1. Home
  2. 読書
  3. チックタック~約束の時計台~
  4. 西野亮廣の世界「光る絵本展」が東京タワー...

チックタック~約束の時計台~

2019.08.06 更新 ツイート

西野亮廣の世界「光る絵本展」が東京タワーにて開催中!にしのあきひろ

絵本作家・にしのあきひろさんの絵本が、「光る絵本展」として各地で開催されています。
今年のゴールデンウィークには、兵庫県川西市の満願寺にて。『チックタック~光る絵本と光る満願寺展~』は、お寺の境内が光と音楽に包まれ、それはそれは美しい、ファンタジックな世界でした。連日、何時間も行列ができるほどの混雑ぶり。

そして、この夏、東京タワーにて開催!(詳細はこちら)
 

にしのあきひろ 光る絵本展 in 東京タワー

●開催期間 2019年8月3日(土)~9月8日(日)
●場 所  東京タワーメインデッキ1階
●主 催  吉本興業株式会社
●協 力  東京タワー/西野亮廣エンタメ研究所
※メインデッキ(150m)入場料金がかかります。
東京タワーへのアクセスはこちら。

西野さんが来場することも!

展示されているのは、西野さんの最新作の絵本『チックタック~約束の時計台~』と、大ベストセラー『えんとつ町のプペル』のすべての絵!


おススメは夜の時間帯。
絵そのものが光っているので、暗い中で見ると、絵の細部が最高の状態で浮き出てくるのです!

いろんな方が撮影をしていましたが、
ガラスに映った光る絵を撮影すると、どうやら「映え」るようです。
外の夜景と、中の「光る絵」が一つになるんですね。

ファンの方の写真。いい感じに撮れてますね!
私もがんばってみました。が…

外国のお客様も大勢来場されています。言葉を超えた圧倒的な美しさをお楽しみください。

この夜景もセットで楽しんでください!

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

チックタック~約束の時計台~

こわれていないのに11時59分で止まっている
ふしぎな時計台がありました――。

にしのあきひろ作品史上、
もっとも残酷で、
もっとも美しい物語。

バックナンバー

にしのあきひろ

1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に39万部突破の『えんとつ町のプペル』や『ほんやのポンチョ』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。小説に『グッド・コマーシャル』。有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」は。会員数が2万3000人を突破し、国内最大となっている。絵本最新作『チックタック~約束の時計台~』では、西野史上最大規模での、光る絵展を開催。山の中のお寺をライトアップして幻想的な世界を作り出す!

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP