1. Home
  2. 社会・教養
  3. 礼はいらないよ
  4. ブリュッセルで感じた、日本にはない重たい...

礼はいらないよ

2020.05.02 更新 ツイート

ブリュッセルで感じた、日本にはない重たい視線 ダースレイダー

ブリュッセルの小便小僧と

建物に蓄積されたまなざしを日本は壊し続けてきた

新型コロナウィルスの死亡率が世界ワーストと指摘されたベルギーだが、これは数字が過大となる可能性を認めながらも、政府が情報の「完全な透明性」を目指した結果だという。

3月12日に急遽ロックダウンが宣言され、14日からはカフェやレストランの休業が決まった。翌週の月曜からは学校も休み。この時点ですでにベルギー政府はかなり細かい項目を立てて、国民に説明している。最初の予定では4月5日までの期間が宣言されたが、項目によって期限も異なっている。

学校が休みの間も施設自体は開いていて、保護者は子供を預けることが出来る。特に医療従事者や介護職、公的仕事に携わる者の子供の面倒は保証されている。また高齢者と同居する子供も預けることが出来る。高齢者はリスクの高いグループに指定されていて、感染予防への配慮がなされている。高齢者にはなるべく在宅でいるように特別に注意もされている。日本ではリスクに応じた対処がそれほど明確ではないので、この点は異なる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

礼はいらないよ

You are welcome.礼はいらないよ。この寛容さこそ、今求められる精神だ。パリ生まれ、東大中退、脳梗塞の合併症で失明。眼帯のラッパー、ダースレイダーが思考し、試行する、分断を超える作法。

バックナンバー

ダースレイダー ラッパー・トラックメイカー

1977年4⽉11⽇パリで⽣まれ、幼少期をロンドンで過ごす。東京⼤学に⼊学するも、浪⼈の時期に⽬覚めたラップ活動に傾倒し中退。2000年にMICADELICのメンバーとして本格デビューを果たし、注⽬を集める。⾃⾝のMCバトルの⼤会主催や講演の他に、⽇本のヒップホップでは初となるアーティスト主導のインディーズ・レーベルDa.Me.Recordsの設⽴など、若⼿ラッパーの育成にも尽⼒する。2010年6⽉、イベントのMCの間に脳梗塞で倒れ、さらに合併症で左⽬を失明するも、その後は眼帯をトレードマークに復帰。現在はThe Bassonsのボーカルの他、司会業や執筆業と様々な分野で活躍。著書に『『ダースレイダー自伝NO拘束』がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP