1. Home
  2. 読書
  3. 本の山
  4. 近寄りがたいけれど懐深い 山と父親という...

本の山

2021.06.05 更新 ツイート

近寄りがたいけれど懐深い 山と父親という存在 -『帰れない山』 ロパオロ・コニェッティ KIKI

雪の季節にイタリアの山岳地帯、ドロミーティを訪れたことがある。山は広い範囲でスキー場として賑わっていたが、所々で雪から露出する急峻な山肌は、荒々しく黒々とした岩肌をしており、人を寄せ付けない雰囲気が漂っていた。遠く望んだ頂にキラリと光るものが見えた。十字架だった。アルプスの頂には十字架やマリア像が置かれていることがあり、山を安易に触れてはいけないものと人々は考えつつも、シンボルを置くことで、山を征服したと見なしているのだ。本書の舞台モンテ・ローザ山麓とはイタリアアルプスの東と西で離れているが、山と人との関係はあまり変わらなそうだ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

本の山

バックナンバー

KIKI モデル

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒。山好きとして知られ、著書に美しい山を旅して』(平凡社)などがある。(photo: ohta yoko)

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP