1. Home
  2. お知らせ
  3. 編集部日記
  4. 緊急事態の生活と仕事4

編集部日記

2020.05.02 更新 ツイート

緊急事態の生活と仕事4竹村優子

4月27日
2週間ぶりに会社に行く。電車に乗るのも2週間ぶりで緊張する。机がはじめて見るような山盛り状態。4月の支払いに関する伝票や郵便物をひとつずつチェックして、山を崩す。2時間ほどで帰宅。

遅いお昼ごはんを作り、そのあと、Zoom打ち合わせ。

ぺヤンヌマキさんと連載のことでメールのやりとり。日記を書いているとのことで、先週土曜日に公開された村上由鶴さんの「記録のアート」の記事を送る。「最も個人的なことが、最もクリエイティブなことである」というマーティン・スコセッシの言葉に勇気づけられたとすぐに返事をいただく。私も、緊急事態になってから、この日記を今までよりしっかり書くようになった。それまでどこか惰性だったけど、この歴史的事件のなかで自分なりに記録を残したい気持ち。

21時よりはあちゅうさんと坂口孝則さんによる「コロナ時代の子育てを考える」オンライントークの準備。21時半より本番。22時まで。自分のZoomアカウントで開催するのは緊張する。途中、画面が止まって、わー、これでみんな見れなくなったー!!!!と青ざめたけれど、同じURL に入りなおしたら、そのまま開催されていた。それが2回あった。オンライントークは、進行役と今日の論点をまとめた資料を準備したほうがよかったかもしれない。双方向感も足りない。無料なので1時間にしたけれど、話を深めるにもう少し時間が必要かも。あと2、3回やればだいぶ慣れる気がするけれど、まだまだ経験値が足りない。

 


4月28日
昨晩のイベントは、どこにも行ってないのに、いろいろ緊張したせいかぐったりして英語のラジオの時間に起きれなかった。

plusでは、はあちゅうさんと花田菜々子さんの往復書簡連載が始まる。本当は、対談を企画していて日程も決めていたのだけど、緊急事態宣言が出て実施が難しくなったために考えた苦肉の策だった。でも、うまくはまった気がする。対談だと、中途半端にあいづちを打ったりがあるけれど、往復書簡だと、お互いの考え方の違いがくっきりと出て、それが潔くてよい。

11時から始まる企画会議に間に合うよう企画書をつくって、メールで送る。会議自体は、Zoomで。企画書をそれぞれ共有画面で見せながら説明。そのあと、みなで意見を言い合う。いつもより時間はかかったけど、案外できるもの。私はひとつ提案。会議後、もらった意見をもとに少し書き直して、企画書を再提出。

午後、坂口孝則さんとZoom打ち合わせ。進行中の企画について、ポストコロナをどう見通すかをわからないなりに相談。

もうひとつ、ぺヤンヌマキさんと打ち合わせ。こちらもZoom。連載とお互いの生活状況について。

一日画面に向かってたくさんしゃべった。


4月29日
祝日。まったくそんな気がせず、plus記事の登録を一気に進める。こまごまと時間がかかるので、今日はそのために使うことに。途中、接続が悪くなり、保存ができてなくて愕然とする。オンライントークが止まるのもそうだけど、ネットを使っている人が明らかに多いんだろうな。

休日の楽しみ、NHKBSの「駅ピアノ」を見る。いちばん好きなテレビ番組。今日は、ボブ・ディランゆかりの町・ミネアポリスでの「空港ピアノ」。ピアノをひく理由、選んだ曲からこぼれる、その人の人生の断片を想像する。

金曜日に美容院を予約していたけれど、休業要請が出たから休みにすると電話をもらう。


4月30日
10時からオンラインplus会議。再掲や試し読みばかりではなく新しいシリーズをどう作るかなど相談。去年は、GWに「改元特集」をやったのだけど、今年は、すっかり忘れていた。

終わって新聞読んでたら、講談社が50人以上の作家の方々によるリレー連載をwebで始めるという記事を見つける。「2020年4月1日以降の日本を舞台に、1人の著者が1日ずつ小説・エッセイを執筆するリレー連載」とのこと。今だからこそのいい企画だな。

ランチは、冷凍野菜を使い切りたくて、オムレツに。テイクアウトが楽しみだったのもリモート初期だけで、今やすっかり自炊生活。社会人になって以来、毎日料理をするなんてほぼはじめてで、少し手際がよくなった気さえする。今さらだけど、人は成長する。

14時から、定例オンライン打ち合わせ。なんとなく方向性が見えてくる。終わって、鈴木綾さんぺヤンヌマキさんダースレイダーさんの連載記事づくりなど。

『誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ』読了。これは辻山良雄さんの連載「本屋の時間」で紹介されていて、読みたくなった本。「あとがき」に揺さぶられる。それまで読んできた作品の意味、自分がひっくり返るよう。「不可能だと気づくこと。それが、僕らが小説や本を通して学べる唯一の真実だよな」(「あとがき」より)


 


5月1日
緊急事態の小さな贅沢としてレモンとミントを欠かさないようにしている。昨晩は、それらをたくさん入れてジンのカクテルを作ったら、美味しすぎて飲みすぎる。少し二日酔い。

緊急事態の解除は延期になるよう。この日記のタイトルを「緊急事態の生活と仕事」とかためてから、毎回悩む必要がなくなってラクになったのだけど、「4」くらいで終わると思っていた。まさか「5」とか「6」とかまで続くのだろうか。

気持ちが暗くなり、迷っていた水着を買うことにする。着る予定があるとかないとか、関係ない。

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

編集部日記

幻冬舎plus編集部員の仕事と日々。

バックナンバー

竹村優子

幻冬舎plus編集長と単行本、新書、文庫の編集に携わる。手がけた本は、『世界一の美女になるダイエット』(エリカ・アンギャル)、『青天の霹靂』(劇団ひとり)、『職業としてのAV女優』(中村淳彦)、『快楽上等!』(上野千鶴子・湯山玲子)、『大本営発表』(辻田真佐憲)、『弱いつながり』(東浩紀)、『赤い口紅があればいい』(野宮真貴)、『じっと手を見る』(窪美澄)、『銀河で一番静かな革命』(マヒトゥ・ザ・ピーポー)、『しらふで生きる』(町田康)など多数。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP