1. Home
  2. 社会・教養
  3. おどろきダンゴムシ図鑑
  4. 宝石のような青いダンゴムシ。だが正体は…

おどろきダンゴムシ図鑑

2020.07.01 更新 ツイート

宝石のような青いダンゴムシ。だが正体は…奥山風太郎

世界各地のおもしろいダンゴムシを集めたビジュアルブック『おどろきダンゴムシ図鑑』(奥山風太郎・著)が話題です。今回は青いダンゴムシのひみつを本書から抜粋してご紹介します。

*   *   *

青いダンゴムシ(写真:奥山風太郎)

青く輝くダンゴムシ

まれに衝撃的なほどに青い色をしたダンゴムシが見つかります。

ダンゴムシの種類にも地域にも関係なく出現します。

普通のダンゴムシとは明らかにちがい、その物珍しさからしばしばテレビなどで取り上げられることもあるので、ご存じの方が多いかもしれません。

青いオカダンゴムシ(オス、写真:奥山風太郎)

じつは、青いダンゴムシの正体は病気のダンゴムシです。

イリドウイルスという病原体に感染してしまったために青くなっていたのです。

感染しても、低温下ではほとんど病気は進行せず、普通のダンゴムシと見わけがつきません。

ところが気温が上がる6月ごろになると、一気に症状が進み、どんどん青くなっていきます。

青くなってきたら、ほとんどの個体は1~2ヶ月で死んでしまいます

しかし、感染力はとても弱いようで、私の経験では同じ空間で飼育していてもほかの個体に感染した事例はないので、そこまで恐ろしい病気ではないのかもしれません。

青いトウキョウコシビロダンゴムシ(写真:奥山風太郎)

なぜ青くなるのでしょうか。

感染したダンゴムシを青くして目立たせることにより、鳥などの捕食者がダンゴムシを狙いやすいようにして、その捕食者の糞を食べたダンゴムシがまた感染するという、ウイルスの感染戦略なのではないか……と予想している人もいますが、立証されたわけではないので本当のところはまだわかりません。

トウキョウコシビロダンゴムシ。色彩変異個体が感染し、すごい色になった(写真:奥山風太郎)

イリドウイルスが人間に感染することはありませんので、幸運にも青いダンゴムシを見かけたら、ぜひ手に取って観察してみてください。

肉眼で見ると、その不思議な美しさに魅入られることうけあいです。

関連キーワード

関連書籍

奥山風太郎『おどろきダンゴムシ図鑑』

どこにでもいる身近なアイツ、実はこんなにすごかった! カッコいいもの、美しいもの、ふしぎなもの……。ミステリアスな世界を日本一のダンゴムシファンがご紹介します。実は集団生活よりも単独行動が好き/ダンゴムシは虫じゃない!?/好物はチーズ、ナス、ニンジン/青く輝くダンゴムシ。だがその正体は……/砂浜の色で色合いが変わるハマダンゴムシ/メスの顔面にしがみついてプロポーズ/丸まるのが得意な種類、隙間だらけになっちゃう種類 など

{ この記事をシェアする }

おどろきダンゴムシ図鑑

2020年6月11日発売『おどろきダンゴムシ図鑑』(奥山風太郎・著)の最新情報をお知らせします。

バックナンバー

奥山風太郎 生き物ライター

1977年、東京都生まれ。世界各地で野生生物を調査し、雑誌等で紹介してきた。もともとは両生類や爬虫類が専門だったが、フィールドワークを重ねるうちにダンゴムシの魅力にとりつかれ、現在では南西諸島の種を中心に200以上の地域で採集した、数十万匹のダンゴムシを飼育中。変わった色柄のダンゴムシを探すのが大好き。著書は最新刊『おどろきダンゴムシ図鑑』(幻冬舎)のほか『鳴く虫ハンドブック』(文一総合出版)、共著に『ダンゴムシの本』『鳴く虫「音声」図鑑』(以上、DU BOOKS)、『日本のカエル+サンショウウオ類』(山と溪谷社)などがある。

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP