1. Home
  2. 読書
  3. マンガ停留所
  4. こんな続編もある!30数年後、人生への不...

マンガ停留所

2019.11.14 更新 ツイート

こんな続編もある!30数年後、人生への不満と信頼 近藤ようこ『見晴らしガ丘にて・それから』 中条省平

今月は、近藤ようこの新作の紹介です。古い近藤ファンにはたまらない贈り物です。『見晴らしガ丘にて』(1985年)の続篇、『見晴らしガ丘にて・それから』(ホーム社)が刊行されたのです。

『見晴らしガ丘にて』は、東京近郊の私鉄沿線の新興住宅地と団地を舞台にした連作です。全14話で、同じ登場人物が別の短編に出ることもありますが、基本的には異なった人物たちが主人公になる群像ドラマです。

今回の『見晴らしガ丘にて・それから』は、前作から30数年経った現在の見晴らしガ丘を舞台とした群像ドラマの続きです。その何編かでは、1985年版の短編に登場した人物たちの、30数年後の現在が描かれています。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連書籍

{ この記事をシェアする }

マンガ停留所

バックナンバー

中条省平

1954年神奈川県生まれ。学習院大学フランス語圏文化学科教授。東大大学院博士課程修了。パリ大学文学博士。著書『中条省平は二度死ぬ!』『文章読本』など。翻訳書最新刊はロブ=グリエ『消しゴム』。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP