1. Home
  2. 社会・教養
  3. 改憲ってほんとにするの?
  4. 憲法の定義すらできていない改憲論。議論の...

改憲ってほんとにするの?

2019.01.29 更新 ツイート

<ゴタゴタの背景>

憲法の定義すらできていない改憲論。議論の土俵に上がる意味なし石戸諭

28日(月)から始まった通常国会。昨年は、憲法審査会で一度も議論できずに終わりましたが、そもそも話し合いの場を開くことすら、なぜこんなにごたついているのでしょうか。漠とした不安ばかりが募る中、私たちが注視しておくポイントは。

理想論にすり替えられた議論

衆院本会議で立憲民主党の枝野代表(手前)の
代表質問を聞く安倍首相。写真提供:共同通信社

小松左京の名作SF『日本アパッチ族』にこんな一文がある。

「(憲法)改正が決まると、第九条だけでなく、烏を鷺と言いくるめて、ついでのカマに、旧憲法の基本的人権を、新憲法においては秩序の名のもとに大幅に制限した。新しい時代なのだーーとエライさんは言った」

「旧憲法の『権利』という言葉の80%が『義務』とかわったおかげで、失業は刑法上の罪となった」

久しぶりに、読み返したのは「週刊文春」の名物コラム「時々砲弾」で、評論家の宮崎哲弥さんが改憲について論じていたからだ。

要約するとこうなる。

「国の理想を語るのが憲法」という見解を繰り返す安倍晋三首相に対し、立憲民主党の枝野幸男代表が「憲法とは主権者が政治権力を制限するルールである。定義について特異な認識を前提にしていては議論ができるはずがない」と反論した。

読売新聞は安倍氏の見解を批判することなく、枝野氏の姿勢を批判した。

さて、どちらの主張に分があるか? 改憲論争を仕掛ける首相・読売新聞か、はたまた議論を逃げていると批判されかねない枝野氏か。

宮崎さんは「近代憲法の原則から大きく外れた改憲議論の土俵に軽々しく乗るわけにはいかない」と枝野氏の主張を全面的に擁護している。そして「憲法は主権者たる国民によって発された、政府、公務員を名宛人とする命令の集成」であり、「原則として、国民が『憲法を遵守』することはあり得ない」ことを、「宰相や大新聞すらよくわかっていない」と鋭く批判した。   

全面的に支持である。僕も宮崎さんと同じように改憲問題に限ってはーー経済問題とか参院選の候補者については反対したいことも多いーー枝野氏に分があると考えている。

改憲を「自分が考えるこの国の理想が書き込み足りないから改憲をしたい」という理想論にすり替えた議論は極めて危険なのに、議論の土俵に上がらない野党を批判するというのは完全に筋違いだろう。

さて。ここまでの話は大前提である。本題は拙速に改憲を目指す現政権に決定的に欠けているのは何か。それは異論から学ぶ議論という姿勢だ。彼らは選挙に勝ったのだから、すべては勝ったものが決めていいという考えで、野党や異論を持っている人たちに「勝ちたい」という発想で突き進んでいるように思える。

だが、それだけでいいのか。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

改憲ってほんとにするの?

世論調査をみても、経済政策や社会保障といった話題に比べると国民の関心が低い「憲法改正」。なのに新聞では連日とりあげられ、改憲が当然の空気も醸し出されている。改憲前に知っておきたい話のあれこれ。

 

 

バックナンバー

石戸諭

1984年、東京都生まれ。ノンフィクションライター。大学卒業後、2006年に毎日新聞入社。岡山支局、大阪社会部、東京デジタル報道センター。その後、BuzzFeed Japanを経て、独立。著書に『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP