1. Home
  2. 暮らし術
  3. やっぱりおなか、やせるのどっち?勘違いだらけのエクササイズ
  4. 「やせられない」は禁句。目指す体を作るた...

やっぱりおなか、やせるのどっち?勘違いだらけのエクササイズ

2020.07.17 更新 ツイート

「やせられない」は禁句。目指す体を作るための脳のだまし方八田永子

エクササイズを頑張っているけど、効果がいまいち感じられない……そんな人は、せっかくのエクササイズが違う部位に効いている可能性あり。

やっぱりおなか、やせるのどっち? 勘違いだらけのエクササイズ』(八田永子著)には、正しい身体の使い方、動かし方、効果が本当に出るエクササイズの方法が、ついついやりがちな方法と比較して説明されています。

あるべきところに筋肉がある、理想のプロポーションを目指して、今のやり方は正しいのか、本書を参考に一度見直してみてください。

*   *   *

筋トレは意識する、ストレッチは意識しすぎない

(写真:iStock.com/miya227)

筋トレを行うときには、鍛える筋肉に意識を集中させると、効果が高まります。どの筋肉を使うのかわかっていない人には、ここだよと触って教えてあげることで、筋トレの効果を引き出すことができます。

しかし、ストレッチを行うときには、伸ばしたい部位を意識しすぎて緊張させてはいけません。洗濯物を干すときのように、縮んだものを伸ばして元に戻せばよいだけです。元の状態以上に伸ばそうと意識すると、その筋肉は伸ばされまいとします。体を守るために、脳がストップをかけてしまうからです。

 

効果的にストレッチを行うには、この脳によるストップを解除する必要があります。そのためには、どこを伸ばすのだと意識せず、だらだら行うのが効果的です。また、伸ばしたい部位から意識をそらすという方法もあります。

たとえば、首を回そうと思ったときは、「首を回す」という言葉に脳が反応して、首の筋肉にスイッチが入り、こわばってしまいます。首を守るための防御反応でもあるのですが、スイッチが入ることで、スムーズに回らなくなります。

こんなとき私は、「みなさん、あごで大きく円を描いてください」といいます。このときに行っている運動は、じつは首を回したときとまったく同じ。それなのに、あごで円を描いたときは、まったくひっかかりを感じることなく、スムーズに首が回ります。意識を首に集中させないことで、脳によるストップがかかるのを防いでいるのです。

こうしたテクニックを活用することも大切です。「がんばって」行うのではなく、緊張するところが一つでも少ない状態で行うようにしましょう。

言葉にまどわされないように

ストレッチなどで体を動かすときの言葉には要注意です。そのままやってしまうと、力んでしまってうまくストレッチできなかったり、好ましくない力が加わってけがをしたりすることがあります。

注意してほしいのは、「腰に力を入れる」「腰を回す」「背すじを伸ばす」「お尻を締める」「足は腰幅で平行に」など。素直にそのままやってはいけません。私なら、次のように言い換えます。

(写真:iStock.com/Prostock-Studio)

「腰に力を入れる」は「仙骨に力を入れる」にします。腰というと腰椎(ようつい)あたりをイメージしますが、それでは力は入りません。

「腰を回す」は「胸椎とインナーコア、または仙骨で回す」に、「背すじを伸ばす」は「肋骨の中を伸ばす」に、「お尻を締める」は「体の両端を伸ばす」に、「足は腰幅で平行に」は「股関節の運動軸で立つ」とします。

大切なのは、とにかく文字どおりやらないこと。各部位を動かすときに、力まないやり方があります。それを意識すると、けがや不具合を防げます。

「きっと変われる」とサクセスイメージを持つ

体をやわらかくするためには、脳の働きも最大限に利用します。「自分は体が硬い」と信じている人は、そう信じているだけで、筋肉がスムーズに伸びなくなります。「これ以上は無理」と思っている人は、それ以上筋肉を伸ばすことができません。自分はこのくらいしかできないはず、という思い込みによって、体にブレーキがかかってしまうからです。ということは、「自分は太っている」「やせることなんてできない」などと言うのも、やめておいたほうがよいでしょう。

(写真:iStock.com/metamorworks)

言葉はブーメランのように自分に返ってきます。自分で自分をマインドコントロールしてしまうようなもので、「自分は体が硬い」「これ以上は無理」と言い続けていたら、その人の体も、筋肉も、細胞も、いじけます。これではやわらかい体、シェイプアップした体へと変わっていくはずがありません。

大切なのは、「きっと変われる」「もっとできる」というサクセスイメージを持つこと。サクセスイメージで脳が気持ちよくなると、体もほぐれてくるのです。体にも心にも希望を与え、それを信じることが、目指す体を手に入れるために最も重要です。

関連キーワード

関連書籍

八田永子『やっぱりおなか、やせるのどっち? 勘違いだらけのエクササイズ』

足を上げる? 足を床につける?――お腹によく効く腹筋はどっち? 腹筋? 背筋? 脚上げ? 前屈? まずは、体を引き上げよう! きれいにやせるためのスイッチは、おなかにある。 「本当にきれいにやせられるエクササイズはどっち?」 本書では、柔軟な体をつくるエキスパートが2択の質問を通して、体の使い方を説明しています。 自己流エクササイズの勘違いに気づくことで、自分の体としっかりと向き合い、付き合っていけるようになります。

{ この記事をシェアする }

やっぱりおなか、やせるのどっち?勘違いだらけのエクササイズ

エクササイズを頑張っているけど、効果がいまいち感じられない……そんな人は、せっかくのエクササイズが違う部位に効いている可能性あり。

『やっぱりおなか、やせるのどっち? 勘違いだらけのエクササイズ』(八田永子著)には、正しい身体の使い方、動かし方、効果が本当に出るエクササイズの方法が、ついついやりがちな方法と比較して説明されています。

あるべきところに筋肉がある、理想のプロポーションを目指して、今のやり方は正しいのか、本書を参考に一度見直してみてください。

バックナンバー

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP