1. Home
  2. 社会・教養
  3. 東芝の悲劇
  4. 東芝崩壊の戦犯たち――西田厚聰VS.佐々...

東芝の悲劇

2017.11.02 更新 ツイート

東芝崩壊の戦犯たち――西田厚聰VS.佐々木則夫、子供の喧嘩大鹿靖明

東芝本社ビル

 3・11後も強気一辺倒で原子力ビジネスにひた走った佐々木則夫社長。西田厚聰社長時代に始まったバイセル取引を使ったパソコン部門の粉飾は、彼の時代にさらに拡大します。
 そして佐々木氏と、彼を社長に引き上げた会長・西田氏の関係が悪化。両者の対立はメディアでも報じられ、業界外まで広く知られる事態に陥ります。
 ジャーナリストの大鹿靖明さんは、その様子を著書『東芝の悲劇』で「子供の喧嘩」と評しています。

 * * *

〝暴君〞が支配する東芝において、もはや、まともな経営改革は一顧だにされなくなった。2012年9月以降のパソコン部門は四半期決算期末の利益が売上高を上回る異常な事態に陥っていた。利益が売上高より多いというのは通常ありえないことである。

 西田の側近だっあた能仲久嗣は、あくまでも彼の言い分だが、「少なくとも私がパソコン部門を見ていた08年度まではバイセル取引を使った不正会計はなかった。全部そのあとですよ」と、佐々木時代に急拡大したことを示唆する(*1)。

 佐々木がバイセルの解消はもとより、減損や償却など利益を圧縮することを極端に嫌ったのは、会長の西田との関係が悪化するなか、自身のよりどころを「利益」に求めたからだと思われる。佐々木は財務部の社員にひそかに歴代社長の売上高や利益のランキング表をつくらせ、どの社長が歴代何位なのかわかるよう順位づけた通信簿のようなものを作成した。それによると、岩田弐夫以来の歴代9人の社長の中で、佐々木は営業利益1位、純利益1位、そして税引き前利益と売上高は2位だった。

 このランキング表を持参して東芝のドンの西室泰三の部屋を訪れ、佐々木は自分がいかに優れた経営者であるかをアピールしたらしかった。歴代社長ランキング表の中で、西室は営業利益8位、純利益6位、税引き前利益7位と思わしくない成績が記されており、佐々木の自慢話をどんな気持ちで聞いただろう。

「こんなのをもらって、西室さんもびっくりしたでしょうね」と西田は振り返る。「佐々木は、西室さんの前で『私が東芝で利益を一番出しました』と言いたかったのでしょうね。あの表を優秀ぶりを示す尺度だと思っているのですよ(*2)」

 佐々木の「一番になりたい」という思いが、東芝の粉飾を拡大させ、減損・償却・引当金計上の回避という悪習を持ち込むことにつながった。

*1 能仲久嗣への取材。2016年3月4日。
*2 久保誠へのインタビュー(2017年7月1日)と西田厚聰への電話取材(2017年6月26日)。

⇒次ページに続く

関連キーワード

関連書籍

{ この記事をシェアする }

東芝の悲劇

全サラリーマン必読! 日本を代表する名門企業・東芝崩壊の真相はこの一冊ですべて分かる。第一級の調査報道にして衝撃のヒューマンドキュメント。

バックナンバー

大鹿靖明

1965年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。ジャーナリスト。著書に『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』(朝日新聞社)、『ヒルズ黙示録・最終章』(朝日新書)、『墜ちた翼 ドキュメントJAL倒産』(朝日新聞出版社)、『ジャーナリズムの現場から』(講談社現代新書)。『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』(講談社)で第34回講談社ノンフィクション賞を受賞。築地の新聞社に勤務。2017年、労組委員長に立候補し、落選。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP