1. Home
  2. 生き方
  3. 午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則
  4. 2020年10月の恋愛運

午前0時の恋愛相談 ~ご縁の法則

2020.09.30 更新 ツイート

2020年10月の恋愛運 真木あかり

この占いでは、今月のあなたが得る「ご縁」や傾向をお届けします。10月は火星が逆行を続けるなか、14日から水星逆行がスタート。コミュニケーションに混乱や遅延が起こりやすい時期ですが、今回はその影響を「見えないところ」で強く感じる予感。お相手についてなんらかの心配事を抱えていたり、言えない気持ちをぎゅっと押し込めていたりする人は、自分をあまり追い込まずにいましょうね。物事がゆっくりめに進むときです。心もゆっくりで、いいのだろうと思います。

 



★おひつじ座
3.21~4.20

【恋愛運】
愛においては、アップダウンがあまり見られない時期です。ある人にとっては「安心して過ごせる時期」「コツコツと現状維持のために努力をしていくとき」と受け取れることでしょうし、またある人にとっては「刺激がなくてつまらない」「現状が思った方向に変わらなくていらいらする」といったふうにも受け取れるでしょう。今のあなたはどちらでしょうか。どちらが良い・悪いといったことはありません。物事はそんなに単純ではありませんから、ジャッジしなくて大丈夫。ただ、変に状況をいじろうとするよりは、様子見や待ちのスタンスでいたほうが今の時期には向いているだろうと思います。

【カップルの人】
相手のために、力や時間を割いてあげることが多そうです。何かを手伝ってあげたり、お世話のようなことをしたりする人もいるのでしょう。無理のない範囲で力を貸してあげると良さそうです。相談事がある場合は月の前半がおすすめ。ただ、すぐに白黒つけようとはせず、まずはお互いに腹を割って本音を出し合う、といったことを目指してみると良いだろうと思います。

 【シングルの人】
9月は恋愛へのモチベーションがぐっと上がった人も多いことでしょう。今月はドキドキやワクワクからは少し離れ、現実的な視点が強まってきそう。進展や出会いは17日の新月前後が期待できるでしょう。あるいはキワキワで恐縮ですが、28日以降に「なつかしい人と再会する」「久しぶりの人から連絡がくる」といったかたちで、つながっていくご縁もありそうです。あまりグイグイ進めるのではなく、自然なかたちで進む話にチャンスが多そうです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
月の前半は「話がしやすい」ときです。「ズバーンと結論を出す」「はっきりさせる」といったことまでは難しいかもしれませんが、素直な気持ちでお互いの心の深いところを分かり合えたり、優しく共感してあげられたりするのだろうと思います。ただ、後半に入るとお相手の気持ちが分からない、見えにくいと感じるなど気持ちが揺れやすくなるでしょう。悲観的な想像ばかりが強まって辛い気持ちが加速しないように、自分をいたわってあげる時間も持てると素敵です。

 

★おうし座
4.21~5.21

【恋愛運】
1ヵ月を通して恋愛運がとても良い時期です。恋する気持ちに言葉とコミュニケーションでブーストをかけていけるような二重に嬉しい星回りで、今が満たされている人も、満たして欲しいと強く願っている人も、それぞれに嬉しい出来事を期待しやすいでしょう。ただ、月の後半は少しイレギュラーなことが多くなります。ここから先は急がない、そんなふうに決めておかれるとベストかと思います。

【カップルの人】
月の前半は愛あふれるコミュニケーションが取れる好調期。普段から愛をたくさん伝えている人も、最近はちょっとおさぼり気味だった人も、言葉に愛をのせて伝えてみるといいでしょう。月の後半はコミュニケーションが混乱しがちに。相手に期待しすぎないことが大事なときです。好きであればあるほど、つい「こう言ってくれたらいいのに」「こんなとき連絡してくれたらいいのに」なんて思ってしまいがちですが、10月後半については「相手と自分は違う人」と割り切っていたほうが、あなたらしくいられるでしょう。

【シングルの人】
恋に素晴らしい追い風が吹きます。総じて自分から積極的に行動を起こしていくことが大事なのですが、さくさく進むのは前半まで。後半はレスポンスがなかなか返ってこないなど、もどかしい気持ちも生まれるかもしれません。ただ、時期的な問題なのであまり心配を募らせなくても大丈夫です。復縁を願っている人には、後半はチャンスを作りやすい時期となるでしょう。待っていても状況は動かないので、自分からアクションを。

【障害のある恋に悩んでいる人】
素敵な時期です。ときめきや愛情を感じる時間が増えるでしょう。今がうまくいっていて、穏やかにコミュニケーションが続いている人なら月の前半が絶好調と感じやすい時期。今が淋しい思いでいっぱいなら、後半に期待できると思います。ふっと連絡があったり、仕草や連絡の頻度から愛を感じられたりと、嬉しいことがあるのではないでしょうか。「この人はこういう人」と決めつけずにいることも大切です。

 

★ふたご座
5.22~6.22

【恋愛運】
ビビッドに運が動きそうなのは17日の新月前後、それから月末です。起こるとすれば想定外の出来事であるはずなので、「自分が求めている幸せはこれ」と間口を狭めすぎると、意図せずスルーすることになりかねません。幸せのかたちを明確にイメージすることは、とても大事で素敵なことです。ただ、星回りという観点から見る限りでは「自分が幸せと思える日々が来るのなら、なんでもウェルカム」くらいの気分でいたほうが、この時期は状況が好転しやすいだろうと思います。

【カップルの人】
住まいを共にしているカップルには嬉しい出来事が多いとき。ただし言葉尻からお互いの目指す方向性にズレを感じやすい傾向があるので、ガチな話し合いにはさほど向かないかもしれません。本当は同じところを目指していても、なぜか違いのほうが気になってしまいやすいのですね。あくまで日常を楽しみながら、自分の価値観も相手の価値観も尊重していけると、いい時期にできます。

【シングルの人】
恋を四角四面にとらえすぎる傾向があるのかも。あれこれ考えすぎて「アーッ」となってしまうのですが、無理に大胆に動いても裏目に出るのがこの時期です。自分で変に状況をいじくろうとせず、その状況になってみてから考える。そんなスタンスでいるのが一番でしょう。新しい出会いは17日の新月前後。また、友達や仲間といった身近な方に恋をしている人の場合は、2日に起こる満月前後も期待できるだろうと思います。

【障害のある恋に悩んでいる人】
追い風が吹くのは28日以降……というと「1ヵ月ほぼ丸々だめじゃん!!」と叱られてしまいそうですが(すみません)、今は今なりの「関係性を良くしていくためのレッスン」の時期でもあります。たとえば、自分の時間を充実させること。「あの人と会えない時間は全部意味ナシ」などと思ってしまうと、この時期は恋愛運が停滞しやすいのです。家族との時間、友達との時間、ひとりでのんびりする時間を充実させてみませんか。相手のために尽くすパワーも、今は控えめにしてみたほうがうまくいきます。

 

★かに座
6.23~7.23

【恋愛運】
軽やかなコミュニケーションが生まれるでしょう。あははと笑って盛り上がったり、「こんな話知ってる?」と雑談を持ちかけたりと、リアルでもオンラインでも活発にやりとりを楽しめるでしょう。この時期に大切なのは、相手にどれだけ関心を抱けるか。「そのバッグ、いいね」でも「どんな音楽を聴くの?」でも、何気ない質問がスマッシュヒットとなることもあるのかもしれません。

【カップルの人】
デートやおしゃべりなどが楽しく盛り上がってきます。ロマンティックな時間というよりは友達感覚の印象はあるものの、大好きという言葉は敢えて言葉にして伝えられるといいですね。結婚を見据えてお付き合いが進んでいるなら、月の後半は口ゲンカに注意。ささいなすれ違いにカチンとくるかもしれませんが、よくよく話せば笑って許せることであるはず。感情に任せて動くよりも、ちょっと落ち着いてみる時間を持てると安心です。

【シングルの人】
人との接点が増え、ワクワクするような時間が多くなるでしょう。リアルでは恋愛対象となる人があまりいない場合でも、アプリやSNSでいろいろな人と交流してみると良さそうです。最初から「この人」と絞り込むよりも、友達を増やすつもりでいろいろな人とお話ししてみるといいでしょう。月の後半は、元カレやかつて好きだった人との再会もあるかも。復縁を持ちかけるなら、当時よりも成長した自分をアピールして。「あの頃と同じ」でなくて、大丈夫です。

【障害のある恋に悩んでいる人】
短いメッセージがぽんぽん飛んでくるような楽しい時期。特に前半は、いつも以上に会話が増えて悩みも辛さも吹き飛んでしまうのでは、と思います。後半に入ると、メッセージは来てもどこか核心を避けて通られているような、不思議なすれ違い感が出てくるかもしれません。いいところまで来ると、するっと逃げてしまう。それは不実というより、お相手なりに最大限の接し方を考えて動いているからこそ、そうなるのだろうと思います。

 

★しし座
7.24~8.23

【恋愛運】
大好きな人からの言葉というのは、特別なエネルギーがあります。他人からすればきっとなんでもない言葉ひとつでも、受け取ると世界がびっくりするくらい明るく見えるようになることはよくあります。ただ、言葉尻を過剰に気にしたり、ウラを探ったりし始めれば言葉は「エナジャイズするもの」ではなく「困惑させるもの」に変わってしまうのですよね。この時期は、言葉にかける期待をちょっと緩めるといいときです。言葉を軽視する必要はありませんが、それがすべてと思わなくて大丈夫です。

【カップルの人】
相手への期待値が、知らず知らずのうちに高まってきそうです。特に相手の言動には反応しやすく、「そういう言葉じゃなくて、こういう言葉を言って欲しいのに」「もっと真面目に考えて欲しいのに」なんて思ってしまうのかも。絆を信じているからこその期待なのでしょう。ただあまりに期待値が高まると、関係性はぎくしゃくするばかりです。ときめきはドラマや2次元などから補給する! くらいのスタンスでもいいのかも。

【シングルの人】
先月とは一転して、マイペースな気分が強まってきます。頑張って誰かに合わせるよりも、好きなことや楽なものに囲まれていたいと思うのでしょう。人からお誘いを受けても、本当に会いたいと思う人だけを選んで会うくらいで十分でしょう。月の半ばくらいの出会いはゆっくりですが盛り上がりそう。ただ、気乗りがしないならば、この時期のそれは決してわがままではないのです。自分に合わない人を察知しているだけなので、その気持ちには従ったほうがいいでしょう。

【障害のある恋に悩んでいる人】
恋のお相手以外の対人関係を充実させるといいかもしれません。家族や仲間、親友など、悩み多きなかでつい二の次にしがちだった人がいるのなら、会いに行ったり話したりするといいでしょう。法律上のパートナーがいるならば、しっかり会話をすることで両者間の問題を解決していけるときでもあります。「そんなことをして何になるんだ」と思われるかもしれません。が、お相手のこと“だけ”を考えないでいるほうが、この時期は大事と言えそうです。

 

★おとめ座
8.24~9.23

【恋愛運】
今年のおとめ座は、恋愛運に強くあたたかな追い風が吹く1年となっています。夏のあいだは「再構築」「取捨選択」といったムードもあったかもしれません。が、すでにいい流れは戻ってきていますし、この10月からは重ねて恋愛運がアップするのです。ただラブラブというだけでなく、愛の強度が試されるようなこともあるかもしれませんが、愛する気持ちが本物であるのなら、きっと乗り越えていけるでしょう。

【カップルの人】
恋に本気で向き合う人に、嬉しい追い風が吹くときです。あなたのまっすぐな気持ちに応えるようにして、愛されていることを実感できるでしょう。過去の恋で辛い経験をした人も、それを恋の糧としていけるのが今。今も残る生傷であるのなら、無理をして活かす必要はありません。でも「あのとき頑張れたから、今がある」という、自分への信頼だけは持っておいてください。自分を大事にすることは、相手にも大事にしてもらえる関係性を作ることですから。

【シングルの人】
素晴らしいモテ期です。おそらくですが、すでに出会っている人、それからアプリなどで接点を持った人のなかに、運命のお相手がいるのかもしれません。連絡をしてみる、お誘いをしてみるといったトリガーを引くことによって、相手からの良い反応を引き出しやすいときです。食事と会話をきっかけに、前に進めるかどうか考えてみて。腐れ縁で続いている“都合のいいお相手”がいる場合は、月初に思い切って関係性をすっきりさせてみると良さそうです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
もしもあなたが「いつか一緒に」と思っているのであれば、叶う愛かどうかを見極められるときです。もしも相手も同じ思いであり、行動を起こす覚悟を決めてくれているならば、この10月になんらかの決意表明があるでしょう。お相手のことを試すというわけではないのですが、あなたは頑張りすぎずに、少し相手の出方を待ってみる価値はありそうです。もし、明確な表明がなかった場合でも、楽しい日々は続いていきます。「いつか」はなくても「今が楽しい」に気持ちを切り替えられるかが、カギとなるでしょう。

 

★てんびん座
9.24~10.23

【恋愛運】
あなた自身は「新しい風を起こそう」「自分が頑張れることはなんでもやろう」というフレッシュな意欲が出てくるのですが、人間関係を含め環境は「一時停止」モード。前に進めようとするよりも、過去から学んだりじっくり考えたりすることが大事な時期なのです。積極的なアピールよりも、ちょっと引いて相手の出方を見る。確信を得ようと頑張るよりも、相手の気持ちを汲む。そうした姿勢が、功を奏するだろうと思います。

【カップルの人】
現実離れした発想ばかりが浮かんでくるときです。「あの頃は楽しかったなあ」とか「あの人と結婚していたらどうなったかな」とか、追憶と夢想の世界に迷い込むような時間が多くなるのでしょう。ただ、終わったことは気にしないほうが良さそう。目の前のパートナーと、どう建設的な関係を作っていくかのほうが、価値あるテーマと言えそうです。過去から得られるのは、学び。直したい恋の失敗パターンがあるなら、今月はバリッと気持ちを切り替えていけます。それでこそ、過去の経験も報われるというものです。

【シングルの人】
少々もどかしい気持ちが強い時期と言えるでしょう。28日以降にモテ期が到来するのでちょっと待ってください……と申し上げるのも酷なので、それまでにできることをご紹介しましょう。まず、レスポンスが悪い人に対しては追いすがらないこと。アプリや婚活パーティーなど、トライしてみてイマイチだった出会いの場はしばらくお休みして、別のルートを検討するのもいいでしょう。イメチェンも◎。髪型、メイク、服などをアップデートすれば、来月あたり声をかけてくる人も格段に増えるはずです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
ふと「今の私は、本当に幸せだろうか?」という気持ちが湧いて、それがどんどん強くなってくるかもしれません。悩んで悩んで、気持ちを真っ黒に塗りつぶすような日々が続いて、愛はあるとしても幸せなのだろうか? と。もしも、もう少し自分を大事にしたい、自分を笑顔にしてあげたいと思うのなら、この時期は原点に立ち返ることをしやすいでしょう。びっくりするほどスッパリと、自分の心に従った選択ができる人も。まっさらな気持ちで、自分の本音と向き合えると素敵です。

 

★さそり座
10.24~11.22

【恋愛運】
前半と後半でがらりと運が変わります。カギとなるのは会話。前半は未来志向の話がいろいろとできるとき。「こういったライフスタイルっていいよね」とか「将来、こんなことができたらいいね」と明るい話がぽんぽんと弾んでいくのでしょう。対して、後半はもったりとした重さを感じる人が多いかもしれません。レスポンスの遅さに「あれっ?」と思ってしまうことも。ただ、これは「そういう時期」だから。この運気の流れをうまくとらえて好きな人と接していくのが、今月のポイントです。

【カップルの人】
話したいテーマが多くなるでしょう。【恋愛運】のところでも書いたように、ふたりのこれからを語り合う時間が増える人も多そうです。グチや文句など、過去のネガティブ要素に執着するよりも、未来を向いて建設的な話をしていけると、絆も強まっていくでしょう。後半は、ちょっと停滞モードと感じやすいかも。返事が来ない、既読にならないといったことは、一時的なことなので気にしなくて大丈夫です。ふたりの仲が順調なら、月末にはちょっと嬉しい出来事も。

【シングルの人】
友達や同僚など、身近で親しみやすい存在の人が急に気になってきそうです。思った以上に話が合ったり、雑談から意気投合して「ちょっとイイのでは……!?」と思ったり、ドキドキの展開もあるのかも。今は「これまでの関係性を壊したくない」と行動に出るのは控えたいと思うかもしれませんが、良好な関係を築いていけると今後、恋愛への発展もあるかもしれません。すでに気になる人がいる場合は、最初からその人ひとりを狙うよりも、その人の友達など周りの人も含めて感じ良く接すると良さそうです。

【障害のある恋に悩んでいる人】
進展したかと思うとまた後退するのを感じられるような、もどかしい時期。目の前のことに一喜一憂する状態になってしまうと、愛より辛さのほうが大きくなってくるかもしれません。自分のためにも、「なるようになる」の精神でいると安定しやすいでしょう。なお、月の中頃と月末、直感が冴えます。今のパートナーとどうしたいのか、自分の本音に気づける人は多いでしょう。月末あたりに決意したことは、あなたにとって「正しい」ことなのだろうと思います。ひるまなくて大丈夫。

 

★いて座
11.23~12.21

【恋愛運】
恋に関しては、全体にスローペースと考えたほうがいいでしょう。仕事に一生懸命になっていたり、本当の気持ちを抑えがちだったりと、いて座ならではのざっくばらんなオープンマインドも開店休業状態といった予感があります。ポイント的に変化がありそうなのは月初と中旬。月初は、これまで恋において努力してきたことが意外な展開で報われるとき。「もういいや」と肩の力を抜いたところで報われたりしそうです。中旬は、誰かの脈ありサインをキャッチするかも。

【カップルの人】
思っていることを胸のなかに閉じ込めてしまいやすいとき。でも、これはきっと悪いことではないのです。パートナーの思いを感じ取ったり、「うんうん」と耳を傾けたり、といったことがしやすくなり、ふたりの絆を確かなものにしてくれるから。もちろん我慢しすぎる必要はまったくありませんし、言うべきことは言ったほうがいいのです。それでも、たくさん言葉を重ねることだけが愛ではないのだと、実感できるだろうと思います。

【シングルの人】
片思いの人は2日の満月前後はアクションを起こすのにいいとき。ただし進展はゆっくりなときですから、焦らず接点を持つくらいでも十分です。ここでの種まきが、今後大きな実りにつながることがあります。また、1ヵ月を通して仕事で素敵な出会いが多い時期です。現段階では付き合う・付き合わないといったことは考えなくてOK。皆とコミュニケーションを取りながら、楽しい時間をたくさん持っておきましょう。進展があるとすれば月末以降です。

【障害のある恋に悩んでいる人】
たくさん会う、たくさん連絡するといったこととは別の愛の軸が生まれるときです。会うことは叶わなくとも思いやりを持ち合えるとか、連絡は少なくとも相手のために心を尽くせるといった、「量より質」に価値を見出していけるのです。本当は、量だって欲しいのかもしれません。ただ、ないものばかりを追い求めていても、自分を追い詰めるだけなのですよね。視座の変化を意識してみて。

 

★やぎ座
12.22~1.20

【恋愛運】
今月のやぎ座は「寸止め」感が強いかもしれません。親しくなりたいのになぜか遠慮してしまったり、まっすぐにアプローチするよりも「この気持ちはなんだろう」と考え込んでしまったり。そういった時間も大切で、自分のペースを大切にするのが一番です。ただ、もし「思い切ってやってみよう」と勇気を出せるとしたら、一気に運命の輪が回り始める――もちろん、いい方向に――のではないかと思います。

【カップルの人】
「さすが」という称賛の気持ち、「こういう人でありたい」という尊敬の気持ち、そういったものを強く胸に抱くことになりそうです。理想や夢を語り合うことで、お互いに応援し合う関係性も作っていけそうです。ロマンティックなイベントは月末にあるかないか……くらいにお見受けするのですが(すみません)、尊敬の念を持ってつながれることは、今後のふたりにとって大きな価値を持つのでしょう。

【シングルの人】
自分とは違う世界を見せてくれた人に「この人、すごいな」と興味関心を抱いたことがきっかけで恋心が生まれそうです。ただ、今のところは運命を感じるようなロマンティックなイベントがあるわけではなさそう。どちらかというと、意見を交わしたり、機会があれば会いに行ったりすることで、呼び合うように共感できるポイントを増やしていったほうがいいでしょう。長く片思いを続けてきた人は、月末頃に進展があるかも。

【障害のある恋に悩んでいる人】
「会えない時間が愛を育む」といった言葉があります。恋人たちにとって、顔を合わせて触れ合える時間は、何より嬉しいこと。それでも、ひとりの時間に相手の思いやりを感じる言動を繰り返し再生するように思い出すなかで、育まれる愛もあります。今月は、そうした精神性の高い愛し方が心にしっくりくるとき。お相手も、きっとそうであろうと思います。障害を憎むよりも、それでも惹かれ合ったふたりの絆を、信じてみませんか。

 

★みずがめ座
1.21~2.19

【恋愛運】
言葉よりも愛よりも、ぬくもりが恋しくなる時期かもしれません。いくつものメッセージよりも、抱き合う感触が嬉しく感じることもあるのでしょう。人と会うのが面倒になったり、仕事が忙しかったりとばたばたしがちな時期ですが、そうした自分と冷静に付き合っていくことは重要なポイントです。愛や欲望は、ほどほどだから良いのですよね。

【カップルの人】
全体的に、言葉にはできないような深い愛の喜びで胸が満たされるディープな時期です。ほとんどの方は「愛が強まった」と感じることになるだろうと思うのですが、パートナーの目移りを心配している人は要注意。それがクロであれシロであれ、自分だけを見ていて欲しいという純粋な愛の気持ちが、束縛や重たい気持ちとなって相手に受け取られてしまいそうなのです。つながっていることに価値を見出して、変に疑ったりしないこと。愛がすべてと思いすぎず、自分の時間も大切にすること。そのあたりが“ちょうどいいバランス”のカギです。

【シングルの人】
9月の好調の余波は月初まで及びます。ただ、4日以降の出会いは玉石混交といった状態なので注意が必要。あなたのことを本当に大切にしてくれる人を「玉」に例えるなら(ちょっと直接的すぎる表現のようですが、金の玉ではなく玉石の玉です)、遊びたいだけの「石」も混ざっているのが今月。先を急ごうとする人は、あなたを大切にしてくれる人ではありません。人選はしっかりと。

【障害のある恋に悩んでいる人】
おそらく不思議に感じるだろうと思うのですが、なんとなく「つながっている」感の強いときです。さりげない一文に相手の気持ちが詰まっていることに気づいたり、いつもと同じ行動なのに愛の香りがしたりと、愛は目に見えないところにあります。サン・テグジュペリの『星の王子さま』に、「砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠しているから」といった文章があります。目には見えないものが、淋しいことではなく価値あることとして、感じ取れるのだろうと思います。

 

★うお座
2.20~3.20

【恋愛運】
パートナーシップにスポットライトが当たります。最良のパートナーを得ること、愛というものを体現していくことに、知恵と行動力をフルに使っていくことになるでしょう。それが窮屈なことではなく、未来を切り開くことと感じられるのならば、あなたはきっといい道を歩めているはず。遠距離恋愛の人にとってはややコミュニケーションが取りづらい時期ですが、そういう時期と思って悩みすぎずにいましょうね。

【カップルの人】
恋はひとつひとつがオーダーメイド。それでも私たちは、恋愛マニュアル的なものが気になったり、モテの法則を探りたくなったりするものです。ただ、この時期は純粋に好きな人を見つめて、その人と育む愛にそぐう自分になることを考えるのでしょう。自分らしくない自分になることは注意深く避ける必要はありますが、違う個性のふたりがうまくやっていくための、貴重な努力ができる人は多いだろうと思います。これまで相容れなかったところも、しっくり来はじめるかもしれません。

【シングルの人】
一緒にいて楽しいだけの相手ではなく、パートナーとして歩みを共にしていける相手を、本気で考える時期になります。相手の内面や自分の真の幸せといったものにスポットライトを当てていけるでしょう。そのため、急に理想が高くなったように感じられ「これでいいのかな?」と迷うことも。でも、それがいいのです。その理想は闇雲に高まっているのではなく、あなたのピュアな「真実」だからです。大丈夫、今のあなたなら、ちゃんと自分にフィットする人を見据えられます。

【障害のある恋に悩んでいる人】
相手が急に遠い存在に思えてしまうようなシーンがあるかもしれません。気持ちが読めなくなったり、隠し事をしているのかなと思えたり……ただ、もし今月の時点でご縁がつながっているのなら、ふたりが離れがたい縁であることを感じる瞬間もまた、訪れるのだろうと思います。全員に当てはまることではないと思いますが、お別れを決意した人には、新たな秘密の関係の兆しが見える可能性大です。ただし、それで自分が幸せになれるかどうかは別。NGと思うなら、毅然として断ることも大事です。

*   *   *

毎月15日更新で、真木先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)。

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連書籍

真木あかり『2020年下半期 12星座別あなたの運勢』

物質や金銭中心の「地の時代」から、知性やコミュニケーションを重視する「風の時代」へ。2020年下半期は年末に向けて運気が大きく変動していきます。 星の動きが教えてくれる「幸せのヒント」とは?ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかり先生による、2020年下半期の星占いです。 本作品では、真木あかり先生が12星座別にあなたの運命の流れを徹底解説。 さらに電子書籍版限定コンテンツが盛りだくさん!! ◆恋愛運・仕事運の月ごと(7月〜12月)の流れ ◆幸せになるために手放したいもの ◆幸せになるために手に入れたいもの ◆チャンスにつなげやすいタイミング ◆敢えて無理をしてみたい一歩 ◆グレートコンジャンクションで変わること ◆辛い思いをしているあなたへ などを12星座別にボリュームたっぷりでお知らせいたします。 スマホやPCに入れていつでも持ち歩ける、心のお守り本です。

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP