1. Home
  2. 生き方
  3. 「日本一有名なニート」と「クマムシ博士」の、ニッチ的生き方のすすめ
  4. 【人生がつらくなったら生物に学ぶ】クマム...

「日本一有名なニート」と「クマムシ博士」の、ニッチ的生き方のすすめ

2020.02.20 更新 ツイート

【人生がつらくなったら生物に学ぶ】クマムシ的寛容生存戦力が不寛容なネット社会を生きやすくする【再掲】堀川大樹/pha

「ストレスに耐えるコツ、それは鈍感になることさ」

堀川 僕が作ったクマムシキャラクターのキャッチは「ストレスに耐えるコツ、それは鈍感になることさ」なんです。僕もそのあたりを見習って生きてるんですけどね(笑)。

pha  クマムシぐらい鈍感になれたらいいな(笑)。  

本物の虫のほうのクマムシ

堀川 彼らは厳しい環境にあると、本当に仮死状態になって、すべての生命活動をストップするんです。体の中から水がなくなると、代謝が起きなくなります。ということは、神経細胞も動いていませんから、本当に何も感じない状態になってる。いじめられても、ものすごい圧力をかけられてもまったく感じないし、蘇生した時には寝てる間に何が起きてたか分からないというぐらい究極の鈍感状態ですね。  

pha  なかなか人間では難しいけど、そこまでの状態になれたらいいなと憧れますね。お金がなくなったら寝ていれば低代謝で済んで、水をかければ元に戻るみたいな。堀川さんご自身は鈍感ではないんですか?

堀川 普通と比べてどうなのかはよく分からないんですけど、たぶん鈍感になってきた気はします。昔に比べて。昔はわりと周囲を気にしていましたね。

pha  そもそもクマムシに興味を持たれたのはなぜなんですか?

堀川 大学時代、僕が入った研究室のOBがクマムシを持ってきたことがあったんですよ。それを見てまずかわいいと思ったのと、乾燥してもまた復活したところを間近で見て、「あ、これはすごい」と。その強さがかっこいいなと。

pha  そういえば、「堀江貴文さんもクマムシみたいだ」とツイッターでおっしゃってましたよね。堀江さんと僕は全然違うと思うんですけど、鈍感とかそういうところは共通してるのかな。

堀川 そうですね。叩かれても受け流してる感じとか、すごくマイペースじゃないですか。そういうところは似てるのかなって。

pha  堀江さん、復活されましたしね。しばらく塀の中に閉じこめられてましたけど。

堀川 ありとあらゆる活動が制限されますからね。その時期が仮死状態みたいな。

pha  仮死状態だったけど、水をかけられた(笑)。

堀川 そう、水をかけて、ちゃんと元通り活動し始めて。

pha  何事もなかったかのように。

堀川 それがすごいなと思うんです。普通だったら、あれだけ叩かれたら「もういいや」って思っちゃいますよ。なのに、またちゃんと元通りに復活している。phaさんはどうなんですか? やっぱりもともと鈍感な性格だったとか?

pha  そうですね。昔から他人の評価とかは気にしない、何て思われるかは気にしないみたいな感じでしたね。だから、生まれつきなものなんじゃないでしょうか。

堀川 天性の鈍感(笑)?

pha  天性というか、何かが欠けてるのかもしれないんだけど(笑)。若い頃は今よりもうちょっと気にしてたけど、年を取るにつれてさらに「なんかもうどうでもいいや」って感じに、「どう見られようがかまわん」みたいな感じになりつつはありますね。

堀川 小学生の頃とか、クラスの中の同調圧力とかってあるじゃないですか。みんなと同じことをやっていないと批判されたりするんですけど、phaさんはどういう感じだったんですか? 周りに合わせようとしてましたか?

pha  最初は合わせようと頑張ってた時期もあったけど、うまくできないのでわりと早々に諦めました。「自分は周りの人と同じようにはなんかできないな」と思って、周りに合わせるより一人で本でも読んでた方がいいやみたいな感じになっていって。ですから、やっぱり小学校・中学校・高校は居心地がよくなかったという記憶があります。

堀川 僕もあまり勉強をする意味が分からなくて、全然しなかったりとか。忘れ物もしょっちゅうしてて。たぶんそれは病気だと思うんですけどね(笑)。でも、確かに気にしていなかったかもしれない。というか、気にしていたら、たぶん直そうとしてたと思うんですけど、あまり直そうともせずにやってたので。

pha  気にしなくていいですよね。みんな気にしすぎだなと思うし、無理して合わせすぎなんじゃないかなって。もっと自分の好きなようにやっていいんじゃないかって思いますけどね。

関連キーワード

関連書籍

pha『持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない』

{ この記事をシェアする }

「日本一有名なニート」と「クマムシ博士」の、ニッチ的生き方のすすめ

バックナンバー

堀川大樹

1978年生まれ。北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了。地球科学博士。NASA Ames Research center研究員、AXAポスドクフェロー、パリ第五大学および仏国立衛生医学研究所研究員を経て、慶應義塾大学SFC上席所員。著書に『クマムシ博士の「最強生物」学講座 私が愛した生きものたち』(新潮社)、『クマムシ研究日誌 地上最強生物に恋して』(東海大学出版部)がある。

pha

1978年生まれ。大阪府大阪市出身。現在東京都内に在住。京都大学を24歳で卒業し、25歳で就職。できるだけ働きたくなくて社内ニートになるものの、28歳のときにインターネットとプログラミングに出会った衝撃で会社を辞める。以来毎日ふらふらしながら暮らす。シェアハウス「ギークハウスプロジェクト」発起人。著書に『ニートの歩き方 お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』(技術評論社)、『持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない』『ひきこもらない』などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP