1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. ごめんなさいと思うこと

本屋の時間

2019.05.15 更新 ツイート

第61回

ごめんなさいと思うこと辻山良雄

(写真:iStock.com/Tim Allen)

新しい本を仕入れるときは、この人とこの人は買いそうだなと、具体的な顔を思い浮かべながら大体の数を決めることが多い。もちろん本屋はTitleだけではないので、そう思った人が必ずしも買ってくれるとは限らないが、その人を想像して仕入れた本が、思った通りの人に渡っていくことは、ちょっとした快感でもある。

 

 

先日、木皿泉の小説が発売になった。この本面白いですよと、文庫になった『昨夜(ゆうべ)のカレー、明日のパン』を人にすすめたことも多く、書評で採り上げたこともある作家なので、店には当然並べたい本であった。

Titleでは、事前に指定を申し込んだ出版社の本は、発売日に希望の数が入ってくるが、それができない出版社の本は、すべて後追いの注文になる。今回の木皿泉の新刊も発売日に入荷はなく、店に入ってくるのは早くても何日かあとだ。

そんなとき、以前に「昨夜のカレー」も『さざなみのよる』も買って頂いたNさんの姿を、店内で見かけた。あー、いま木皿さんの本ないなと思っていると、彼女は別の本を手にしてレジで会計を済ませ、何も言わずに帰っていった。

それから数日して、新刊の『カゲロボ』が店に届いた。すぐに買うのは数人かと思ったので、とりあえず3冊。Nさんのことも頭によぎり、1冊取っておこうかなと思ったが、特に取り置きを希望されたわけではなく、他の店ですでに購入されているかもしれないので、そのまま3冊店に出した。

出した日に1冊が売れ、その翌日にも1冊売れた。もう1冊しかないよ、Nさん早く来ないかな(在庫があるときに一回でも店に来てくれれば、その人に対する義理は果たしたと納得できる)と思っていると、それから数日後に棚に差した最後の1冊が売れてしまった。

 

Nさんが次に来店したのは、その日の夜のこと。結構長い時間店内の棚を見ていた彼女はレジまでやってきて、「そういえば、木皿泉さんの新刊が出たそうなのですが、いま店にはないでしょうか」と丁寧に尋ねられた。いや本当にごめんなさいと思うのは、こんなときだ。

 

今回のおすすめ本

『かがくのとものもと』かがくのとも編集部 福音館書店

子どものころ、虫捕りや川遊びのあとには、家にあった図鑑や絵本を眺めなおした。そこに描かれていた生きものはいなくとも、その本からは、世界のおおきさが充分に想像できた。
「かがくのとも」50周年記念で、編まれた一冊。改めてみても名作ぞろいだ。

 

〈お知らせ〉


◯2020年1月10日(金)~ 2020年1月28日(火) Title2階ギャラリー

鹿子裕文『ブードゥーラウンジ』刊行記念展
~モンドくんの原画展+本づくりの舞台裏~

福岡・天神の一風変わった実在のライブハウス「ブードゥーラウンジ」と、そこに集う本物の〈はみだし者〉たちが日夜繰り広げた大騒動を描いたノンフィクション『ブードゥーラウンジ』。本書は『へろへろ 雑誌「ヨレヨレ」と宅老所よりあいの人々』(ナナロク社/ちくま文庫)で大反響を呼んだ鹿子裕文さんの待望の新作。会場では『ブードゥーラウンジ』のカバー装画をはじめ、たくさんの挿絵を描いてくれたモンドくん(奥村門土)の原画を展示します。「ブードゥーラウンジ」に関するチラシや資料も多数。

 

◯2020年1月31日(金) 19:30〜 Title 1階特設スペース

 季刊誌kotobaプレゼンツ「21世紀に書かれた百年の名著を読む」第4回
仲俣暁生×倉本さおり「阿部和重『シンセミア』を読む」

仲俣暁生さんの連載「21世紀に書かれた百年の名著を読む」とのTitle連動イベント第4回。今回のゲストは倉本さおりさん。とくに「監視社会」を描いたという意味では現代に対して預言的だったという解釈もできる『シンセミア』を、ともに書評家として活躍されるお二人が語らいます。


◯2020年 02月01日(土) 17:30~ 二子玉川ライズ ガレリア 特設ステージ

まちを変える本屋
田口幹人さん(楽天ブックサービス)×久禮亮太さん(Pebbles Books)×辻山良雄さん(Title)

現在、楽天ブックサービスで地域と本をテーマに活躍されている田口幹人さん、リブロから独立後、小石川で「Pebbles Books」を運営している久禮亮太さん、Title店主・辻山の3人のトークイベント。梅田 蔦屋書店の北村知之さんが聞き手となり、それぞれが考える「まちの本屋」のあり方と、その未来を考える。

 


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売されました

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 


 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP