1. Home
  2. 社会・教養
  3. 助けて!神様・仏様
  4. 占い師に依存せず、自分で自分を占えるよう...

助けて!神様・仏様

2022.08.05 更新 ツイート

占い師に依存せず、自分で自分を占えるようになる神様 岡映里

(イラスト:ただのカツオ)

今回のお悩み人「占い依存になり、半年で200万円も使ってしまいました」

 

占いに依存してしまいやめられません。
3年ほど前から妻子ある外国人男性と不倫関係になりました。コロナ禍のせいで定期的にあった日本出張がなくなり、コロナ禍以降、彼に会えたのは今年のお正月の1回だけです。私の方から彼の住む国に訪ねていきました。
私の滞在先のホテルで一晩を一緒に過ごした彼は、「妻に愛情はない。別れて日本で暮らしたい」と。

彼のことを信じたいのですが、そんな中、彼の奥さんのFacebookを発見してしまいました。そこには生まれたての赤ちゃんと共に微笑む彼と奥さんの写真が。ショックのあまり彼にすぐLINEをして問い詰めると、「別れを切り出されることを察知した妻に襲われた」「もう離婚届は書いてある」などと弁解され、つい彼を許してしまいました。
その後も彼を信じられない気持ちを持ちつつも、彼から別れを切り出してこないため、自分からも踏ん切りをつけることができず、モヤモヤした気持ちをスッキリさせたくて占いに行きました。そして私は占いにハマってしまったのです。
「彼はあなたを愛していて、奥さんと別れるつもりだよ」と言ってくれる占い師がいるかと思うと、「彼はあなたを騙してる。早く別れなさい」という占い師もいます。色々言われすぎて何を信じたらいいのかわからない気持ちになりつつも、安心したくてつい占いを利用してしまいます。
この半年で200万円ほど使ってしまいました。
正直、貯金が目減りしてしまい焦ります。どうしたら占いをやめられるでしょうか。
(39歳 会社員 X)

占い師に頼らなくても、あなたには本当の答えがわかっています

Xさんは占い依存になり、200万もの大金を占いに費やしてしまったのですね。

実は、占い業界には、Xさんのように年間数百万円もの金額を使う、占い依存のお客様が少なからずいらっしゃいます。

占い、スピリチュアル業界の市場規模は年間1兆円とも言われ、さらに拡大する傾向なのだそうです。

その市場に大きな金額を落とすのは、ライトユーザーではなく、ヘビーユーザー、つまりXさんのような「占い依存」のお客様なのです。

占い師としての私は、お客様を依存させないように気をつけながら鑑定を行っていますが、それでもたまに占い依存のお客様が、占い師を転々としてさまよったのちに、私のところにもやってくることがあります。

これまでに私に依頼をしてきた占い依存の方が、どんなことを相談してきたか、その内容を思い返してみると「こんな悩みに数百万、1000万円も使ってしまうのか」と驚くことが多かったです。

もちろん、悩みに貴賤なし、どんなお悩みでも真剣に鑑定をさせていただくのが、占い師として当然のことではあるのですが、それでも内心「こんな悩みに……」と思わずにいられないのです。

例えば、「彼のFacebookがオンラインになっている。Facebookのメッセンジャーで別の女性と連絡を取っているのではないか?」と1日に数回鑑定依頼をしてくる人。この方に対して私は毎回カードで占っていましたが、ある時「今は女性と連絡を取っている」と出たので、その通り伝えたところ、「そんな答えは聞きたくない!」と激怒されてしまいました。

ほかには、「霊的にベストカップルであるはずの彼と連絡が取れなくなっているが、彼は今何をしているか、私にいつ連絡してくるか」と聞いてきた人。単純な話で、彼に「その気」がないので、連絡をしないだけの話なのです。しかし、依頼をしてきた相談者さんからは、「彼はあなたに興味がない」という答え以外の答えを聞きたい! というオーラが全身から漂っていました。

(以上は、守秘義務に違反しない程度にアレンジを加えています)

このような占い依存になってしまっている方の相談やその心情を聞くと、見えてくるものがあります。

それは、「占い師に聞くまでもなく、本当は答えがわかっている」けれど、「その答えを受け入れたくない」という時、占いで聞こえのいい言葉を聞きたくなる、ということなのです。

Xさんも、内心では、本当のことがわかっているのではないでしょうか。

それは、「彼はXさんを欺いている」「彼は信用するに足る人物とは言えない」ということです。つまり「将来を考える相手としてふさわしくない」ということ。そして「彼から早く離れた方がよい」ということ。

Xさんは、彼のことをお友達に相談しても、親に相談しても、「そんな彼やめなよ」と言われることはよくわかっていると思います。そして、Xさん自身も、本心では「愛されていない」「欺かれている」とわかっているはずなのです。

ですが、「そんな彼やめなよ」と言われて、「ハイわかりました」とやめられるなら、こんなに簡単なことはありません。

Xさんはやめようと思ってもやめられない、彼との未来に執着しているからこそ悩んでいるのです。

なぜ、彼との未来に執着してしまうのでしょうか?

ここを深掘りしていくことで見えてくるものが、Xさんの未来を新たに切り開いてくれる「カギ」になっていきます。

ぜひ、腹を据えて自分と対話してみてほしいです。

占いに依存してしまう人というのは、望みの薄い現実を受け入れられず、何とかいい未来が見たくて、いい答えが聞きたくて、占いをしてしまう、そういうことではないでしょうか。

本当のことはあなたもわかってる。しかし「本当のことを受け入れる」ことがつらいから、信じたいことを信じたいのでは。

占い師はそのへんの心の機微を掴むのが上手いものです。

あくまでも相談者さんの心情を受け止め、寄り添い、そして「自己決定を促すために、可能性がある中の一番よい未来を見てもらう」、それが現在主流となっている鑑定結果の「伝え方」です。

私だったらXさんには、今の彼を待ちながら、ほかの出会いも探すようにアドバイスすると思います。

彼を思い切ってあきらめる勇気が持てないなら、あきらめる必要はないと思うからです。

でも、あくまでもゴールは「彼に執着するのをやめる」ということです。

そしてそれができるのは占い師の力ではなく、Xさん自身の決意であり行動があってこそです。

占い依存をどうしたらやめられるか。

答えは簡単です。彼に執着することをやめたら、占い依存から抜け出すことができます。

まずは彼に執着する自分の、心とじっくり向き合ってみてくださいね。

ところで、占いとはいったい何でしょうか。

私は、占いというのは、自分の中にある可能性の中でもっともよい未来とは何かを探り出すことだと思います。

そして占って終わりではなく、そのよい未来に向けて行動していくことが大事です。

今回Xさんには、アメノフトダマノミコト(天太玉命)をご紹介したいと思います。占いの神様です。Xさんの味方になってくれることでしょう。

アメノフトダマノミコトは、天岩戸にこもったアマテラスオオミカミをおびき出すための儀式を行った神様で、古くから朝廷で占いや祭祀を担当した忌部氏(いんべうじ)の祖神と言われています。

アメノフトダマノミコトのご加護をいただくことで、Xさんは自分で自分を占うことができるようになります。

高額のお金を使って占い師に頼るのではなく、自分自身で自分の心の中をみつめ、よい可能性を探り出し、未来のために行動してみてくださいね。

お悩み募集中!

連載「助けて!神様・仏様」では皆さまが今直面しているお悩みを募集しています。 仕事、家族、お金、健康など、ジャンルは特に問いません。

ご応募いただいたお悩みは、編集部で選考の上、採用いたします。

→お悩みのご応募はこちら(Googleフォームを利用しています)

{ この記事をシェアする }

助けて!神様・仏様

日本の神様や仏様には、それぞれ得意分野があるのをご存じでしたか? 願い事や悩み事があるとき、それに合った神様・仏様を訪ねれば、ご利益倍増。「神仏コンシェルジュ」の岡映里が、あなたにぴったりの神様・仏様をお教えします!

バックナンバー

岡映里

作家・占い師・精神保健福祉士。1977年埼玉県三郷市生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、2000年に新潮社に入社。週刊新潮記者として東日本大震災を取材、その時の体験を『境界の町で』(リトルモア)にまとめ、作家デビュー。2017年4月に独立した。現在は震災で得た双極性障害の闘病と克服の体験から、精神疾患に苦しむ人に向けたソーシャルワークとカウンセリングを活用した占い師として活動している。photo by Pascal Vossen

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP