1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 本屋を作った「はたらき」

本屋の時間

2019.04.15 更新

第59回

本屋を作った「はたらき」辻山良雄

(写真:iStock.com/Oinegue)

辻山さんは、どうして自分で本屋を開こうと思ったのですか、という質問をよく受ける。病気の母親のそばにいるうちに、生きかたを変えようと思ったのですと話すと、その話は大概そこで終わってしまう(想定していた答えと違ったのかもしれない)。

ほかにもいくつか理由はあるのだが、いま振り返っても、その無為な時間こそが、わたしに会社を辞めさせ、自らの店を開かせる原動力になったことは間違いない。

 

批評家の若松英輔さんは、女性哲学者であるハンナ・アレントの、「労働」と「仕事」という言葉の使い分けに着目している。労働すなわち英語のlaborには、「陣痛」あるいは「分娩」という意味もあり、生命活動と深く結びつく営みだという(『考える教室 大人のための哲学入門』NHK出版)。お金を稼ぐ手段を示す、仕事(work)という言葉とは異なり、労働には「人間の根源的な尊厳のようなもの」という意味が含まれる。若松さんによれば、たとえ仕事はしていない状態でも、生きるという労働は、激しく行っていることがありえるというのである。

 

 

母の胃癌がわかり、家の近くの総合病院に入院するようになったとき、当時勤めていた会社に話し、実家のある神戸に定期的に通うようになった。看病といっても、専門的な多くのことは、看護師さんがやってくれる。その時間のほとんどをベッドの横で過ごし、母が話したくなれば相手をすることが、わたしに与えられた役割だった。

ベッドの横では、時間は捕まえられそうなくらいゆっくりと流れ、東京で仕事をしている時とは、まったく別の表情を見せた。母親はこうした時間を生きていたのかと思うと、忙しいことがひそかな誇りであった東京での生活が、次第に遠ざかっていくように感じられた。それがすべてだと思っていたことは、決してそうではなかった。

そのように東京と神戸を往復するうちに、自分の価値観はゆらぎはじめ、ある考えが次第に心のなかを占めるようになった。本を売ることには変わりはないが、もっと生活に密着した、違う生きかたをしてみたいと思うようになったのである。

 

半年の入院生活を経て、母は亡くなった。会社を一週間休み、葬儀その他をすませたあと勤めていた店に戻り、会社を辞めたいと思っている旨を上司に伝えた。

病気がわかってからというもの、母はベッドに寝ていただけかもしれないが、確かに「労働」していたのだろう。母はわたしの店を見ることもなく逝ってしまったが、それ以外の可能性はなかったように思う。

 

今回のおすすめ本

『詩集 見えない涙』若松英輔 亜紀書房

書くことは、自分を知ることだ。詩のこころをほんとうに生きるならば、自分の手を動かして〈書く〉必要がある。自らを生かすために書かれた、第一詩集。

〈お知らせ〉

◯2019年6月24日(月)19時30分〜 Title1階特設スペース

季刊誌kotobaプレゼンツ「21世紀に書かれた百年の名著を読む」第2回
仲俣暁生×森達也「ウンベルト・エーコ『プラハの墓地』を読む」

仲俣暁生氏の書評連載「21世紀に書かれた百年の名著を読む」で紹介された本を、ゲストとともにさらに深く語り合う企画。今回は、映画監督・作家として活躍する森達也氏を迎え、『プラハの墓地』を読み解く。


◯2019年6月28日(金)~ 2019年7月9日(火)Title2階ギャラリー

銭湯図解ができるまで
――塩谷歩波個展

銭湯番頭兼イラストレーターの塩谷歩波が、建築図法を用いて銭湯内部を緻密に描いた話題の書籍『銭湯図解』(中央公論新社)から、その原画や下書きなどを展示。


◯2019年7月5日(金) 19時30分~ Title1階特設スペース

ハラスメントレスな会社は元気がいい
白河桃子×小島慶子トークイベント

白川桃子さん『ハラスメントの境界線』(中公新書ラクレ)、小島慶子さん『さよなら! ハラスメント』(晶文社)の2冊の本の刊行記念トークイベント。

 

◯全国書店さんを好評巡回中!
『ことばの生まれる景色』原画展と関連トーク開催【名古屋】

【名古屋】ON READING
会期:6/5(水)~6/24(月) 
※nakaban氏×黒田杏子さん(ON READING)×辻山のトークライブは6/5(水) 18:30~

 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!!

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP