1. Home
  2. 読書
  3. マンガ停留所
  4. 革命のエチカ−−−日本マンガ史に残る鮮烈...

マンガ停留所

2016.04.06 更新 ツイート

革命のエチカ−−−日本マンガ史に残る鮮烈なメモワール
竹宮惠子『少年の名はジルベール』中条省平

人間はいかに生きていくべきか

 マンガ愛読者にとって必読必携の1冊が出ました。竹宮惠子の自伝『少年の名はジルベール』(小学館)です。

 いま日本ではマンガと小説を問わず、BL(ボーイズ・ラブ=少年愛)が大きなジャンルを形づくっていますが、極言すれば、BLという大河の源は、このジルベール少年を主人公とする『風と木の詩』にあります。

 本書は、竹宮惠子という偉大なマンガ家の人生を語る自伝ではありますが、その大部分は『風と木の詩』がいかにして描かれたかというプロセスを記しています。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

関連書籍

{ この記事をシェアする }

マンガ停留所

バックナンバー

中条省平

1954年神奈川県生まれ。学習院大学フランス語圏文化学科教授。東大大学院博士課程修了。パリ大学文学博士。著書『中条省平は二度死ぬ!』『文章読本』など。翻訳書最新刊はロブ=グリエ『消しゴム』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP