1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 「おじさん」の不在

本屋の時間

2019.05.01 更新 ツイート

第60回

「おじさん」の不在辻山良雄

(写真:iStock.com/CherruesJD)

昨年末、画家のnakabanさんとの共著『ことばの生まれる景色』を、ナナロク社から出版した。この本の制作には著者である二人のほかにも、担当編集者、デザイナー、校正者、出版社の社長など多くの人が関わったが、ある日、そのなかでも自分が一番年上だということに気がついた。そう思うと、わたしたちの世代だけでも納得のいく本が作れてしまうのだという嬉しさと、急に重石(おもし)がとれたような、軽いとまどいを感じた。

 


わたしがある書店チェーンに入社し、本を売る仕事をはじめたのは1997年4月のこと。既にそのころから、本が売れなくなったと言われてはいたが、周りの雰囲気はまだのんびりとしたもので、最初に配属された100坪ほどの店には、社員が7人もいた。

多くの会社がそうだと思うのだが、昔の会社には「おじさん」が多かった。「おじさん」の多くはむやみに威張り散らし、勤務時間中でも、平気で姿を消した。彼らは何かを教えることはほとんどなく、仕事でめざましい成果をあげることもなかったが、「役員」や「部長」といった肩書で呼ばれる人とは異なり、半ば呆れられながらも警戒心を起こさせない程度には、身近な存在であった。

平成と呼ばれた時代が進むにつれ、「おじさん」たちの顔に浮かんでいた〈笑い〉は、次第に淋しさを帯びるようになったと思う。本が売れなくなり会社の業績が悪化すると、そのしわ寄せはそれまで当たり前に存在した余裕に向けられる。ある者は自発的に、またある者は追われるようにして、会社からは「おじさん」の姿が消えていった。

おじさんがいなくなると、会議の進行を乱すような発言はなくなった一方で、それまで当たりまえに行われてきたことがそうではなくなった。そのころから、売り場の本が乱れ、並べかたもちぐはぐな書店の姿をあちこちで見かけるようになったが、そうした店でも「おじさん」がいなくなったのかもしれない。そしてそのようなちぐはぐさは、自らに余裕がなくなり、他人に対する無関心や冷たさが広がる社会の状況と、時を同じくしていたように思う。

 

先日、古い知人が店に遊びに来た。彼は事務用機器を扱う会社で営業部長になったと話したが、失礼ながら昔はとてもそんな偉くなるような人物には見えず、どちらかといえば「おじさん」に近いところがある男だった。彼自身もどこか戸惑っているようで、その日の会話も昔そうであったように、ぼんやりと頼りないものに終わってしまった。

これからの社会は人間味のあるものであってほしい。彼やわたしを安心させていた、「おじさん」はもういないのだ。

 

今回のおすすめ本

『庭とエスキース』奥山淳志 みすず書房

ある日著者の奥山さんは、北海道の開拓時代を知り自給自足の生活を続けている「弁造さん」と出会い、その発言・振る舞いに魅せられていく。美しい北の四季の光景、芸術にしか満たせない心、端正でやさしい写文集。

 

 

〈お知らせ〉


◯2020年1月10日(金)~ 2020年1月28日(火) Title2階ギャラリー

鹿子裕文『ブードゥーラウンジ』刊行記念展
~モンドくんの原画展+本づくりの舞台裏~

福岡・天神の一風変わった実在のライブハウス「ブードゥーラウンジ」と、そこに集う本物の〈はみだし者〉たちが日夜繰り広げた大騒動を描いたノンフィクション『ブードゥーラウンジ』。本書は『へろへろ 雑誌「ヨレヨレ」と宅老所よりあいの人々』(ナナロク社/ちくま文庫)で大反響を呼んだ鹿子裕文さんの待望の新作。会場では『ブードゥーラウンジ』のカバー装画をはじめ、たくさんの挿絵を描いてくれたモンドくん(奥村門土)の原画を展示します。「ブードゥーラウンジ」に関するチラシや資料も多数。

 

◯2020年1月31日(金) 19:30〜 Title 1階特設スペース

 季刊誌kotobaプレゼンツ「21世紀に書かれた百年の名著を読む」第4回
仲俣暁生×倉本さおり「阿部和重『シンセミア』を読む」

仲俣暁生さんの連載「21世紀に書かれた百年の名著を読む」とのTitle連動イベント第4回。今回のゲストは倉本さおりさん。とくに「監視社会」を描いたという意味では現代に対して預言的だったという解釈もできる『シンセミア』を、ともに書評家として活躍されるお二人が語らいます。


◯2020年 02月01日(土) 17:30~ 二子玉川ライズ ガレリア 特設ステージ

まちを変える本屋
田口幹人さん(楽天ブックサービス)×久禮亮太さん(Pebbles Books)×辻山良雄さん(Title)

現在、楽天ブックサービスで地域と本をテーマに活躍されている田口幹人さん、リブロから独立後、小石川で「Pebbles Books」を運営している久禮亮太さん、Title店主・辻山の3人のトークイベント。梅田 蔦屋書店の北村知之さんが聞き手となり、それぞれが考える「まちの本屋」のあり方と、その未来を考える。

 


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売されました

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 


 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP