1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. もう一度……

本屋の時間

2020.05.15 更新 ツイート

第86回

もう一度…… 辻山良雄

完全にではなかったにせよ店の扉を閉ざして一カ月、その扉をまた開くことにした。休業中はカフェを配送の作業所にしていたので、床には段ボールや紙の切れ端が散乱し、テーブルには宅急便の伝票が積み上げられていたが、今後は人の目に触れるため隅々まで掃き掃除をして、最後に床を水拭きした。

 

人はどのような状況にも慣れるものである。この間注文をいただいた人には申し訳ないが、片付いた店内を見まわしてみると、よくこんな雑然としたなかで作業していたなと我ながら感心した。紙の切れ端はごみ箱に捨てられもうすぐ誰の目にも触れられなくなるだろうが、こうしたひと月のことも、店が開いてしまえばなかったかのように次第に忘れられてしまうのだろうか。

休みのあいだ希望する人には店内で本を見てもらっていたが、ある日しばらく店内にいた男性からこんなふうに話しかけられた。

本棚を眺めているだけで、なんだか落ち着いた気持ちになってきますね。

そうだね。わたしはずっとそこにいるからそれがあたりまえのように思っていたけど、そもそも本が静かに並んでいる光景自体に人を鎮める力がある。モモがたどり着いた時間の国のように、本屋には日常から切り離された循環した時間が流れているが、いまはその時間が特に身に沁みるのだろう。その男性はとても自然な表情をしていたから、こうした本のある空間は広く開かれるべきものであることを、あらためて思い知らされた。

店を再び開くことに関しては、うれしさよりも怖さのほうが強かった。まだ早いのではないかという心配はぬぐいきれるものではなく、店をいま開くことに人の理解が得られるのかどうかもわからなかった。街に店を開くという行為がこれほどまでに責任があることだとは想像もしなかったが、普段意識していないだけでその責任は毎日そこにあるのだろう。まったくこの騒ぎで、普段は見えていないものが次々と見えてくるようになる。よいこともそうでないことも、分け隔てなく。

店を開けると休業前と同じように人がきて、同じような本が売れていった。人で溢れてしまうのではないかと心配していたが、それは買いかぶりというもので、店の実力以上の人は来ないものだとよくわかった。雑誌や文庫本などWEBSHOPには出しておらず、このひと月ほとんど売れていなかったものが売れていくのを見るのはうれしいことだった。

しばらくまだ時間がかかりそうですね。このところ誰かれともなくつかまえてはそう話したり、メールの最後に書き添えたりしているが、それは失われた「熱量」のことについて話しているつもりだ。これまでTitleに来店した人は心置きなく本棚やギャラリーに飾られた作品を眺め、カフェでゆっくりと時間を過ごしていた。客との会話がはずむこともあるし、月に何回か行っていたトークイベントでは場が深まっていくことも実感できた。

本屋の熱量とはそのように、静かなまま一滴ずつ水が滴り落ちるように満ちていくものである。それが失われてしまったいま、また少しずつその熱量を貯めていかないといけないのだが、それはやはりマスクを着けたビニールカーテン越しの会話ではうまくいかない。たとえそれが、いまは必要なことだとわかっていても。

 

今回のおすすめ本

『おにぎりをつくる』文・高山なおみ 写真・長野陽一 ブロンズ新社

親子一緒に手を動かして、同じおにぎりをつくる。それだけで通じる深いこともある。いま手に取ってほしい写真絵本。


 

◯Titleからのお知らせ
12月1日(火)から営業時間が変更になります。詳細はこちらをご覧ください。
 

◯2021年4月9日(金)~ 2021年4月25日(日)Title2階ギャラリー

 田渕正敏「おいしいもので できている原画展」
『おいしいもので できている』(稲田俊輔 著)刊行記念

 人気南インド料理店「エリックサウス」の創業者、飲食店プロデューサー、料理人として活躍する稲田俊輔(イナダシュンスケ)さんの、偏愛食エッセイが刊行。本書の素敵な装画、扉絵、挿絵を手がけたイラストレーター田渕正敏さんの原画展。稲田さんのキラーフレーズやレシピとともに。

◯2021年4月27日(火)~ 2021年5月13日(木)Title2階ギャラリー

『さいごのゆうれい』西村ツチカの挿絵とその描き方

 斉藤倫さん三年ぶりの長篇書き下ろし『さいごのゆうれい』(福音館書店)の刊行を記念した、漫画家西村ツチカさんによる挿絵の原画展。絵とあわせてその作画の工程もごらんいただけます。

 

◯【書評】
『福島モノローグ』いとうせいこう(河出書房新社)
大震災10年 胸を打つ「生」の声 (評・辻山良雄)
北海道新聞 2021.3.21掲載

◯じんぶん堂 「好書好日」インタビュー
「本屋、はじめました」から5年 全国の本好きとつながる街の新刊書店ができるまで:Title

◯金子書房note 寄稿
あなたの友だち(辻山良雄:書店「Title」店主) #私が安心した言葉


 


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売、たちまち重版!!

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP