1. Home
  2. お知らせ
  3. 幻冬舎文庫からのお知らせ
  4. 12月の幻冬舎文庫新刊はこちらです!

幻冬舎文庫からのお知らせ

2020.12.01 更新 ツイート

12月の幻冬舎文庫新刊はこちらです! 幻冬舎編集部

幻冬舎文庫の12月新刊をご紹介させて頂きます。安部龍太郎さんの大傑作シリーズ『家康』(第一部:信長編)がついに堂々完結!!ぜひこの年末にお楽しみください。

*   *   *

『満州難民 北朝鮮・三八度線に阻まれた命』井上卓弥

『満州難民 北朝鮮・三八度線に阻まれた命』井上卓弥
12月9日発売 定価(本体710円+税)

一九四五年八月、ソ連軍の侵攻から逃れるため、 満洲から多くの日本人が北朝鮮に避難。地獄の難民生活を強いられた。国はなぜ彼らを棄てたのか。 「戦後史の闇」に光を当てた本格ノンフィクション。

『聖者が街にやって来た』宇佐美まこと

『聖者が街にやって来た』宇佐美まこと
12月9日発売 定価(本体830円+税)

人口が急増する街で花屋を営む桜子。十七歳の娘が市民結束のために企画されたミュージカルに出演することに。だが女性が殺される事件が発生。 不穏な空気のなか、今度は娘が誘拐されて……。

『銀河食堂の夜』さだまさし

『銀河食堂の夜』さだまさし
12月9日発売 定価(本体670円+税)

ひとり静かに逝った老女は、愛した人を待ち続けた昭和の大スターだった(「初恋心中」)。……謎めいたマスターが旨い酒と肴を出す飲み屋を舞台に繰り広げられる、不思議で切ない物語。

『ディープフィクサー 千利休』波多野聖

『ディープフィクサー 千利休』波多野聖
12月9日発売 定価(本体800円+税)

茶室を社交場に人脈を築き、芸術家としての審美眼で武将たちの器を見抜く。茶会で天下泰平のビジョンを見せつける。豊臣秀吉の陰の軍師・利休にとって、茶室は、戦場(ビジネスの場)だった。

『雨上がりの川』森沢明夫

『雨上がりの川』森沢明夫
12月9日発売 定価(本体790円+税)

不登校になった娘の春香を救おうと、怪しげな霊能者に心酔する妻の杏子。夫の淳は洗脳を解こうと心理学者に相談するが……。誰かの幸せを願い切に生きる人々を描いた、家族再生ストーリー。

『家康〈六〉  小牧・長久手の戦い』安部龍太郎

『家康〈六〉 小牧・長久手の戦い』安部龍太郎
12月9日発売 定価(本体770円+税)

秀吉はイエズス会の暗躍により光秀の裏切りを事前に知っていた。盟友信長を亡くした家康は、逆臣秀吉に戦いを挑む——。これは欣求浄土へ向けた最初の挑戦である。戦国大河「信長編」完結!!

『腕くらべ お江戸甘味処 谷中はつねや』倉阪鬼一郎

『腕くらべ お江戸甘味処 谷中はつねや』倉阪鬼一郎
12月9日発売 定価(本体730円+税)

江戸の菓子屋の腕くらべに出る新参者・音松。対する老舗は麹町の鶴亀堂、浅草の紅梅屋、それに日頃、音松に意地悪する同じ谷中の伊勢屋。初戦の相手は伊勢屋。決戦の行方とその果ての事件とは?

『祈りの陰 義賊・神田小僧』小杉健治

『祈りの陰 義賊・神田小僧』小杉健治
12月9日発売 定価(本体690円+税)

鋳掛屋の巳之助は女の弱みを握って金を巻き上げている祈祷団の噂を耳にする。祈祷団には浪人の九郎兵衛も目を付けていた。二人が真相を探ると、勘定方の役人も絡む悪行が浮かび上がり……。

『梅雨葵 小鳥神社奇譚』篠綾子

『梅雨葵 小鳥神社奇譚』篠綾子
12月9日発売 定価(本体770円+税)

ある朝、小烏神社の鳥居の下に蝶の骸が置かれていた。翌朝も蝶の骸があり、誰の仕業か見張ることに。そこに姿を現したのは、葵の花を手にした美しい娘だった。花に隠された想いとは。

『飛猿彦次人情噺 長屋の危機』鳥羽亮

『飛猿彦次人情噺 長屋の危機』鳥羽亮
12月9日発売 定価(本体650円+税)

彦次の暮らす長屋に二人の男が越してきた。折しも長屋の斜向かいの空き家が取り壊されるという噂が。跡地はどうなる? 新たな住人と何か関わりが? 彦次の探索が思わぬ真相を炙りだす——。

『身代わり忠臣蔵』土橋章宏

『身代わり忠臣蔵』土橋章宏
12月9日発売 定価(本体610円+税)

浅野内匠頭が吉良上野介を襲い切腹。赤穂浪士らは復讐を誓う。しかし吉良が急死して、家臣らは亡き主人の弟を替え玉に。一方、赤穂の大石も実は討ち入りに後ろ向きで……。笑いと涙の忠臣蔵。

『江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ』山本巧次

『江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ』山本巧次
12月9日発売 定価(本体730円+税)

長屋の大家の娘・お美羽(みわ)は容姿端麗でしっかり者だが、勝ち気すぎる性格もあって独り身。 ある日、小間物屋の悪い噂を聞き、恋心を寄せる浪人の山際と手を組んで真相を探っていく……。

『愛でも恋でもない、ただ狂おしいほどの絶頂』草凪優

『愛でも恋でもない、ただ狂おしいほどの絶頂』草凪優
12月9日発売 定価(本体810円+税)

恋愛できない憂さを晴らすために、秘密の会員制買春サロンを訪れた女子アナの紗奈子。しかし冷たい眼をした男娼・貴島のプレイは想像を絶していた。紗奈子は果てしない肉欲の沼に溺れていく。

『京大芸人式 身の丈にあった勉強法』菅広文

『京大芸人式 身の丈にあった勉強法』菅広文
12月9日発売 定価(本体550円+税)

「正しい勉強法」を知らないと、人生で損をする! 「『予習』か『復習』、どちらかを捨てるべき」など、ロザン菅が、高性能勉強ロボ・宇治原を観察し続けて確信した、究極の学習術が満載!

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP