1. Home
  2. お知らせ
  3. 編集部日記
  4. 「愛」だけじゃ足りない。「愛情」じゃなき...

編集部日記

2018.05.11 更新 ツイート

「愛」だけじゃ足りない。「愛情」じゃなきゃ幻冬舎plus編集部

5月7日
GW中に蕁麻疹みたいな症状に襲われ、皮膚科へ駆け込む。
抗ヒスタミン剤の眠気のなか新書の会議。
企画3つを提案。2つは再考。
7月前半の小説の初校ゲラが出てくる。
6月文庫のカバー再色校も出てくる。

5月8日
午後、渋谷のバーボッサ林伸次さんへゲラを届け、SPBS内に事務所のあるデザイナー小島さんへ文庫カバーの色校を届け、さらに、cakes加藤さんにゲラを届ける。渋谷のある一角をぐるりと周るだけで届けものの用事が済むなんて! 奇跡的。

タワレコ渋谷の前野健太さん「サクラ」コーナー

そのあと、青山ブックセンター本店へ。19時から窪美澄さんの『じっと手を見る』刊行記念イベント「帰る場所、好きな人、誰かと生きること」。ゲストは、4月25日に新譜「サクラ」を出したばかりの前野健太さん。私は司会。
「小説を書くときは正直でありたい」という窪さん。「ラブソングの中には、いつも時代が入り込むのがおもしろい」という前野さん。語り合う言葉が深いところで響きあってる感じだった。
前野さんは、『じっと手を見る』のプルーフにたくさんの付箋と書きこみをしてくださっていて、最後は、印象深いフレーズを読み上げ、そこから思いつく自分の曲を歌ってくださる。「生きている私」「愛は勃起」「防波堤」「人生って」。
打ち上げのとき、「愛と愛情」の違いについてイベントで話題にし忘れたことを思い出す。「情はブルース。海と空と同じ青」と最初に『じっと手を見る』を読んでそんなフレーズをくれた前野さんは、さらに、「愛だけじゃだめで、情が入る愛情じゃなきゃ」とも言っていたのだ。

5月9日
昨日のイベントの録音を聞く。私の司会は、完全に窪さんと前野さんのトーク力、人間力に助けられてるな。来週末は幻冬舎大学セミナーでエリカ・アンギャルさんのお話相手になる予定。話がうまくなりたいなぁと思いながら、ほそぼそと机仕事。

5月10日
朝plusの会議。
19日のエリカさんのイベント「ラブダイエット 心と体を満たしてうるおう女性になる方法」の構成を考える(あと少しお席あるのでぜひいらしてください!)。
平林亮子さん矢吹透さんマヒトゥ・ザ・ピーポーさんよりそれぞれ連載原稿が届く。

5月11日
午後の打ち合わせがひとつなくなり、新書のリライトをずっと。早く入稿したい。
前の席に座る有馬から、昨日、今年いちばんの映画だと熱烈に「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」の話を聞いたのだけど、今日は、やっぱり「タクシー運転手」がすごい! 今年ナンバー1だとさらに熱い話を聞く。有馬の推薦映画に追い付けない。
私がGWに見た映画は「君の名前で僕を呼んで」と、真夜中のシネマ倶楽部で見た「網走番外地」。

幻冬舎plus 竹村優子

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP