1. Home
  2. 社会・教養
  3. おどろきダンゴムシ図鑑
  4. ダンゴムシの好物はチーズ、ナス、ニンジン

おどろきダンゴムシ図鑑

2020.07.13 更新 ツイート

ダンゴムシの好物はチーズ、ナス、ニンジン奥山風太郎

世界各地のおもしろいダンゴムシを集めたビジュアルブック『おどろきダンゴムシ図鑑』(奥山風太郎・著)が話題です。今回はダンゴムシにまつわるギモンの答えを本書からご紹介します。

*   *   *

オカダンゴムシ(写真:奥山風太郎​​​​​)

ギモン1 ダンゴムシはどうやって飼えばいいの?

ダンゴムシの飼育は楽しいです。
もし『おどろきダンゴムシ図鑑』を読んでダンゴムシへの興味が深まり、飼ってみたいと思われたなら、まったくハードルは高くないので、ぜひ挑戦しみてください。

オカダンゴムシなら人間の生活圏であればどこでも簡単に見つかりますので、ご自身で採集されることをおすすめします。
運がよければすごい色をした色彩変異個体が見つかる可能性もあります。

飼い方にはコツというほどのものはなくて、ある程度の湿度を保つことが可能な、湿らせた落ち葉や土(腐葉土が理想)などを敷いた環境であれば、どんな容器でも飼うことができます。
プラスチックケース、お惣菜用パックなどが扱いやすいですし、金魚鉢やちょっとしたガラスのボウルで飼育すれば、より可愛らしくなります。

プラスチックケースで飼育(写真:奥山風太郎)
こんなお惣菜パックでも飼育できる(写真:奥山風太郎)

オカダンゴムシはとにかく丈夫で、室内の鉢植えの中で脱走もせず何年も生き続けているオカダンゴムシもいるくらいです。
乾燥させないこと、落ち葉や苔で隠れ家を作ること、その条件だけ満たせば飼育環境として問題ありません。
あとは、餌となるニンジンのかけらが痛んだり、落ち葉がなくなったりしないように気を付けていれば充分に長生きしてくれるでしょう。

ガラスの鉢植えでの飼育(写真:奥山風太郎)

もっといろんな種類を飼いたい方、難しい種類に挑戦したい方は拙著『ダンゴムシの本』(DU BOOKS)をご覧ください。
常に穏やかで平和に暮らしているダンゴムシを眺めていると、本当に楽しくて、ちっちゃな悩みなんて吹き飛んでしまいます。

ギモン2 ダンゴムシの好きな食べ物は?

「ダンゴムシの主食は何?」とよく聞かれます。
落ち葉でしょうか?

フチゾリネッタイコシビロダンゴムシ。葉脈を残して落ち葉を食べている(写真:奥山風太郎)

たしかに、多くのダンゴムシは生態系の中で“分解者”という役割を担っています。
落ち葉などの有機物を食べて、それを糞として土に戻す役割です。

しかし実際は野生ではおもに何を食べているかよくわかっておらず、落ち葉を率先して食べているところは見かけません。
そこで、すこし意識してみるとじつにさまざまなものを食べる姿を見かけることができます。
結局は雑食性だということがわかってきました。

トウキョウコシビロダンゴムシ。イグチ科のキノコを食べにきた(写真:奥山風太郎)
ハマダンゴムシ。虫に食われて枯れた葉をあえて食べている(写真:奥山風太郎)
奄美の樹上性種。コオロギ類の脱皮殻を食べている(写真:奥山風太郎)

ダンゴムシの種類によって食べ物の好みはあるものの、飼育下ではチーズ、金魚用人工飼料、カメ用人工飼料、ナス、ニンジンなどはたいていの種が好んで食べます。
落ち葉については、数十種類を与えて観察したところ、ホオバやクズの葉が人気でした。

ある研究報告によると、落ち葉の柔らかさや水分、その他の栄養素によってダンゴムシが好む優先順位は変化するものの、おおむねカルシウムの含有量が多い落ち葉ほど率先して食べることが多いそうです。
思い返してみると、たしかに「カルシウムが豊富」っぽいものはよく食べている気がします。

ダンゴムシは「新芽を食害する農業害虫」だという濡れ衣を着せられることがありますが、よほどほかに食べるものがない場合でなければ、具体的な農業被害の報告は皆無です。
家庭菜園のプランター付近を彼らがウロウロ歩いていても、あまり目くじらを立てないであげてください。

〈おまけ・書籍未収録〉
ギモン3 ダンゴムシは甲殻類なんですね。もしかして美味しいの?

飼っていてたくさん増えすぎてしまったネッタイコシビロダンゴムシの一種を食べたことがあります。
まず、1センチ以上の大きめの個体を適当数用意して、日本酒を入れた器の中へ投入。
洗うようにぐるぐるかき混ぜてから軽く水分を切って、フライパンで温めておいたごま油で揚げ焼きにします。
1分くらいしてカリッと香ばしさが出てきたら完成。

少し塩をまぶして食べれば、高級エビせんのような美味しさです。
ただ、ほんの少しエグ味というか、ほろ苦さがあります。コレをよしとするかは意見がわかれそうですが、慣れてくるとこの苦みも心地よく、日本酒やビールにピッタリです。
揚げ焼きしたダンゴムシを“小エビ”がわりにしてお好み焼きを作ったら美味しそうです。

ダンゴムシは食べたものを1日もすれば完全に糞として排出するようですので、調理する前に24時間ほど完全絶食させれば、背わたの中身は空になり、苦みは減るのかもしれません。

ちなみに、試しに食べたことがあるというだけで、別に常食しているわけではありません

関連キーワード

関連書籍

奥山風太郎『おどろきダンゴムシ図鑑』

どこにでもいる身近なアイツ、実はこんなにすごかった! カッコいいもの、美しいもの、ふしぎなもの……。ミステリアスな世界を日本一のダンゴムシファンがご紹介します。実は集団生活よりも単独行動が好き/ダンゴムシは虫じゃない!?/好物はチーズ、ナス、ニンジン/青く輝くダンゴムシ。だがその正体は……/砂浜の色で色合いが変わるハマダンゴムシ/メスの顔面にしがみついてプロポーズ/丸まるのが得意な種類、隙間だらけになっちゃう種類 など

{ この記事をシェアする }

おどろきダンゴムシ図鑑

2020年6月11日発売『おどろきダンゴムシ図鑑』(奥山風太郎・著)の最新情報をお知らせします。

バックナンバー

奥山風太郎 生き物ライター

1977年、東京都生まれ。世界各地で野生生物を調査し、雑誌等で紹介してきた。もともとは両生類や爬虫類が専門だったが、フィールドワークを重ねるうちにダンゴムシの魅力にとりつかれ、現在では南西諸島の種を中心に200以上の地域で採集した、数十万匹のダンゴムシを飼育中。変わった色柄のダンゴムシを探すのが大好き。著書は最新刊『おどろきダンゴムシ図鑑』(幻冬舎)のほか『鳴く虫ハンドブック』(文一総合出版)、共著に『ダンゴムシの本』『鳴く虫「音声」図鑑』(以上、DU BOOKS)、『日本のカエル+サンショウウオ類』(山と溪谷社)などがある。

 

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP