1. Home
  2. 生き方
  3. 時をかける老女
  4. 認知症前は信心深かった母に、久しぶりに「...

時をかける老女

2022.05.28 更新 ツイート

#29

認知症前は信心深かった母に、久しぶりに「聖霊様」が降りてきた。「まとも」になった、のだろうか 中川右介

午前中、母を西友に連れて行き、夏服を買う。「あなたに服を買ってもらえるなんて」と喜んでいた。そのあと蕎麦屋で昼食。15時ごろ、「私、お昼食べたかしら」と言ってくる。「服を買いに行って、蕎麦屋にいったでしょう」。何も覚えていない。買った服を見せても思い出さない。変わらぬ日常である。

*   *   * 

mcgill-library-xA6eJQCozo4-unsplash

2021年4月23日 金曜日

<介護177日>

午前4時過ぎ、起こされる。「おなかが空いた」と言う。牛乳を飲ませて、また寝る。

7時に起き、朝食の準備。しかしなかなか起きてこないので様子を見に行くと寝ているので起こす。7時半頃、起きてきて、「7時半ね、これからお風呂かしら」と言うので、「これから、朝ごはん」。「あら、朝の7時半なの」

いままで曜日が分からないのはしょっちゅうだったが、朝と夜がわからなくなっている。

当然、午前4時の牛乳も覚えていない。デイサービスは定刻。

試写会に都心まで行く。戻って、午後は執筆。

夕食は17時。「これは夜ご飯よね」と確認する。やはり、時間の間隔がおかしくなっているのか。入浴はすませてあるはずなので、なし。18時に就寝。

4月24日 土曜日

<介護178日>

今朝も6時に起こされ、「おなかが空いた」と昨日と同じ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

*   *   *

※毎月13日、28日更新

※著者への感想、コメントはフォームで受け付けています(非公開)。編集部がお名前を伏せた上で「読者の声」として一部抜粋し、公開させていただく場合がございます。

{ この記事をシェアする }

時をかける老女

91歳の母親と、33年ぶりに一つ屋根の下で暮らすことになった。この日記は、介護殺人予防のために書き始めたものである。

バックナンバー

中川右介

1960年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部文芸科卒業。2014年まで出版社アルファベータ代表取締役編集長。映画、歌舞伎、クラシック音楽、歌謡曲、漫画についての本を多数執筆。最新刊に『アニメ大国建国紀1963-1973 テレビアニメを築いた先駆者たち』(イースト・プレス)。その他の主な著書に、『歌舞伎 家と血と藝』(講談社現代新書)、『カラヤンとフルトヴェングラー』『昭和45年11月25日 三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃』(幻冬舎新書)、『山口百恵』『松田聖子と中森明菜』(朝日文庫)、『大林宣彦の体験的仕事論』(PHP新書)等。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP