総裁は、3月下旬から10年国債の0.25%での「指し値オペ」を始める始末。 アメリカは徐々に金利を上げていくから、日米の金利差は開く一方で、ドル高円安も止まらなくなる可能性も。 著者は、以前から警告してきたXデイ(日本経済が大混乱の陥る日)が近いと予測。 この先、日本経済はどのように崩壊しているのか? 個人はXデイから自分の財産をどのように守ればいいのか? 今こそ知っておくべき知識・情報が詰まった、日本国民必読の書。

{ この記事をシェアする }

Xデイ到来 資産はこう守れ!

インフレになっても、金利を上げられない日銀。
円安、物価上昇はこれからが本番。

※Xデイ=日本経済が大混乱に陥る日

金利をあげてインフレを抑えようとしている他国に比べ、日本は、保有国債の金利も上がって評価損が出てしまうため、金利を上げることができない。日米の金利差は開く一方。ドル高円安も止まらなくなる可能性も。個人はXデイから自分の財産をどのように守ればいいのか? 日本国民必読の書。

バックナンバー

藤巻健史

1950年東京都生まれ。一橋大学商学部を卒業後、三井信託銀行に入行。1980年、社費留学で米国ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にてMBAを取得。帰国後、三井信託銀行ロンドン支店勤務を経て、1985年に米銀のモルガン銀行に転職。同行で資金為替部長、東京支店長兼在日代表などを歴任し、東京市場屈指のディーラーとして世界に名を轟かせ、JPモルガンの会長から「伝説のディーラー」と称された。2000年にモルガン銀行を退職後、世界的投資家ジョージ・ソロス氏のアドバイザーを務めたほか、一橋大学経済学部で13年間、早稲田大学大学院商学研究科で6年間、半年の講座を受け持つ。2013年から2019年までは参議院議員を務めた。2020年に旭日中綬章を受章。日本金融学会所属。現在(株)フジマキ・ジャパン代表取締役。東洋学園大学理事。

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP