1. Home
  2. 読書
  3. チックタック~約束の時計台~
  4. にしのあきひろの世界~平成から令和へと変...

チックタック~約束の時計台~

2019.04.27 更新 ツイート

にしのあきひろの世界~平成から令和へと変わるGWに、”山の中で光るお寺”で”光る絵”を観たい。にしのあきひろ

『えんとつ町のプペル』が大ヒットした絵本作家・にしのあきひろの最新作『チックタック ~約束の時計台~』

完全分業制という独特のスタイルで作る絵本は、にしのあきひろの豊かなイマジネーションを描き出すべく、フランスやポーランド、イギリス、日本と、世界中からプロフェッショナルなクリエイターたちを起用して生まれました。

これまで以上に緻密で繊細、細部まで描き込んだビジュアル!

そしてなにより、「にしの作品史上、もっとも残酷でもっとも美しい物語」。涙する人が続出です。

そしていよいよ、
西野さんのブログにもあるように、西野史上最大の個展『チックタック ~光る絵本と光る満願寺展~』が4月28日より開催です。

チックタック ~光る絵本と光る満願寺展~

4月28日(日)~5月12日(日)

会場:満願寺(兵庫県川西市満願寺町7-1)

1部 12:00~17:00(完全退出17:30)入場無料

2部 18:00~21:00(完全退出21:30)大人500円 小学生以下無料

※満願寺版カバーのついた『チックタック~約束の時計台~』が、会場限定で発売されています。

満願寺バージョンカバー

 

 

 

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

チックタック~約束の時計台~

こわれていないのに11時59分で止まっている
ふしぎな時計台がありました――。

にしのあきひろ作品史上、
もっとも残酷で、
もっとも美しい物語。

バックナンバー

にしのあきひろ

1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に39万部突破の『えんとつ町のプペル』や『ほんやのポンチョ』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。小説に『グッド・コマーシャル』。有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」は。会員数が2万3000人を突破し、国内最大となっている。絵本最新作『チックタック~約束の時計台~』では、西野史上最大規模での、光る絵展を開催。山の中のお寺をライトアップして幻想的な世界を作り出す!

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP