1. Home
  2. 生き方
  3. 編集部日記
  4. 外食解禁。「おしゃれ嫌い」な生活

編集部日記

2020.06.14 更新 ツイート

外食解禁。「おしゃれ嫌い」な生活竹村優子

6月8日
午前中は自宅で仕事。会社に行く前にオープンしたばかりのユニクロ原宿店に寄る。整理券が配布されている列があり、「これはユニクロの列ですか?」と訊ねたら、IKEAのものだった。今月の「英会話タイムトライアル」の例文にも、「Excuse me.Is this the line for this shop?」があったことを思うと、やっぱりよく使う文章なんだと実感する。

ユニクロの入口では、消毒とピっと手首での検温。私は、コロナ禍を境に着る服がすっかり変わってしまった。気兼ねなく洗濯できること。長時間歩けること。自粛中は、ずっと家にいるから、むしろドレスアップしたり、新しいコーディネートを試したりしたのだけど、実際外に出始めたら、動きやすいこざっぱりとした格好になってしまった。でもそれはそれで自分にとっては新鮮。

会社では「小説幻冬」新連載の再校ゲラ作業やオンライン打ち合わせ。それから渋谷で髪を切る。渋谷に来るのは先月の髪を切ったとき以来。

乃木坂まで歩く。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

編集部日記

幻冬舎plus編集部員の仕事と日々。

バックナンバー

竹村優子

幻冬舎plus編集長と単行本、新書、文庫の編集に携わる。手がけた本は、『世界一の美女になるダイエット』(エリカ・アンギャル)、『青天の霹靂』(劇団ひとり)、『職業としてのAV女優』(中村淳彦)、『快楽上等!』(上野千鶴子・湯山玲子)、『大本営発表』(辻田真佐憲)、『弱いつながり』(東浩紀)、『赤い口紅があればいい』(野宮真貴)、『じっと手を見る』(窪美澄)、『銀河で一番静かな革命』(マヒトゥ・ザ・ピーポー)、『しらふで生きる』(町田康)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP