1. Home
  2. 読書
  3. 貘の耳たぶ
  4. 新生児を取り替えたのは実の母親だった。「...

貘の耳たぶ

2017.04.25 更新 ツイート

最注目の気鋭作家、渾身の書き下ろし『貘の耳たぶ』刊行記念特集 その3

新生児を取り替えたのは実の母親だった。「何が正しくて何が間違っているのか、裁きたくない」全国の書店員さんから感想続々!芦沢央

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

貘の耳たぶ

バックナンバー

芦沢央

1984年東京生まれ。千葉大学文学部卒業。2012年「罪の余白」で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。他の著書に『悪いものが、来ませんように』『今だけのあの子』『いつかの人質』『許されようとは思いません』『雨利終活写真館』がある。「許されようとは思いません」で第68回日本推理作家協会賞(短篇部門)、同作を収録した『許されようとは思いません』で第38回吉川英治文学新人賞の候補に。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP