1. Home
  2. 暮らし術
  3. 台湾ごはん、何食べる?旅ができる、その日のために
  4. コロナへの警戒心も和らいだ台湾の温泉で、...

台湾ごはん、何食べる?旅ができる、その日のために

2020.10.06 更新 ツイート

コロナへの警戒心も和らいだ台湾の温泉で、裸体をさらし、蟹のおかゆに突進 竹中式子

台湾人の阿米(左)と日本人の美菜(右)の、台湾ごはんを巡るコミックエッセイ「台湾ごはん何食べる?」は11月中旬に刊行予定です

私の部屋にはお風呂がありません。

南国の台湾には湯舟はなく、シャワーだけという物件は珍しくありません。暑い気候のなか、お湯であたたまる気になれないからです。それでも時々はお湯につかりたいのでしょうか。台湾の友人の家の浴室で、赤ちゃんの沐浴用の桶のでっかい版が置かれているのを見かけたことがあります。「入りにくそうだし、排水もめんどくさそう」と眺めていたものです。

 

私はもともと入浴に興味がなく、日本で暮らしていたころも、湯舟を横にもっぱらシャワー。なのにです、いざ湯舟がないとなるとシャワーだけじゃ物足りない。あったかいお湯に身を沈め、湯舟からお湯をあふれださせたくてたまらないときがあるんです。でも沐浴桶じゃイヤ。側にいるときは邪険に扱い、失ってその存在の大きさに気づく……私にとってそれは湯舟だったようです。

そんな私の入浴欲を満たしてくれるのは、温泉しかない(女性専用健康ランドもあるけれど、いかんせん高い)! 台湾にも有名な温泉地はいくつかあるのですが、その大半は水着着用で混浴なのです。水着を着て殿方と一緒だなんて、それはもはや温水プールでは? 私はそんなの入浴とは認めませんよ!

すっぽんぽんで入れて、しかも足を伸ばしてだらだらできる大浴場のあるところはないか。風呂あがりにビールも飲めたら最高。そして台北近くで――。

私の検索能力を駆使し、でも結局「そういえば、以前連れていってもらったとこがあったっけ」と、記憶をほじくりかえしてたどり着いたのが行義路温泉、またの名を紗帽山温泉でした。

ガイドブックでは北投温泉がよく取り上げられていますが、行義路温泉は北投から少し山へ入ったところにある、5軒ほどの温泉会館が点在するエリアです。

コロナのために休館したり、営業時間が変更したり。また私自身も、コロナ禍で人が密になる温泉は怖かったので悶々としながらガマンしていたのですが、台湾国内の旅行計画を政府が推し進めるようになり、機は熟したと7月にとうとう行ってみました。

硫黄の香りが漂う、むき出しになった山肌が連なる光景は、台北からMRTとバスで40分ほどの距離なのに秘湯へ来た気持ちにさせます。どこの施設に入ろうかな……と思案しながら歩いていると、怪しさ満点のゲートが現れました。

荒れた様子に本当に営業しているのか不安になったものの、ここまで来たらディープさを楽しんでしまえと意を決して足を踏み入れた途端、日本の演歌がガンガン鳴り響いてるではありませんか。ゲートの外じゃ聞こえなかったのに、謎。そして大音量の演歌と、うっそうと生い茂る木々のなかを続く階段を降りていくと、急に「日本」が目の前に。

大浴場以外に、湯屋(家族風呂)もあります。夜になるとネオンが灯り、より妖しげな雰囲気ですが(右)、健全な温泉施設ですよ

やっぱりディープでした。

行義路温泉の施設はどこも日本風を意識してつくられていますが、温泉会館「川湯(チュアンタン)」はそのなかでもひと際日本度が高く、思わず薄ら笑いが浮かんでしまうほど。

でも、もうひるんではいられません。このなかに大浴場があるのですから。財布を握りしめ、受付で入湯料を払おうとしたところ

「食事もしますか? 食事をするなら400元(約1450円)で、これには入湯料250元(約900円)も含まれます」

なんとここ行義路温泉では、川湯だけでなくすべての温泉会館にレストランが併設されていて、台湾料理や日本(風)料理まで提供しているのです。そして一定金額以上の食事をすれば、入湯料がタダになるというシステム。つまり、風呂あがりの一杯が楽しめるというわけで、「食事付きで!」と迷わず申請したのは言うまでもありません。

真夏だから人も少ないだろうと高をくくり、服を脱ぎすて一目散に浴場へ乗りこみました。ですが、氷川きよしの「きよしのズンドコ節」やテレサ・テンの「つぐない」などの合間に、なぜか山崎まさよしの「One more time,One more chance」が流れる露天風呂には、生まれたままの姿でくつろいでいらっしゃるたくさんの妙齢のご婦人方が。私と同じように、コロナへの警戒心がゆるんだら、温泉はレジャーの選択肢に入ってくるんですね。

ぬるめのお湯につかったり、ジェットバスで激しい水流に腰をたたきつけられたり、肩が抜けるような勢いの打たせ湯を浴びたり、過去へタイムスリップするときのように真っ白な湯気が充満している視界不良のサウナなど、お湯の温度以外は演出(?)過剰な温泉をたっぷり楽しみ、2時間以上すごして大満足の入浴時間でした。

そしてお風呂からあがれば、ビールと台湾料理が待っています。

川湯のメニューは、台湾料理が中心でした

そそくさと席に着き、すぐさま台湾ビールを注文。台湾らしく周りにお酒を飲んでいる人は見あたりませんが、もうここは「日本人だから」と開き直って。キューッとビールがのどを通っていくのを感じた途端、「これだよ、この瞬間がほしかったんだよ」と感極まってしまいました。

この日はひとりで、ビール2本にゴーヤの塩卵炒め、茹で海老を注文して400元オーバーに。差額を支払い帰路に着いたのでした。

その後、気持ちがクサクサすると行義路温泉へ行くようになりました。

もともと興味がないと言っておきながら、私はいざ入浴するとなると長風呂で、しかも「ここでゆっくりしてくださいね」と言わんばかりに、湯舟の周りにはプラスチックのイスがいくつも並んでいるので、湯舟を出たり入ったりサウナを挟んで2時間、3時間と滞在してしまいます。なのでお風呂に入るだけならひとりが気楽なのですが、食事となるとやっぱり物足りない。何せどこのレストランもひと皿の量が多いので種類が食べられないのです。

それでも行義路温泉で三館も展開している「皇池(フォンチー)」の名物といわれている蟹のおかゆをどうしても食べたくなって、台湾の姉貴分であるハルさんを誘ってみました。

1館は裸で入れる露天風呂、2館は水着着用、3館は裸で入れるもののレストランはクローズ中、ということで1館へいざ。

ここの露天風呂も演歌ガンガン。硫黄泉とラジウム温泉の2種類の湯舟があり、お湯の温度は高めです。

男湯の様子。女湯も同じように開放感があります。写真提供:皇池溫泉御膳館
家族風呂は500元(2名。約1800円)で平日40分、休日30分利用できます。写真提供:皇池溫泉御膳館

お湯はかなり好みな感じですが、今日の目的は蟹のおかゆ。できあがりまでに時間がかかるので、入浴前にレストランで予約する必要があります。「1時間の入湯じゃ短い? 着替えの時間はどれくらい?」と熟考した結果、1時間半後を指定しました。時間を気にしてお風呂に入るのは本意ではありませんが、いたしかたありません。何度も言いますが、目的は蟹のおかゆなのですから。

予約時間にレストランに入ると、あちこちでおかゆらしきものを食べている方々が。「やっぱり名物なんだ」と納得し、はやる気持ちでテーブルへ。するとそこには、すでに大きな甕が鎮座しておりました。

「紅蟳粥(ワタリガニのおかゆ)」以外に、海老がゆ、芋がゆ、カエルがゆ(!)なども。私の写真がキレイでなかったので、ミックスがゆのお写真をお借りしました。写真提供:皇池溫泉御膳館

魔女が使っているような黒光りした甕には、トロットロになるまで煮こまれたお米に、蟹の甲羅や足がゴロゴロ入っています。ホタテや栗など10種類の食材と、蟹のダシが染みわたっていて、これはスルスルいけますぞ。温泉ではなく、このおかゆ目あてだけに来たっていいかも。

……ですが、やっぱり多かった! おかゆ小のほかには野菜炒め一品しか注文しなかったのですが。ふたりでも食べきれる量ではないので、ひとりじゃ絶対に注文できません。もっと胃袋を用意して挑むのが正解だったのでしょうが、それでも目的は達成できたので今回はよしということで。

「皇池」は小籠包もイケているという口コミも目にしました。

写真提供:皇池溫泉御膳館

観光で歩き疲れた身体を温泉で癒やしつつ台湾美食を味わう、というスケジュールも一興です。


■店舗情報(1)
川湯溫泉養生餐廳(チュアンタンウェンチュエンヤンションツァンティン)
住所 台北市北投区行義路300巷10號
営業時間 温泉6:00~翌1:00 食事 月曜・木曜・金曜15:00~22:00、休日11:00~23:00
休み なし(食事は火曜・水曜)
→公式ホームページ(日本語)

■店舗情報(2)
皇池溫泉御膳館(フォンチーウェンチュエンユーシャングァン)1館
住所 台北市北投區行義路402巷42-1號
営業時間 温泉24時間 食事12:00~翌3:00 (L.O.2:00)
→公式ホームページ(中国語)

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP