1. Home
  2. 暮らし術
  3. 世界一簡単なフランス語の本
  4. 鉛筆は男性、テーブルは女性。フランス語の...

世界一簡単なフランス語の本

2019.06.12 更新

鉛筆は男性、テーブルは女性。フランス語の性と冠詞の関係【リバイバル掲載】中条省平

初心者で、そもそも外国人なんだから名詞の男性・女性は間違えてもいい!?

 それでは、次の例です。最初の単語が男性名詞で、2つ目の単語が女性名詞です。

 crayon (クレヨン)

 table (タブル)

「クレヨン」は完全に日本語になったフランス語ですが、ここでまた、発音の説明が必要になりました。y をどう発音するかです。y は基本的に i と同じに発音します。例えば、stylo は「スティロ」と発音します。意味は「万年筆」です。

 

 しかし、問題は、crayon のようにy が母音で挟まれている場合です。ちなみに、「クレヨン」は日本語とフランス語では、意味がずれてしまっています。日本語のクレヨンは色とりどりのお絵かきの道具ですが、フランス語の crayon はたんなる「鉛筆」のことです。

(写真:iStock.com/juhide)


 それで、鉛筆の crayon ですが、この単語の y は a という母音とo という母音に挟まれています。こういう場合、y は i が2つ連続するものと見なしてください。

 そうすると、crayon が crai + ion となって、2つの音節に分かれます。ai は発音の規則で「エ」となるので crai は「クレ」、ion は母音同士がくっついて、「イォン」から「ヨン」という音になります。それで全体が「クレヨン」となるわけです。ちょっと面倒かもしれませんが、また母音に挟まれた y が出てきたら説明しますね。

 

 さて、crayon (クレヨン) は「鉛筆」で、table (タブル) は英語と同じ「テーブル」です。これらの名詞は、さっきやった homme(男) と femme(女)、あるいは père(父) と mère (母)のような性別とはなんの関係もありません。しかし、フランス語では、crayon は男性名詞、table は女性名詞と決まっています。そして、この区別は、原則としてすべての名詞に付いてまわります。

 すこしフランス語を学んでいくと、この名詞は男性っぽいとか、こちらのほうは女性っぽいとかいう区別が感じられるような気がしてきますが、それは錯覚です。ともかく、すべての名詞が、男性か、女性か、どちらかに属するので、正しいフランス語を習得するためには、その名詞が男性名詞か女性名詞か分かっていなければなりません。

 

 しかし、私たちは外国人で、しかも、この本の読者は初心者です。ひとつの名詞が男性であるか女性であるか間違えたとしても、まったく問題はありません。逆にいえば、かならず、50%という高い確率で当たるのですから、忘れてしまってもどちらかで処理しておいて、あとでまた正しい性別を調べて憶えなおせばいいのです。ともかく、フランス語の名詞は基本的に、男性名詞か女性名詞かのどちらかになります。

 なぜ男性名詞と女性名詞の区別を知る必要があるかというと、名詞にはほぼ必ず冠詞が付くのですが、男性名詞と女性名詞ではそれに付く冠詞が異なるからです。

イベント情報

【6/20(木)】好評につき今年も開講!中条省平さんによる 世界一簡単なフランス語講座

あこがれのフランス語があなたのものに!

ベストセラー【幻冬舎新書 世界一簡単なフランス語の本】を今年もライブでお届けします。
受講しただけで、カミュの『異邦人』が読めるように!

「いつかは学びたい」「大学の第2外国語でやったけれどダメだった。機会があればもう一度」と思いながら、「むずかしそう」と尻込みしていた人、やる気はあるけど勉強の仕方がわからない人、中条省平さんが一気に解決します。

関連キーワード

関連書籍

中条省平『世界一簡単なフランス語の本 すぐに読める、読めれば話せる、話せば解る!』

この1冊なら挫折しない。憧れのフラ語が、ついにあなたのものに! 外国人かつ初心者なのだから完璧なんか目指さない。すると、すらすら読める。おおよそが頭に入る。歴史的入門書の誕生!

{ この記事をシェアする }

世界一簡単なフランス語の本

フランス語の教師をはじめて約30年の中条省平さん。フランス語に挫折してしまったあなたのために、「フランス語の大体が頭に入り、フランス語を恐れる気持ちが消える」ことを目指して書かれた『世界一簡単なフランス語の本』から、フランス語のはじめの一歩をご紹介します。

バックナンバー

中条省平

1954年神奈川県生まれ。学習院大学フランス語圏文化学科教授。東大大学院博士課程修了。パリ大学文学博士。著書『中条省平は二度死ぬ!』『文章読本』など。翻訳書最新刊はロブ=グリエ『消しゴム』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP