1. Home
  2. お知らせ
  3. 幻冬舎文庫からのお知らせ
  4. 2021年2月の幻冬舎文庫新刊

幻冬舎文庫からのお知らせ

2021.02.04 更新 ツイート

2021年2月の幻冬舎文庫新刊 幻冬舎編集部

幻冬舎文庫の2月新刊をご紹介させて頂きます。今月は女性作家フェア!時代小説から中谷美紀さんのエッセイ、そして猫、ガチャをテーマにした作品まで硬軟取り混ぜてお届けします。

*   *   *

『猫は、うれしかったことしか覚えていない』/石黒由紀子・文 ミロコマチコ・絵

『猫は、うれしかったことしか覚えていない』/石黒由紀子・文 ミロコマチコ・絵
2月4日発売 定価(本体590円+税)

「猫は、好きをおさえない」「猫は、引きずらない」「猫は、命いっぱい生きている」……迷ったり、軸がぶれたとき、自分の中にある答えを探るヒントを、猫たちが教えてくれるかもしれません。

『男の不作法』/内館牧子

『男の不作法』/内館牧子
2月4日発売 定価(本体590円+税)

知らず知らずのうちに、無礼を垂れ流していませんか?「得意気に下ネタを言う」「上司には弱く部下には横柄」「忖度しすぎて自分の意見を言わない」。男性ならではの不作法を痛快に斬る。

『女の不作法』/内館牧子

『女の不作法』/内館牧子
2月4日発売定価(本体630円+税)

よかれと思ってやったことで、他人を不愉快にしていませんか?「食事会に飛び入りを連れていく」「聞く耳を持たずに話の腰を折る」「大変さをアピールする」。女の不作法の数々を痛快に斬る。

『グリーンピースの秘密』/小川糸

『グリーンピースの秘密』/小川糸
2月4日発売定価(本体550円+税)

ベルリンで暮らし始めて一年。冬には家で味噌を仕込んで、春には青空市へお買い物。短い夏には遠出して、秋には家でケーキを焼いたり、縫い物をしたり。四季折々の日々を綴ったエッセイ。

『四十歳、未婚出産』/垣谷美雨

『四十歳、未婚出産』/垣谷美雨
2月4日発売定価(本体670円+税)

四十歳目前での思わぬ妊娠に揺れる優子。これが子供を産む最初で最後のチャンスだけど……。シングルマザーでやっていけるのか?仕事は?悩む優子に少しずつ味方が現れて……。痛快小説。

『人生で大事なことは、みんなガチャから学んだ』/カレー沢薫

『人生で大事なことは、みんなガチャから学んだ』/カレー沢薫
2月4日発売定価(本体750円+税)

引きこもり漫画家の唯一の楽しみはソシャゲのガチャ。推しキャラを出すべく必死に廃課金ライフを送っていたら、なぜか人生の真実が見えてきた。くだらないけど意外と深い抱腹絶倒コラム。

『ひとりが好きなあなたへ2』/銀色夏生

『ひとりが好きなあなたへ2』/銀色夏生
2月4日発売定価(本体590円+税)

先のことはわからない。昨日までのことはあの通り。あまりいろいろ考えず、無理せず生きていきましょう。(あとがきより)写真詩集

『だからここにいる 自分を生きる女たち』/島﨑今日子

『だからここにいる 自分を生きる女たち』/島﨑今日子
2月4日発売定価(本体670円+税)

安藤サクラ、重信房子、村田沙耶香、上野千鶴子、山岸凉子——。女の生き方が限られている国で、それぞれの場所で革命を起こしてきた十二人の女たち。傑作人物評伝。

『やっぱりかわいくないフィンランド』/芹澤桂

『やっぱりかわいくないフィンランド』/芹澤桂
2月4日発売定価(本体670円+税)

たまたまフィンランド人と結婚して子供を産んで、ヘルシンキに暮らすこと早数年。それでも毎日はまだまだ驚きの連続!「かわいい北欧」のイメージを覆す、爆笑赤裸々エッセイ。好評第二弾!

『ありえないほどうるさいオルゴール店』/瀧羽麻子

『ありえないほどうるさいオルゴール店』/瀧羽麻子
2月4日発売定価(本体670円+税)

北の小さな町にあるオルゴール店では、「心に流れている音楽が聞こえる」という店主が、不思議な力で、傷ついた人の心を癒してくれます。今日はどんなお客様がやってくるでしょうか——。

『オーストリア滞在記』/中谷美紀

『オーストリア滞在記』/中谷美紀
2月4日発売定価(本体750円+税)

ドイツ人男性と結婚し、想像もしなかった田舎暮らしが始まった。朝は、掃除と洗濯。晴れた日には、スコップを握り庭造り。ドイツ語レッスンも欠かさない。女優・中谷美紀のかけがえのない日常。

『ののペディア 心の記憶』/山口乃々華

『ののペディア 心の記憶』/山口乃々華
2月4日発売定価(本体710円+税)

2020年12月に解散したダンス&ボーカルグループE-girls。パフォーマーのひとりとして走り続けた日々から生まれた想い、発見、そして希望。心の声をリアルな言葉で綴った、初エッセイ。

『猫には嫌なところがまったくない』/山田かおり

『猫には嫌なところがまったくない』/山田かおり
2月4日発売定価(本体590円+税)

黒猫CPと、クリームパンみたいな手を持つのりやすは、仲良くないのにいつも一緒。ピクニックのように幸福な日々は、ある日突然失われて——。猫と暮らす全ての人に贈る、ふわふわの記録。

『秘め事おたつ三 青葉雨』/藤原緋沙子

『秘め事おたつ三 青葉雨』/藤原緋沙子
2月4日発売定価(本体540円+税)

金貸しおたつ婆の一日は、早朝の散歩から始まる。ある朝、足の不自由な父親とその娘を助けたことから挨拶をする仲に。だが、ここ数日姿が見えず、心配になったおたつは、二人を訪ねるが……。

『花人始末 出会いはすみれ』/和田はつ子

『花人始末 出会いはすみれ』/和田はつ子
2月4日発売定価(本体650円+税)

植木屋を営む花恵は、味噌問屋の若旦那殺しの下手人として疑われる。そんな花恵を助けたのは当代随一の活け花の師匠・静原夢幻だった。花をこよなく愛する二人が、強欲な悪党に挑む時代小説。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP