1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. 「必ず治る」その言葉を信じて 病をもたら...

本の山

2021.07.03 更新 ツイート

「必ず治る」その言葉を信じて 病をもたらした将棋と向き合う -『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』先崎学 KIKI

囲碁派だった私が、将棋にも興味を持つようになったのは、将棋の世界を描いた漫画『3月のライオン』に出合ってからのこと。高校生棋士を主人公に、厳しい勝負の世界と甘酸っぱい日常が描かれており、胸をキュンとさせながらいつも頁を捲っている。単行本には将棋にまつわるコラムが載っており、それを書いているのが今回紹介する作品の著者、先崎学だ。短いコラムながら知られざる世界を覗き見ることができ、本編とは別に興味深く読んでいた。そんなこともあり、本書のタイトルを見たとき、あの先崎さんがうつ病!? と驚きつつ、読み始めると、うつ病発症に追い打ちをかけた要因のひとつが、監修も務めているこの漫画の映画化に伴う多忙と知って、さらなる衝撃を受けたのだった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

本の山

バックナンバー

KIKI モデル

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。山好きとして知られ、著書に美しい山を旅して』(平凡社)などがある。(photo: ohta yoko)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP