1. Home
  2. 社会・教養
  3. 礼はいらないよ
  4. フランクフルトの日本人ラッパーは、言語の...

礼はいらないよ

2020.03.06 更新 ツイート

フランクフルトの日本人ラッパーは、言語の外で繋がれたか ダースレイダー

You are welcome. 礼はいらないよ。この寛容さこそ、今求められる精神だ。パリ生まれ、東大中退、脳梗塞の合併症で失明。眼帯のラッパー、ダースレイダーが探る分断を超える作法。連載コラムスタート。

ヒップホップにこそワグナーの精神は宿る?

2019年11月30日、僕はベルリンから特急に乗り、フランフルト中央駅に降り立った。演出家、高山明によるワグナープロジェクトに参加するためだ。

19世紀のドイツの作曲家、ワグナーのオペラ「ニュルンベルグのマイスタージンガー」を現代において読み解くならば、シンガーはラッパーであり、歌合戦はMCバトルなのではないか? ストリートから生まれたヒップホップにこそワグナーが描いていたビジョンが宿るのではないか? 高山さんがワグナーを再解釈するプロジェクトの1回目は2017年、神奈川芸術劇場で開催された。

劇場はストリートに作り変えられ、初日のオーディションで選ばれたラッパー候補「ワグナークルー」の面々が毎日、ワークショップイやライブという形で催される「ストリートで起こる様々な出来事」を体験していく。こうした出来事はストリートと化した劇場のあちこちで同時多発的に発生し、その模様はライブ配信されたり、ラジオのような形で放送されたりする。そして最終日には、クルーメンバーによるライブが行われる。観客は「ストリートを行きかう様々な人たち」として、初日から好きな時間に見に来ることが出来るし、ワークショップやライブなどに参加することも出来る。

こうして多くの要素が互いに影響を与えながら、日を重ねていく中でストリート、街自体が生き物のように蠢(うごめ)いていき、最終日に「なんらかのなにか」が現出するのだ。僕はオーディションの審査、バンドによるライブ、MCバトルの司会、そして言葉について考えるワークショップを担当した。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

礼はいらないよ

You are welcome.礼はいらないよ。この寛容さこそ、今求められる精神だ。パリ生まれ、東大中退、脳梗塞の合併症で失明。眼帯のラッパー、ダースレイダーが思考し、試行する、分断を超える作法。

バックナンバー

ダースレイダー ラッパー・トラックメイカー

1977年4⽉11⽇パリで⽣まれ、幼少期をロンドンで過ごす。東京⼤学に⼊学するも、浪⼈の時期に⽬覚めたラップ活動に傾倒し中退。2000年にMICADELICのメンバーとして本格デビューを果たし、注⽬を集める。⾃⾝のMCバトルの⼤会主催や講演の他に、⽇本のヒップホップでは初となるアーティスト主導のインディーズ・レーベルDa.Me.Recordsの設⽴など、若⼿ラッパーの育成にも尽⼒する。2010年6⽉、イベントのMCの間に脳梗塞で倒れ、さらに合併症で左⽬を失明するも、その後は眼帯をトレードマークに復帰。現在はThe Bassonsのボーカルの他、司会業や執筆業と様々な分野で活躍。著書に『『ダースレイダー自伝NO拘束』がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP