1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 荒波を進む船

本屋の時間

2020.10.15 更新 ツイート

第96回

荒波を進む船 辻山良雄

先週までずっと冷房をつけていたかと思ったら、ここ数日はぐっと冷え込み、温かい飲みものが身にしみる季節になった。人がマスクやフェイスシールドをつけるようになっても、周りの自然はいつものように変化を続け、そのたゆみのなさが今年はとりわけありがたく感じる。

 

二年前の秋、仕事で八戸を訪れた。大型の台風が日本を縦断しており、東京に帰る日の明け方近くが、ちょうど台風の青森県を通過する時間にあたった。こま切れの浅い眠りのなか、古いホテルはぐらぐらと揺れ、窓の外からは地鳴りのようなごうごうという音が、この世の終わりのようにずっと鳴り響いていた。

翌朝スマートフォンを見ると、何件かの着信履歴と1件の留守番電話が入っている。その見覚えのない番号は、店の近所に住む大家さんからだった。

道を歩いていた人から警察に、本屋さんのシャッターが風にあおられ、ぶらぶらして危険だから何とかしたほうがいいと通報があった。ちょうどこの辺りを見回っていたら、警察官がロープと土のうでシャッターを固定しているところに出くわし、その話を聞いた。とりあえずは大丈夫だと思うから、明日警察に電話して、土のうを返してほしい。

着信は深夜1時だったから、同じ台風が青森にくる4時間前くらいのことだろう。その時は大家さんに電話をして、よくよくお礼を言ったあと、妻に店を見に行ってもらった。

台風一過の午後、店に戻ると中村さんがいた。説明するのが難しいのだが、中村さんは個人で工事を請け負い、自ら職人として作業をする一方、電気や水道、左官、内装など専門の業者を必要に応じて手配もする。Titleはこの中村敦夫さんに工事を任せ、その後も何かメンテナンスの必要があれば、すぐに電話をして来てもらっている。

ダメだね、これは。シャッターが風でゆがんじゃって、上まで巻き上げられないのよ。ちょっと色は変わるけど知り合いのシャッター屋に同じ型の板があったから、しばらくはそれでがまんしてよ。

中村さんはこころなしか声がはずんでいる。トラブルとあらば燃えるタイプなのだ。

中村さんにカフェでコーヒーを飲んでもらっているあいだ、警察に電話をした。するとすぐに男性二人がやってきて、あっという間に土のうとロープを片付けた。若いほうの男性に話を聞くと、「今日はずっとこんな仕事です」と大きなよく通る声で答え、帰ってしまった。

 

雨の降る日、風が吹く日、店はそこに立っている。ぼつぼつと天井を激しく叩く雨音を聞いていると、この古い建物自体が荒波を進む船のようにも思える。

激しい夕立が降った夏の日の夕暮れどき、そこに居合わせたお客さんが不安そうな顔をしていた。

大丈夫ですよ。古くて沈みそうに見えるけど、そう簡単には沈みませんから。

そんな思いが伝わったのかはわからないけど、彼女は引き返してカフェの席に座った。そこで時間が過ぎるのを待つのだろう。

 

今回のおすすめ本

『それから それから』中野真典・絵 高山なおみ・文 リトルモア

ふってもふっても
あめふりやまず
あめのむこうに
はくりゅううまれた

水は集まり川となって、それから、それから、わたしのところまで運ばれてくる。ずっとそこにあったような、叙事詩のような物語。

◯Titleからのお知らせ
連載「本屋の時間」が本になりました!

連載「本屋の時間」に大きく手を加え、再構成したエッセイ集『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』が6月30日、幻冬舎から発売になりました。店が開店して5年のあいだ、その場に立ち会い考えた定点観測的エッセイ。全国の書店にてお求めください。ご予約はTitle WEBSHOPでも。

 

◯2021年7月22日(木)~ 2021年8月16日(月) Title2階ギャラリー

 齋藤陽道との三日間 写真家が撮った街と店
『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』刊行記念

本書のため齋藤陽道さんが撮影してくれた510枚の写真。店と荻窪の、とある三日間を捉えた貴重なドキュメント。その写真をすべてプリントし、時系列に壁一面に貼ってご覧いただく企画展です。


◯2021年8月20日(金)~ 2021年9月2日(木)Title2階ギャラリー

キッチンミノル『たいせつなぎゅうにゅう』出版記念写真展

しゃしん絵本作家で写真家のキッチンミノル氏が北海道・別海町のたんぽぽ牧場を泊まり込みでていねいに取材した『たいせつなぎゅうにゅう』が出版されました。「牛乳ができるまで」、そこに携わる人々の姿を、ダイナミックな写真とあたたかなまなざしで伝える本書の刊行を記念し、取材中に撮った写真を中心に、牧場の一日をわかりやすく展示します。


ほんのひきだし 2021.7.30掲載
Title店主・辻山良雄が考える本を売ること、よく生きること:『小さな声、光る棚』インタビュー

◯【書評】
『小島』小山田浩子(新潮社)
日常の豊かさ 身近な<自然>描く
北海道新聞2021.6.20掲載



◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売、たちまち重版!!

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連書籍

辻山良雄『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』

まともに思えることだけやればいい。 荻窪の書店店主が考えた、よく働き、よく生きること。 「一冊ずつ手がかけられた書棚には光が宿る。 それは本に託した、われわれ自身の小さな声だ――」 本を媒介とし、私たちがよりよい世界に向かうには、その可能性とは。 効率、拡大、利便性……いまだ高速回転し続ける世界へ響く抵抗宣言エッセイ。

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP