1. Home
  2. 暮らし術
  3. 世界一簡単なフランス語の本
  4. 鉛筆は男性、テーブルは女性。フランス語の...

世界一簡単なフランス語の本

2019.06.12 更新 ツイート

鉛筆は男性、テーブルは女性。フランス語の性と冠詞の関係【リバイバル掲載】中条省平

「ひとりのパリの女」は「ユヌ・パリズィエヌ」
──不定冠詞単数

 まあ、ここまでで、とりあえず理屈はおくことにしましょう。

 まずは、不定冠詞の単数から始めます。

 なんでもいいから1個のものを指示する不定冠詞ですが、フランス語には男性名詞と女性名詞がありますので、この順に従って、

 un (アン)

 une (ユヌ)

 不定冠詞の単数には男性形の un (アン)と女性形の une (ユヌ)があるわけです。

 

 un の発音は第1章でやりましたよね。この綴りは鼻母音で「アン」と発音します。

 また、une の場合は、母音(u、e)ごとに音節が作られるので、u-ne と音節が分かれて発音されることになります。u は「ユ」、ne の語尾の e は発音されないので、「ネ」ではなく「ヌ」。あわせて「ユヌ」となります。

 un は鼻から音を抜く鼻母音の「アン」ですが、une はあくまでも「ユ」と「ヌ」で、「ユンヌ」と鼻にかかることはありません。

(写真:iStock.com/encrier)


 この点で、日本語になったフランス語のカナ表記にはしばしば間違いがあるので、注意が必要です。例えば、パリに暮らす男性と女性を表す「パリジャン」「パリジェンヌ」という言葉です。

 これらのカナ表記のもとのフランス語は parisien および parisienne と書きます。

 都市名のParisから parisien という形容詞(「パリの」)ができ、その形容詞の男性形 parisien が「パリの男」という意味の名詞、女性形の parisienneが「パリの女」という名詞になったのです。前者が男性名詞、後者が女性名詞であることはいうまでもないでしょう。

 

 この両者に共通する発音の特徴として、母音に挟まれた s は「ズ」と濁るという原則がありましたね。そこで「パリシャン」ではなく、「パリジャン」となるのですが、ien という綴りは1つの鼻母音になって「ィヤン」と発音されます。例えば、フランス語で very good を意味する très bien は日本語でも「トレビヤン」というカナ書きで知られていますよね。

 で、parisien の場合ですが、濁る s は、j ではなく z の音になるので、より正確には「パリズィヤン」ということになります。

 

 一方、parisienne の sienne は、母音を基本単位とする音節の区切りによって si-en-ne と分かれ、ien という鼻母音は消えてしまいます。そして、en の e は音節の切れ目にないので「エ」と発音されます。また、重なっている子音(n)は1文字扱いになり、語尾の e は発音されないので、neは「ヌ」。つまり、si-en-neの発音は「ズィエヌ」となります。そういうわけで、全体としては、「パリズィエヌ」という発音になるわけです。日本語の「パリジェンヌ」のように鼻にかかることはありません。

 

 というわけで、une の発音は、「ユンヌ」ではなく、「ユヌ」なのです。

 かくして、男性名詞と不定冠詞の単数形の組みあわせと、女性名詞と不定冠詞の単数形の組みあわせが分かるようになりました。語順は、冠詞+名詞の順になります。

 un crayon (アン・クレヨン)

 une table (ユヌ・タブル)

 最初に、homme(男)と femme(女)、père(父)と mère(母)という名詞をやりましたが、これらに不定冠詞の単数形を付けると、un homme、une femme、un père、une mère ということになります。

 

 発音は、un homme 以外は、これまで学んだとおり、「ユヌ・ファム」「アン・ペル」「ユヌ・メル」となります。

 しかし、un homme だけは「アン・オム」ではなく、「アン・ノム」となります。 un(アン)は本来、1個の鼻母音なので、語尾で nの音が発音されているわけではないのですが、綴りには n の字が出ています。そのため、この綴りのn が、次に出てくる母音(「オム」の「オ」)とくっついて「ノム」と発音されてしまうのです。

 このように、綴りに出ている子音が、本来は発音されないはずなのに、あとの母音とくっついて発音されてしまう場合を「リエゾン」といいます。「リエゾン」は「連係」という意味で、発音されないはずの子音があとの母音と「連係」して発音されてしまうことをいいます。

 un homme が「アン・ノム」と発音されるのは、リエゾンが起こっているのです。リエゾンについては、また出てきたときに説明しますね。

*   *   *

「コム・デ・ギャルソン」の「デ」や、喫茶店の名前によくつく「ル」「ラ」はどの冠詞? 冠詞についてさらに詳しく知りたい方は幻冬舎新書『世界一簡単なフランス語の本』をご覧ください。

イベント情報

【6/20(木)】好評につき今年も開講!中条省平さんによる 世界一簡単なフランス語講座

あこがれのフランス語があなたのものに!

ベストセラー【幻冬舎新書 世界一簡単なフランス語の本】を今年もライブでお届けします。
受講しただけで、カミュの『異邦人』が読めるように!

「いつかは学びたい」「大学の第2外国語でやったけれどダメだった。機会があればもう一度」と思いながら、「むずかしそう」と尻込みしていた人、やる気はあるけど勉強の仕方がわからない人、中条省平さんが一気に解決します。

関連キーワード

関連書籍

中条省平『世界一簡単なフランス語の本 すぐに読める、読めれば話せる、話せば解る!』

この1冊なら挫折しない。憧れのフラ語が、ついにあなたのものに! 外国人かつ初心者なのだから完璧なんか目指さない。すると、すらすら読める。おおよそが頭に入る。歴史的入門書の誕生!

{ この記事をシェアする }

世界一簡単なフランス語の本

フランス語の教師をはじめて約30年の中条省平さん。フランス語に挫折してしまったあなたのために、「フランス語の大体が頭に入り、フランス語を恐れる気持ちが消える」ことを目指して書かれた『世界一簡単なフランス語の本』から、フランス語のはじめの一歩をご紹介します。

バックナンバー

中条省平

1954年神奈川県生まれ。学習院大学フランス語圏文化学科教授。東大大学院博士課程修了。パリ大学文学博士。著書『中条省平は二度死ぬ!』『文章読本』など。翻訳書最新刊はロブ=グリエ『消しゴム』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP