1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 二〇二〇年、三月

本屋の時間

2020.03.08 更新 ツイート

第80回

二〇二〇年、三月辻山良雄

朝のうちに届いた荷物を本棚に並べ、シャッターを上げて店を開ける。道路に出てみるともう春の陽気で、今日もよく晴れている。今年は結局、冬らしい冬の日が数えるほどしかなかった。

この少し緩んだ大気のなかに、いったいどれだけの量、ウィルスが混じっているのだろう。いや、それはそもそも花粉とは異なり、大気のなかには含まれないものなのだろうか? いずれにしてもその0から100のあいだにわたしたちはいて、そのどこにいるのか、誰にもはっきりとはわからない。

 

三月に開催予定だったイベントは、予定していたものも含め6つあったが、そのすべてを中止、可能なものは日を改めて行うことにした。危険の程度がわからないままお客さんと出演者に集まってもらい、無理に予定を進めることがよいとは思わなかった。

郊外にあるからだろうか、いまのところ客足は、そんなに大きくは変わっていない。いや、それでは少し不十分であり、人数としては変わっていないが、遠くからわざわざきた人が減り、近所に住んではいたがはじめて店に入ったという人が増えているように思う。とまどいのなかみんな少しずつ、いつもと行動パターンが違っているのだろう。

 

 

ある日の朝、ドラッグストアで使い捨てカイロを買うため列に並ぼうとすると、普段の倍以上人が並んでいて驚いた(トイレットペーパーやティッシュペーパーが品薄になるという噂が流れていたことを、あとからネットのニュースで知った)。

帰りに同じドラッグストアのまえを通ると、いつもは歩道に面してトイレットペーパーを積み上げている棚は商品がすべて買い占められ、貼り紙を残すほか何一つものは残っていなかった。その光景を見ていると、憤慨するというよりは、ひどい無力感に襲われた。

自分はこうした行為に抗うために、本を売っているのではなかったか。一人一人が考えて行動するためには、その人に戻るための本が必要である。いくらそのように言ってみたところで、目のまえの光景を突きつけられると、自分のやっていることなんてなんの役にも立っていないのではないかと思ってしまう。何もない棚をまえにしてしばらく呆然とし、文字通りことばを失ってしまった。

パニックは、普段は隠されている社会の分断を露わにする。いらだった声、あきらめのつぶやき、冷笑することば……。分断は分断、憎しみは憎しみを生む。

多くのことばが飛び交うなか黙ってそこに立ち、いつも通り店を開けておくことしかいまのわたしにはできない。日常を守りながらも、いま起こっていることに対して目をふさぐことはしない。複雑は複雑なまま、この春を過ごしていく。

 

「今回のおすすめ本」はお休みします。

 

 

◯Titleからのお知らせ
6月1日(月)から、書店・カフェともに店頭での営業を行います。短縮営業です。詳細はこちらをご覧ください。

◯nippon.com インタビュー 2020.5.4
たたかう「ニッポンの書店」を探して
本を自分で紹介し、売ることに賭ける-東京荻窪「Title」

◯早稲田ウィークリー 2020.5.13
本屋対談 並んだ本から自分が見つかる!?
BOOKSHOP TRAVELLER店主・和氣正幸 × Title店主・辻山良雄


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売、たちまち重版!!

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 


 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP