1. Home
  2. お知らせ
  3. 幻冬舎MovieChannel
  4. 「蜜蜂と遠雷」映画賞、続々受賞!

幻冬舎MovieChannel

2020.01.27 更新 ツイート

「蜜蜂と遠雷」映画賞、続々受賞!幻冬舎編集部

映画「蜜蜂と遠雷」が、様々な賞を続々受賞しています!

「第74回 毎日映画コンクール」日本映画大賞はじめ3賞。
「第43回 山路ふみ子映画賞」山路ふみ子映画賞。
「第44回 報知映画賞」作品賞、新人賞。
「第32回 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」主演女優賞。
「第43回 日本アカデミー賞」優秀作はじめ5賞。
また、2月18日発表のブルーリボン賞にも、作品賞はじめノミネートされています。

また、映画『蜜蜂と遠雷』のBlu-ray&DVDの発売が決定いたしました!

レンタル開始日:2020年4月8日(水)
セ ル 発 売 日:2020年4月15日(水) 
発売・販売元 :東宝株式会社

詳細は、こちらからご確認ください。

今年度最高の話題作の原作『蜜蜂と遠雷』(恩田陸・著)は、累計159万部突破! 

恩田睦『蜜蜂と遠雷(上』

近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。楽器店勤務のサラリーマン・高島明石28歳。完璧な技術と音楽性の優勝候補マサル19歳。天才たちによる、競争という名の自らとの闘い。その火蓋が切られた。

恩田睦『蜜蜂と遠雷(下)』

2次予選での課題曲「春と修羅」。この現代 曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの 分かれ道だった。マサルの演奏は素晴らしか った。が、明石は自分の「春と修羅」に自信 を持ち、勝算を感じていた……。12人が残る 3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない 本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進む のは誰か。そして優勝を手にするのは――。

恩田陸 / 皇なつき『蜜蜂と遠雷 (1)』

3年毎に開催される芳ヶ江ピアノコンクール。名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ・アナトール。音大出身だが、今は楽器店勤務のサラリーマンで妻子もおりコンクール年齢制限ギリギリの高島明石。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら母の突然の死去以来、長らくピアノを弾けなかった栄伝亜夜。そして、養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵。彼らを始めとした数多の天才たちの戦い“第1次予選"が始まるーー。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP