1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 本を読むことをしなくなるイベントってなん...

本屋の時間

2017.09.15 更新 ツイート

第20回

本を読むことをしなくなるイベントってなんだ?辻山良雄

あなたの悩み、文学作品で解消します~『文学効能事典 あなたの悩みに効く小説』刊行記念 金原瑞人さんトークイベントより~ 写真提供:フィルムアート社

 Titleでは店の本棚を動かして(車輪がついています)スペースを作り、本の著者をお招きしてのトークイベントを頻繁に行っています。Titleに限らず、こうしたトークイベントを行う書店は増えてきており、東京ならば毎日幾つかの店でイベントが開かれています。著者が実際に目の前で話すことは、その本の理解につながるとともに、更なる本への好奇心を育てることにも繋がります。

 先日行ったイベントのあと、参加のお客さまと話している時にはっとする言葉と出会いました。その時その人は「……反対にわかった気になり、本を読むことをしなくなるイベントもあります」と話されました。確かに身に覚えのあるようなことではありますが、「本を読むことをしなくなるイベント」ってどういうことでしょうか?

 イベントを数多く行っていると、その終了後に本が飛ぶように売れるときと、まったく売れないときがあることを経験します。話を聞いたあとにお客さまが本を買うということは、その心に積極的な火がついたということです。話す人がお客さまの心に直接語りかけ、「もっと知りたい」という気持ちにさせたとき、本は売れます。

本1冊とペン1本で出きること。~『悲しみの秘義』刊行記念 若松英輔さんトークイベントより~ 写真提供:ナナロク社

 反対に有名人同士の対談でも、本が売れないときもあります。当人たちは楽しんで話しており、その話も聞いていて面白いのですが、何となく「興行感」が漂っている場合です。そうした時は、テレビを見ている時と同じで、ショーとしては面白いのですが、それが終わったあとに引きずるものがなく、自発的に本を読もうという気になりません(内輪感のするイベントでも、同様のことが起こります)。その話が深く自分のことになっていないとき、人は本を読み、それ以上のものを求めることはしません。

 本を買って読むことは、ただSNSやテレビを見ていることよりも、積極性が必要です。読者の積極性を引きずり出すには、話す人や会場の雰囲気に、どこか真摯さがないと伝わらないのかもしれません。

 

今回のおすすめ本

『それでもそれでもそれでも』著者:齋藤陽道 版元:ナナロク社

 Titleの写真を撮ってくれた齋藤陽道。齋藤さんと会うと、その後ろに大きな「自然」を感じるときがあります。齋藤さんの見ているものは、本当はみんなに見えているのだけれど、なぜか見えなくなってしまったもののようにも思えます。
 ひたむきな文章が心にしみわたる、写真と文章の本。

<お知らせ>

◯2020年2月11日(火)~ 2020年2月27日(木) Title 2階ギャラリー

 詩人・山尾三省展~詩集・原稿・写真、そして画家nakabanの装画
 山尾三省詩集『新版 びろう葉帽子の下で』(野草社)刊行記念

 日常の中で非日常的な時をつづった詩人・山尾三省。彼の詩集新版刊行を記念し、過去の全著作、直筆原稿、アメリカの詩人ゲーリー・スナイダー氏との対談時に高野建三氏が撮影した写真、詩集『新版 びろう葉帽子の下で』の装画担当nakaban氏の作品原画などを展示。

ⓒKenzo Takano


◯2020年2月21日(金)19:30~ Title 1階特設スペース

 坊さん、本屋で語る。
『坊さん、ぼーっとする。~娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり~』(ミシマ社)刊行記念 白川密成さんトークイベント

愛媛県・栄福寺住職の白川密成さんのお話を聞く。本書の題名にもなっている「ぼーっと待つ勇気」や「見る」「ほっとく」「子ども」といったテーマを中心に、ミッセイさんが日常の中で考え、感じている仏教の智慧をやさしくポップに語る。
 

◯2020年3月9日(月)19:30~ Title 1階特設スペース

『大きな屋根 建てる──釜石市民ホールTETTO 2013-2019』刊行記念 写真家と建築家、編集者のトーク
奥山淳志×ヨコミゾマコト×富井雄太郎

 9年前の東日本震災で使用できなくなった岩手県釜石市の市民文化会館に代わる新しい市民ホール「釜石市民ホールTETTO」の6年の建設過程を記録した写真集が完成。その工事の始まりから終わりまで、そして完成の瞬間やその後の日常、釜石の風景、人々の表情を捉えた写真家・奥山淳志氏と、設計のヨコミゾマコト氏、書籍編集の富井雄太郎氏の雄大なトーク。

 


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売、たちまち重版!!

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 


 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP