1. Home
  2. 読書
  3. 西野亮廣の本
  4. プペルの数年後の物語『みにくいマルコ~え...

西野亮廣の本

2021.05.28 更新 ツイート

プペルの数年後の物語『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』5/31発売。西野亮廣の絵本は累計100万部突破に にしのあきひろ

キングコングの西野亮廣氏の最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』が、5月31日に発売となる。

2020年末に映画公開となったえんとつ町のプペルの、数年後の物語だ。

映画 えんとつ町のプペル』は、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞、「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネートなど、国内外で大いに注目されている作品。

西野の手掛ける絵本は、2009年に発売された『Dr.インクの星空キネマ』から7作目だが、この『みにくいマルコ』で、絵本累計100万部を突破したことになる。

出版不況の中、しかもコロナ禍において、絵本だけで累計100万部突破は、異例のヒットだ。

にしのあきひろ『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』

えんとつ町から煙が消えて、数年後。町が大きく変わって職を失い、見世物小屋で働くことになったモンスターのマルコは、ひとりの少女と出会い、決して許されない恋に落ちます――。

発売:幻冬舎
発売日:2021年5月31日(月) ※一部地域では発売日が異なります
定価:2200円(本体2000円+税10%)
判型:A4判変形上製
ページ数:98ページ
全国の書店・ネット書店でお買い求めください。

{ この記事をシェアする }

西野亮廣の本

絵本作家、芸人、映画製作総指揮など、さまざまな肩書で活躍する、にしのあきひろ/西野亮廣さんの本にまつわるさまざまなニュースや新刊情報などをご紹介。

バックナンバー

にしのあきひろ 芸人・絵本作家

にしのあきひろ/西野亮廣 

1980年生まれ。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr. インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。

有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』は、会員数が6万人を突破し、国内最大となっている。

西野が製作総指揮を務めた、「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員170万人、興行収入24億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映決定、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP