1. Home
  2. 生き方
  3. 時をかける老女
  4. [pick up]ウクライナとオードリー...

時をかける老女

2022.08.10 更新 ツイート

【番外編】

[pick up]ウクライナとオードリーと『ひまわり』 中川右介

1929年生まれ、認知症になっても刻まれていたこと、それは戦争の記憶――。

※この記事は2022.04.21に公開されたものの再掲です

*   *   *

この日記の連載ではちょうど1年前の2021年4月が掲載されていますが、現実の私と母は、その1年後を暮らしています。

基本的には、相変わらずの日々です。テレビを見て、新型コロナの感染者が云々というニュースを見るたびに、「何の感染者が増えているの」「コロナウイルス」「なに、それ、風邪みたいの?」「もっとひどくて、肺炎になって死ぬ」「怖いわね」という会話を毎朝、毎晩、ニュースのたびにしています。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

*   *   *

※毎月13日、28日更新

※著者への感想、コメントはフォームで受け付けています(非公開)。編集部がお名前を伏せた上で「読者の声」として一部抜粋し、公開させていただく場合がございます。

{ この記事をシェアする }

時をかける老女

91歳の母親と、33年ぶりに一つ屋根の下で暮らすことになった。この日記は、介護殺人予防のために書き始めたものである。

バックナンバー

中川右介

一九六〇年東京都生まれ。編集者・作家。早稲田大学第二文学部卒業。出版社勤務の後、アルファベータを設立し、音楽家や文学者の評伝や写真集を編集・出版(二〇一四年まで)。クラシック音楽、歌舞伎、映画、歌謡曲、マンガ、政治、経済の分野で、主に人物の評伝を執筆。膨大な資料から埋もれていた史実を掘り起こし、データと物語を融合させるスタイルで人気を博している。『プロ野球「経営」全史』(日本実業出版社)、『歌舞伎 家と血と藝』(講談社現代新書)、『国家と音楽家』(集英社文庫)、『悪の出世学』(幻冬舎新書)など著書多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP